ぜんぜん日々更新ではない日記です

まぁ、ぼちぼちやっていきます。
このページは最新7日分で、逆順(最新が上)で並んでいます。
過去のものはヘッダ部分のリンクから選べます。

目次

2021-10-19 医療週間
2021-10-12 血液検査
2021-10-10 ネットワークHUB故障
2021-10-08 コンピューターと気象予測
2021-09-27 副反応
2021-09-22 HDD消去
2021-09-19 古雑誌が出てきたので
 今月の日記
医療週間  2021-10-19 11:07:08  家族

▲目次へ ⇒この記事のURL

長女(中2)は、以前から時々おなかが痛くなる。


小学校のころからだから、3年くらい「時々おなか痛い」が続いているだろうか。

一度医者に診てもらおう、とみてもらったのが夏休み前。


胃酸過多かなにかだろう、と行きつけの小児科医に見せたところ、どうもそういう症状ではない、との判断。

多分大したことは無いのだけど、原因がわからないのは不安なので、大きな病院に見せた方が良いでしょう、と紹介してくれた。


国立病院機構横浜医療センター。この辺りで一番の最新医療施設だ。

最新医療を行う大病院なので、いろいろな検査ができる。


ただ、平日しかやっていない。予約を入れることもできず、来た人順だ。

その代わり、紹介状がないと受け付けられないため、ものすごい人数、ということにはならないはず。


夏休み中に行こうと思っていたのだが、コロナに感染してしまったため行くことができず、9月に入ってから学校を休んで行った。



妻が付き添ってくれたのだが、半日程度だろうと思っていたら、1日かかった。

レントゲンや血液検査など、簡単にできるあらゆる検査を行ったためだ。


その結果、「原因不明」。直接見た方が早い、と胃カメラ検査をすることになった。


ただ、子供の食道は細いため、胃カメラ検査では全身麻酔が必要になるそうだ。

全身麻酔は危険を伴うため、麻酔医が立ち会い、終了後も経過観察で一泊となる。

また、朝一番の、胃が空っぽの状態で検査を行いたいため、事前泊も必要となり、2泊3日の大掛かりな検査となった。


それでも、入院前はまだ気軽に考えていた。病気じゃないのだから、事前泊といってもある程度自由だろうと。


小児病棟には、5歳児でも入院することもあるため、脱走を防ぐためにドアはオートロックだった。

さらに、朝食を抜いても栄養状態を悪くしないため、点滴のラインが確保された。


つまりは、ベッドに寝たきりになった。



こちらも妻が付き添ってくれたので僕は実情を見ていない。

もっと言えば、コロナ対策で面会が制限されていたので、妻も病棟の入り口まで付き添っただけだ。


帰宅してから長女が語ったところによれば、小児病棟は泣き叫ぶ子供などもいるため、相性を考えて頻繁に配置換えがあったらしい。


検査の際も、胃カメラに備えて麻酔薬で寝て、気づいたら別の部屋にいたそうだ。

(ベッド自体がストレッチャーになっているため、寝ている間の移動もある)



で、検査結果は逆流性食道炎。

木曜日から入院し、帰宅したのは土曜日。




さて、翌日の日曜日。

子供たちは、コロナワクチンの2回目接種を行った。前回からちょうど3週間だ。


翌日である月曜日…昨日は、3人とも熱を出して学校を休む。

前回もそうだったのだが、高2の長男は比較的軽く(それでも38度越え)、小6の次女が一番症状が重い(39度越え)。


今日は次女以外は回復して学校に行ったが、次女はまだ37度越えの熱で寝ている。


長女にとっては、先週末と今週頭を休み、久しぶりの学校となった。




さて、ついでなので自分の近況を。


1週間ほど前に、コロナ後の経過観察で血液検査を受けた話を書いた。


その少し前には、まだ嗅覚異常…「ありもしない匂いを感じる」ことがあった。(異臭症)

