開講にあたり

開講、ってなんか偉そうだな。そんなこと言えるほど、僕の知識がないのに。


非常に困ったことに、「魔法使いの森」のダントツの人気ページは、「平方根の求め方」だったりします。

…ここ、そういうサイトではないんだけどな。


平方根の求め方、のページは、「タイガー計算機」の説明の一環として、四則演算だけでなく様々な応用ができたことを示す目的でした。

でも、小学生や中学生が「もっとわかりやすい解説を」と聞いてきます。

さて、どうしたものか。



僕は数学は苦手でした。高校のときの成績は赤点ばかりで、下から数えたほうが早い状態。

でも、数学の話題自体は結構好きで、大学でも同じ授業を何年もとったりしました。(いや、だから赤点で落としただけなんだけど)


そんな僕に「もっとわかりやすく」なんて聞くのは間違えている。

だいたい、苦手だったのにここで知識を披露したとして、「間違っている」というお叱りが来たら怖いじゃないか。


…と、思っていたのだけど、数学のページを作りたい、と思う出来事が起こりました。

マンデルブロ氏の訃報。マンデルブロ集合はいつか扱いたいネタだったけど、訃報を聞いてすぐに書きたくなりました。実際、すぐに草稿を練り始めました。


ところが、マンデルブロ集合は高度な数学の話題です。

マンデルブロ集合を「見た目が面白い」として扱うのは簡単だし、そうしているページも山ほどあるのだけど、それだけなら僕が書く必要はありません。

書くからには、マンデルブロ集合の何が面白いのか、読んだ人に納得してもらわなくちゃ。


でも、それは「数学を解説する」ページを作ることになります。避けて通りたかった道。

悩んでいる間に、訃報からは1年以上経ってしまいました。


先日また、平方根の求め方ページに、中学1年生からのコメントが書き込まれていました。


【美琴】 今私中一なんですけど・・・。ちょっとあまりわかりませんでした。やっぱり少し難しいですね。 もうちょっと簡単な説明はありませんか?? (2011-12-05 00:10:07)


もうちょっと簡単な説明、か。


…腹を決めた。数学ページ、作ろう。


でも、自分の知識で「数学」なんてものが扱えるとは思えません。

ここはひとつ、「難しい算数」ということで。


僕は先に書いたように、数学は苦手だったけど、好きでした。

そういう人間じゃないとできない、「数学が理解できない人のための解説」もあるように思う。


実のところ、本気で「数学を簡単に解説する」ためには、高度な数学センスが必要。

僕なんかにそれができるとは思えないけど、せっかくだから、やれるところまでやってみたいと思います。

(ページ作成 2011-12-08)

戻る
トップページへ

-- share --

0010

-- follow --




- Reverse Link -