ただ先週後半、ふと気づくと異臭症の症状を感じなくなっていた。


同じ時期に、インスタントコーヒーを飲もうとしたときに、コーヒーの香りを感じた。

嗅覚異常はかなり治ってきたようだ。(まだ匂いの種類によってはあまり感じないのだけど)



この話を家族にしたところ、長男はまだ匂いを感じないそうだ。

異臭症はあるか聞いてみたところ、現在は無いという。コロナ療養中にあった、というのは以前に聞いている。


コロナの症状自体は長男の方が軽かったが、嗅覚異常の後遺症については長男の方が重いようだ。


長女は、僕より先に嗅覚異常から回復しているようだ。また、異臭症は出なかったとのこと。




▲目次へ ⇒この記事のURL

同じテーマの日記(最近の一覧)

家族

別年同日の日記

13年 タツノコプロの設立日

13年 Windows 8.1

17年 オーラ占い・よもやま話

18年 機材管理


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています

血液検査  2021-10-12 15:28:11  その他

▲目次へ ⇒この記事のURL

コロナ治療完了から2か月。


2か月たったら血液検査をしてください、と言われていた。

治療完了時点で、血液検査したらγ-GTPの値が非常に悪かったから。


なにぶん問題があるのがγGTP なので、この2か月酒を飲まないでいた。

元々酒飲みではないが、ちょっとは飲みたい気分もある。



保険組合の健康診断も受けないといけないし、その時には血液検査もするだろう、と健康診断を申し込んでみる。

非常に混んでいて、今予約を入れても来年になるそうだ。


血液検査って、確か自費で受けるとすごく高いんだよな…

と思い調べると、自費では確かに高いのだが、今回は医師の指示があったので保険診療になりそうだった。


保険診療になりますか? と恐る恐る行きつけの医者に電話したら、診断してからでないと判断できないという。

仕方ない。ダメなら諦めることにして、検査の予約を入れた。




で、検査が1週間前で、今日結果を聞いてきた。(保険診療でした)

γGTP はなんの問題もない値に戻っていた。これで酒が飲める。


熱さましのアセトアミノフェンをすごい量のんだから、と自分では思っていたが、全体量は多くても用量・用法をちゃんと守っていたので問題はないでしょう、とのこと。

問題だったのは、肺炎治療のステロイド剤のようだ。まぁ、これも治療時に聞いていたのだけど。



γGTP は問題なくなったが、コレステロールの値が高い。

これ、若いころからだ。結婚前に時々妻と献血に行っていたのだけど、その時にも指摘されていた。


若いころは「食事に気を付けて」と言われていたのだけど、特に肉好きというわけでもなく、普通の食事しかしていない。

で、ずっとコレステロールは高いまま、と医師に言ったら、薬を処方してくれた。


これも50歳になったからか。

以前は「食事に気を付けて」と言われていただけなので、若いから肉ばっか食べているように思われていたのか。


年齢や生活習慣、食習慣によってもコレステロール値は上がるが、遺伝的に生まれつきの人もいるので、思い当たる節がないなら薬飲んでみるといいでしょう、とのこと。


2か月分処方されたので、薬飲み終わるころにもう一度血液検査しましょう、ということになった。


…また2か月後に血液検査か。



▲目次へ ⇒この記事のURL

同じテーマの日記(最近の一覧)

その他

関連ページ

医療週間【日記 21/10/19】

別年同日の日記

12年 発掘

13年 ジャック・デニスの誕生日(1931)

17年 オーラのプログラム分担

19年 台風19号

20年 栗の渋皮煮


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています

ネットワークHUB故障  2021-10-10 11:16:29  コンピュータ

▲目次へ ⇒この記事のURL

昨夜のこと。

子どもたちが、「ネットに繋がらなくなった」と報告してきた。


自分でも確かめてみると、WiFi に接続できない。


こういうことは、2ヶ月に一度程度の頻度で起きる。

大抵はネットワークの上流で何かあったときで、5分も経てば自然に回復する。


ただ、なにか違う気がした。

いつもなら、「インターネットに接続できない」であり、「WiFiに接続できない」ではないのだ。


ここで、我が家のネットワーク構成なのだが、WiFi ステーションが2基ある。

1基では家の中すべてをカバーしきれないためだ。

居間と仕事部屋においてあり、これで家全体をカバーできる。


このときは居間にいて、自動的に電波の強い居間のステーションが選ばれていたのだけど、あえて仕事場のステーションに繋いでみる。

普通に繋がった。仕事場のステーションは外部につながるルーターも兼ねており、接続状況を確認できる。

問題なく外部に接続していた。接続できないのは、上流の問題ではなく、家の中の問題だ。


居間のステーションをリセットしてみるも、回復しない。

WiFi の電波は出ていて接続を試みるも、「DHCPに接続できない」と言われるのだ。


あらためて WiFi ステーションを確認するが、インジケーター LED の点灯が少ない気がする。

もっとも、普段それほど気にしていないので、普通の点灯状態を覚えていない。


まぁ、おそらくは WiFi ステーションが家のネットワークから切り離されている。

DHCP は家の中に1台しかないので、ネットワークから切り離されて見えなくなっているのだろう。


困ったな、ステーション壊れたかな…と思いつつ、ネットワーク全体の確認を行うため仕事部屋に向かう。

家の中の機器のほとんどは、仕事場に集約してあるから。


で、ひと目見た瞬間に原因がわかった。

家のネットワークの分岐の中心である HUB が、電源ランプが点滅し、すべての接続ランプが消えた状態だった。故障したのは HUB らしい。


先に書いたように、外部に接続するルーターを兼用している WiFi ステーションは、当然 HUB を経由せず外に接続できる。

そのため、仕事部屋の WiFi に接続すれば問題なくインターネットに接続できていたわけだ。


このステーションは、4ポートしかないが、HUB 機能を内蔵している。

そのため、外部公開しているサーバーも、このステーションに直接接続してある。

なので、外部公開サーバーの稼働はつづいていた、はず。




壊れた HUB は8ポートだったが、実際には使われていないケーブルも繋がっていた。

家の中の主要な部屋に LAN ポートを用意しているが、現在は WiFi を使うことが増えたため使っていない部屋が多いのだ。


現在使っていない 5ポートの HUB があったので、本当に必要な線を厳選して繋ぐことにした。

…以前は線に接続先の部屋を書いた紙をつけていたはずなのだが、いつの間にかなくなっている。適当に繋いで、接続ランプがつかないやつは使っていない部屋だろう。


刺しては「あたり」「はずれ」と判定する、黒ひげ危機一発のような状況。

幸い、5ポートで丁度足りた。


とはいえ、余裕がないのも困りそうなので、早速8ポートの HUB を Amazon に注文。

以前は 8ポートは高かったのだけど、いますごく安くなっているのね。


十分な機能のものが、1700円だった。

壊れたものは…多分10年以上使っていたと思うのだけど、1万円以上した気がする。


▲目次へ ⇒この記事のURL

同じテーマの日記(最近の一覧)

コンピュータ

別年同日の日記

04年 大型の勢力

16年 CentOS 7 上の ndjbdns の落とし穴

17年 オーラ写真倶楽部


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています

コンピューターと気象予測  2021-10-08 17:24:01  コンピュータ

▲目次へ ⇒この記事のURL

ここのところ仕事が忙しくて、日記を書く暇もネタもなかった。

ネタも、というのは時間があれば仕事してたからね。インプット無くしてアウトプット無し。


自営業にとって仕事が忙しいというのはありがたい話なのだけど、忙しい理由の8割くらいは、先月コロナ罹患で3週間ほど休んだからだろう。

スケジュールに無理が生じて、急いでプログラムを作らなくてはならなかったのだ。



あと、仕事を手伝っている会社では、コロナ禍の状況の中でも業績が伸びている。

ありがたいことだが、ベンチャー企業で少人数なのでプログラマーの手が足りない。


求職中の腕の立つ人がいたら、こちらのページの右上の「採用情報」から詳細が見られるので、是非。

(僕はお手伝いしている外部の人、という位置づけなので、採用に関して口を出す権利はないが、一緒に働くことになったら仲良くしてください。)




ネタもない、と書いたが、日記に書こうと思って時期を逃したネタを…



数日前に、真鍋さんのノーベル賞受賞、という話がニュースをにぎわした。

日本人が受賞、と報じられたのだが、日本生まれだが、60年以上前に渡米し、現在米国籍なのだからアメリカ人だろう。


まぁ、そこはどうでもいい話で、興味を持ったのはその授賞理由。

コンピューターによる数値演算で気象を再現する手法を編み出したことだ。


今では当たり前の技法だし、真鍋氏が最初に考案した方法よりももっと精度が高まっている。

でも、最初に考案した、というのはすごいことだ。



で、ここからは日記ネタにしようとした理由。

真鍋さんは渡米してから師事した方に言われて気象予測モデルの構築を始めたようなのだけど、これが僕が過去に書いた ENIAC の記事の話とつながるのだ。


ENIAC は弾道計算のために作られた、とされる。

実際、作成の際には陸軍が予算を出していて、その理由は弾道計算ができるからだ。


でも、予算がつく前に計算機が欲しい人がいて、設計が行われて、作成する段階でスポンサーを探したのだ。

その設計の理由は「気象予測には膨大な計算が必要だから」だった。



専門ではないので正確な時期を知らないのだけど、20世紀の前半のどこかで、「完全なパラメーターがわかれば、気象は完全に計算できる」という仮説が生まれたそうなのだ。


20世紀に入っても、自然は人智の及ばざるもので、天気もその一部だと考えられていた。

それを、完全に計算できるというのだ。それまでの価値観を打ち壊すような仮説だった。


これは当時の学者にとってなかなか興味をそそる話題だったようで、多くの人が研究に乗り出している。

(こういう研究って、時代の流行もあるのだ)


ENIAC はその過程で必要とされ、設計されたものだった。

その設計者の仮説では、ENIAC くらいの能力があれば気象予測ができるはずだったのだ。


でも、ENIAC ができて気象予測ができるようになった、とは聞かない。

その時の仮説が間違っていたのだろう。

または、ENIAC では能力が足りなかったのかもしれない。



しかし、ENIAC は電子計算機の時代の扉を開けた。

その後、計算機が強力になり、その計算力を武器に気象予測のモデルづくりに挑む学者はたくさんいて、真鍋さんはその中でも見事に「実用的になる」モデルを組み立てた、ということなのだろう。




真鍋さん最初のモデルは、単純化しすぎて正しくないと分かっていながら、当時のコンピューター性能で計算できる妥当なモデルだったようだ。


その後、計算機の高速化とともに改良されたし、こうしたモデルを動かすための「地球シミュレータ」なんてものまで設計された。


(地球シミュレータは、その後も代変わりしているが、単純な計算能力ではすでにそれほどすごいコンピューターではない。

 しかし、気象予測のようなものに必要な複雑系を扱えるような独自設計になっており、気象予測や数値風洞と呼ばれるようなプログラムの実行では、まだ高い性能を誇る)



というわけで、今年のノーベル物理学賞は、自分のページで取り上げても良いネタだな…

と思いつつ、すっかり時期を逸してしまったので、この程度の簡単な説明にとどめておく。



▲目次へ ⇒この記事のURL

同じテーマの日記(最近の一覧)

コンピュータ

別年同日の日記

06年 お月様

13年 デジタルミレニアム著作権法成立の日

14年 鎌倉オクトーバーフェスト 2014

15年 ヘイリー兄弟の誕生日(1949)


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています

副反応  2021-09-27 20:55:10  家族

▲目次へ ⇒この記事のURL

鎌倉市で 12歳以上のワクチン接種が先週始まり、我が家の子供たちも昨日1回目の接種を受けた。


そして本日、副反応でみんな熱を出している。

高校生の長男は最高で 38.5 度くらい。

中学生の長女と、小学生の次女は 39度まで行った。


小学生の次女は、少し動かしても腕が痛いらしい。

長女はそこまで痛くは無いが、あまり動かしたくはないそうだ。



長女と次女は、今朝の時点から熱は出ていたので、学校を休んだ。

長男は今日はリモート授業の日だったので午前中は出ていたが、午後は熱が高くなったので休んだ。




僕も妻もあまり副反応が出なかったので、大丈夫だろうと思って日曜日に予約を入れてしまった。

土曜日とかにしておけば影響が少なかったな。


(3人まとめて予約を入れたかったので、比較的すいていた日曜日にしたのだ)


副反応は、若年層ほど強く出る傾向にあるそうだ。

つまりは、僕はもう若くはないってことだな。


▲目次へ ⇒この記事のURL

同じテーマの日記(最近の一覧)

家族

別年同日の日記

03年 インベーダー25周年

08年 トミカ博

13年 ラリーウォールの誕生日(1954)

14年 アラン・シュガートの誕生日(1930)

16年 Googleの誕生日


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています

HDD消去  2021-09-22 16:24:56  その他

▲目次へ ⇒この記事のURL

3連休で部屋の掃除をしていたら、

…あ、この書き出し先日と一緒だな。シルバーウィークは大掃除中です。




以前使っていた PC を捨てたいと思う。

もう2年も前に今のマシンに乗り換えたのだが、「何か大事なデータが入っていると困るから」という理由で置いてあった。


2年間もそのままほったらかしなので、拾い出さないといけないような大事なデータは入っていないのだろう。

もう捨てよう。


9年前のマシンになるので、中古で売れるようなものではない。

PC リサイクルマークついているからメーカーに引き取ってもらっても良いのだけど、面倒なので適当なリサイクル業者に任せよう。



さて、以前はそうしたリサイクル業者がたくさんあった。

PC 送ってくれれば、その他の電気用品も自由に同じ箱に入れていいです…

というのが多かったので、処分に困ったがらくたをずいぶん捨ててきた。


でも、さすがに最近は「何でも自由に」ではなくなっているのね。

捨てる PC も、余り古すぎるものは受け付けて居なかったりする。


あちらも慈善事業ではないので、採算に合うような商売にしかなっていないのだろう。

(どうも、オリンピック前は基板からとれる貴金属に需要があったので、なんでも受け付けられたようだ)




データを消して…と、久しぶりに PC の電源を入れたら、いきなりエラーで起動しない。

そういえば、うまく起動しなくなって買い替えたんだっけ。


リカバリモードに入ったら、OS インストールされたパーティションがもう一つあった。

あぁ、そうだった。速度上げようとして、余った SSD があったので突っ込んでもう一つインストールしたのだった。


そちらから起動したら、起動できた。


HDD 消去か。まぁ、OS のクリーンインストールでもすりゃいいだろう、とディスクを探す。

Win 8 のインストールディスクが出てきた。そういえば、このマシンもともと Win7 だったっけ。


インストールしてみたら、OS だけインストールされて、データやユーザー設定はそのまま残っていた。

あら、よくできている。



仕方ない。できるだけデータを消そう。

新規にアカウントを作り、本来のアカウントを削除。これでアカウントに紐づいたデータは消える。

その他のデータも、見つけ出してできるだけ削除。


で、コマンドプロンプトから、


cipher /w:C:


と入力。

このコマンド、知らなかったのだけど、本来はディスクを暗号化した際に使うツール。


/w はおまけ機能で、ディスクに残されたファイル痕跡を掃除 (wipe) する。


動作を見ていたら、ディスクに作れる最大容量のファイルを作り、そのファイルの中のデータを埋め尽くし、書き込むことで痕跡を無くすようだ。

そのため、ディスクの残容量は一時的になくなり、なにかプログラムを動かそうとすると警告が出る。


ネット上で見つけた説明によれば、同じセクタに違うデータを3回書き込むことで、痕跡を完全除去するようだ。



#調査中、HDD はデジタルだから、0 などを1回書き込めば十分、3回も書くのは時間の無駄なだけ、と書いている記事を見つけた。

 HDD はアナログ記録だ。そして、読みだすときに閾値を決めてデジタルにしている。

 1回の書き込みでは、以前の信号の影響が微弱に残り、HDD のプラッタ(ディスク本体)を取り出して解析するとデータが読み出せてしまう、という実証実験が行われている。

 家庭から出された PC に、わざわざそこまでの面倒をしたところで労力に見合わないのだが、複数回のデータの書き込みにはこの痕跡をできるだけ消す意図がある。






ひとまずデータを消して、これでいいや、と思っていたら、今回送ろうと思っているリサイクルサービスでは「事前に完全消去を」と呼び掛けられていた。


リサイクルの申し込みをしたら消去ソフトがダウンロードできるので、それで消してから送ってください。

消してない場合は、消去サービス 3000円いただきます。


なるほど、これは消してから送らねばならない。



しかし、その「消去ソフト」について調べてみると、Windows 7 までが動作対象で、8以降では動かない、と書いている人を見た。役立たずだ。



仕方ない。自分で消去ソフトを探す。


wipe-out (超消わいぷたん)

ディスク消去ユーティリティ

mini tool partition wizard


一番上の wipe-out は、Windows 上で動くソフトではない。

CD や USB に入れてそこからブートして使うソフトだ。


そのため、ダウンロードしたものを USB に入れる知識が必要となる。


多くのページで、Win32 Disk Imager を使え、と書いている。

そこで使ってみたのだが、なぜか起動しない。


情報を調べると、64bit Windows 10 ではなぜか起動しない場合があるそうで、僕がその例にあたってしまったようだ。

DD for Win なんかでも起動 USB を作れそうな気がするのだが、不安なのでいったん保留。

(ここまでで数時間かかっている)



wipe-out 、比較的古いソフトなので信頼性もある一方で、BIOS 起動のみで UEFI に対応していないとか、64bit マシンではうまく動作しないことがあるとか、古さゆえの問題もあるようだ。

これも保留とした理由。




2番目の、ディスク消去ユーティリティを試す。

こちらは、Windows 用のソフト。ただし、OS が入ったディスクを消すには、やはり USB 起動させないといけない。


USB 起動方法は、PDF ファイルをつけて懇切丁寧に解説してくれている、ということだったのだが…


解説が古い。USB 起動には Win_PE と呼ばれる、USB に入る程度の小さなサイズのウィンドウズを使用するのだが、これはマイクロソフトの純正ツールを使って作らねばならない。


そして、Windows のバージョンごとにツールが変わる。

現在使っている Windows のバージョンを調べ、それに合わせた純正ツールをダウンロードする。


この時点で、すでに PDF の説明と異なっていた。

PDF の説明ではツールダウンロードだけでよいのだが、現在は Win_PE の作成は、別のプラグインになっているため、そちらもダウンロードしなくてはならない。


そして、作成開始。

すぐに、PDF の説明通りではエラーが出る状態に遭遇。


ただ操作の説明が書いてあるだけで、それが「何をしているか」などの説明がないため、エラーにどう対処してよいかわからない。お手上げ。


このソフトを使うのは諦める。

(ここまでで数時間かかっている)




3番目、mini tool partition wizard。

有料のソフトだが、無料でも一部機能が使えるそうで、ディスクの消去もできるそうだ。

(簡単な消去のみ。何度もデータを書き込む念入りな消去は有料らしい)


Windows のソフトだが、起動ディスクを消去することも可能だそうだ。

その場合、一旦リブートして、消去ソフトが Windows に依存しない形で起動する、らしい。


早速インストーラーをダウンロードし、USB メモリに入れて、該当マシンに持っていく。

該当マシン、もう捨てるつもりだったからネットワークにつながっていないのだ。


そうしたら、インストーラーは本当にインストーラーのみで、本体をネットからダウンロードする形式だった。


ネットにつなげばいいのだけど、いろいろと面倒なことになるとわかりやめた。

(これは30分くらい)




さて、時間切れで一晩越して、wipe-out をもう一度試すことにする。


Rufus というツールがあり、起動 USB を作成できた。


実はこれも一筋縄でいかず、バックグラウンドで動作していたバックアップソフトを止める必要があった。

どうも、バックアップソフトなので USB メモリも含め、ディスクを監視してしまうようで、アクセスが競合するようだった。


もしかしたら Win32 Disk Imager が起動しなかった理由もこれかもしれないが、Rufus は競合するソフトを教えてくれるので、すぐ対応できた。



さて、ともかく起動 USB が作れたら、該当マシンで起動。

問題無く動いた。時間はかかったが、消去も問題なく終わった。


(120G SSD は 0 クリア、500GB HDD はランダム書き込みしてから 0 クリア、で消した。

 SSD が1時間ほど、HDD が3時間半ほどかかった。

 SSD 物理動作無いのに遅いな…SSD の苦手な書き込み作業を連続で行ったためと思う。)



HDD 消すだけで一苦労だったが、これでやっと捨てられる。


▲目次へ ⇒この記事のURL

同じテーマの日記(最近の一覧)

その他

別年同日の日記

02年 携帯マシン

03年 ひきつづき家の話

10年 ショウロンポー

14年 ベンジャミン・トロットの誕生日(1977)


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています

古雑誌が出てきたので  2021-09-19 17:32:22  その他

▲目次へ ⇒この記事のURL

古雑誌が出てきたので

3連休で部屋の掃除をしていたら、古い雑誌が出てきた。

なんで置いてあったのかもわからず捨てようと思ったが、中を読んでみたら面白い記事が載っていたので引用しておこう。


(写真をクリックすれば拡大される。

 文字が読めるように大きめの画像なので、スマホで見るのは大変かもしれない)




1年ほど前に、テレビで放送された「しくじり先生」の話を書いた


セガの業務用ゲーム機の「しくじり」を紹介していたのだが、そこで僕がプログラムに参加した「オーラ写真倶楽部」が取り上げられていた。


で、ゲーム機で占いと言われても信憑性がない、遊ぼうと思わない、とか番組出演者に言われていたのだけど、当時は占いゲーム機は人気あったんだよ、という話を書いた。



今回古雑誌から引用した記事は、当時の人気を裏付けるものだ。


扶桑社の週刊 SPA! 1997年7月23日号。44~53ページ。

全10ページの特集で『日本人 一億総「占いだのみ」の時代』という記事が載っている。

占いがブームですごい市場規模になっている、という話を中心に、占いにハマった人や、占い師側のインタビューなどで構成された記事だ。


この3ページ目が、ゲームセンター・ゲーム業界に取材したものになっている。

オーラ写真倶楽部が「今月発売」と書いてあるね。これで、オーラの発売当時は占いは人気ジャンルだった、という証明になると思う。



全国の市場規模を推計しているが、ちょっと話を大きめにしている気はする。

しかしまぁ、それほど外れていない妥当な計算だろう。


当時は占いブームで、占いゲーム機も人気があったのだ。




▲目次へ ⇒この記事のURL

同じテーマの日記(最近の一覧)

その他

関連ページ

しくじり先生【日記 20/09/11】

オーラ写真倶楽部【日記 17/10/10】

別年同日の日記

13年 顔文字が誕生した日(1982)

15年 山内溥 命日(2013)

17年 母の誕生日

19年 スパルタかます


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています


戻る
トップページへ

-- share --

28000

-- follow --




- Reverse Link -