ぜんぜん日々更新ではない日記です

まぁ、ぼちぼちやっていきます。
このページは最新7日分で、逆順(最新が上)で並んでいます。
過去のものはヘッダ部分のリンクから選べます。

目次

2021-09-19 古雑誌が出てきたので
2021-09-15 1か月目
2021-09-02 ひとまず半月
2021-08-29 SSL 証明書
2021-08-27 納車
2021-08-24 車検
2021-08-22 ワクチン接種
 今月の日記
古雑誌が出てきたので  2021-09-19 17:32:22  その他

▲目次へ ⇒この記事のURL

古雑誌が出てきたので

3連休で部屋の掃除をしていたら、古い雑誌が出てきた。

なんで置いてあったのかもわからず捨てようと思ったが、中を読んでみたら面白い記事が載っていたので引用しておこう。


(写真をクリックすれば拡大される。

 文字が読めるように大きめの画像なので、スマホで見るのは大変かもしれない)




1年ほど前に、テレビで放送された「しくじり先生」の話を書いた


セガの業務用ゲーム機の「しくじり」を紹介していたのだが、そこで僕がプログラムに参加した「オーラ写真倶楽部」が取り上げられていた。


で、ゲーム機で占いと言われても信憑性がない、遊ぼうと思わない、とか番組出演者に言われていたのだけど、当時は占いゲーム機は人気あったんだよ、という話を書いた。



今回古雑誌から引用した記事は、当時の人気を裏付けるものだ。


扶桑社の週刊 SPA! 1997年7月23日号。44~53ページ。

全10ページの特集で『日本人 一億総「占いだのみ」の時代』という記事が載っている。

占いがブームですごい市場規模になっている、という話を中心に、占いにハマった人や、占い師側のインタビューなどで構成された記事だ。


この3ページ目が、ゲームセンター・ゲーム業界に取材したものになっている。

オーラ写真倶楽部が「今月発売」と書いてあるね。これで、オーラの発売当時は占いは人気ジャンルだった、という証明になると思う。



全国の市場規模を推計しているが、ちょっと話を大きめにしている気はする。

しかしまぁ、それほど外れていない妥当な計算だろう。


当時は占いブームで、占いゲーム機も人気があったのだ。




▲目次へ ⇒この記事のURL

同じテーマの日記(最近の一覧)

その他

関連ページ

しくじり先生【日記 20/09/11】

オーラ写真倶楽部【日記 17/10/10】

別年同日の日記

13年 顔文字が誕生した日(1982)

15年 山内溥 命日(2013)

17年 母の誕生日

19年 スパルタかます


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています

1か月目  2021-09-15 21:51:58  その他

▲目次へ ⇒この記事のURL

コロナ療養終了から1か月。

節目なのでその後のことを少し記しておこう。


3日前の日曜日に、2回目のワクチン接種を行った。

副反応として、丸一日くらいたった頃に、全身の関節がなんとなく痛い、という風邪に似た症状が出た。

でも、それだけ。3時間くらいで症状は消えた。


1回目は副反応は特に出なかったと思うが、もし似た症状があっても副反応だと思わなかったかもしれない。

コロナの病み上がりで体力無くて、常に風邪症状みたいなものだったしね。



そのさらに前日、療養中に訪問してくれていたお医者さんから電話があり、その後の回復状況を聞かれた。

実は、療養の最終日に「無事回復したのでもう会うことは無いと思いますが、お元気で!」といわれ、固い握手をして別れたのだ。


まぁ、会ってはいないのだけど、連絡があったことに驚いた。




肺炎の後遺症の咳は、まだ思い出したように時々出る。

いや、これ後遺症なのかな? 自分では後遺症だと思っているけど、単に咳なのかも。


筋力が落ちたのは、トレーニングの甲斐あって結構戻っていると思う。

しかし、口周りの筋肉が落ちたことに起因する(と思われる)いびきは、あまり改善していないらしい。


舌や表情筋を鍛えるトレーニングもしているのだけど、トレーニングが難しいところだけに効果が出るのは時間がかかるようだ。




さて、一番の後遺症である嗅覚異常は、1か月前は「全く匂いを感じない」だったのが、「感じることもある」に改善した。


同時に、おそらく存在しない匂いを感じることも増えた。

調べたところ、異臭症というそうだ。これも嗅覚異常の一種で、においを感じる細胞や神経系の炎症によるもの。


僕はコロナの時には、気づいたら匂いを感じなくなっていた。

しかし、長男は匂いを感じなくなる前に「なんか嗅いだことのない匂い」を感じていたらしい。


高熱があって風呂も入れないときなので、自分の体が臭いのかと思っていたらしいのだけど、異臭症だったのだろう。


ようは、嗅覚センサー系が異常をきたして、ありもしない信号を送ることがあるわけだな。



で、だんだんと匂いを感じられるようになると、同時に異臭も感じることが増えているように思う。

多分、これは死んでいた嗅覚の細胞が回復していく兆し。

嗅覚自体は感じるようになっているが、まだ完全ではなくおかしな信号を送ることもある、ということだと思っている。

(医療知識のない人間が言っていることなので、同じ悩みを持つ人は鵜呑みにしないで欲しい)



先に書いた、連絡をくれたお医者さん。

後遺症はどうですか? と聞かれたので、異臭症のことは伝えた。


嗅覚異常は治るのに時間がかかり、半年くらいの期間で考えて欲しい、といわれた。

僕も、ネットで調べてそのことは知っていた。




知っていた、というのは、フランスの研究による論文


以前、自分が嗅覚異常を起こしていると分かった時に斜め読みして、「4か月でおよそ半数の人が完全回復、残りも部分的に回復」だと思っていた。

4か月で半数なら、半年くらいをめどに考えていた方がいいのだろうな、と思っていた。


今読みなおしたら、これは患者の申告した主観的な値だね。

客観的な検査だと、4か月で8割が完全回復していて、にもかかわらず「治ってない」と感じていた人が多い、とのこと。


国内研究だと、1か月で6割の人は完全回復するそうだ。



僕は今ちょうど1ヵ月なのだけど、部分回復しているが完全回復ではない。


先のフランスの研究では、1年で 96% の人が回復している。逆に言えば、4% の人は回復していない。

まぁ、1年たてば普通は回復する、というところか。


(この調査、対象が 51 人しかいないので、4% というのは誤差が大きく含まれる数値だ)




コロナの後遺症(英語だと、Long COVID Syndrome)については、まだ十分な研究がなされていない。

だから、51人なんてわずかな人数を対象とした調査でも、注目される論文となる。


(先の論文は、国内でも多くの新聞が「1年たっても回復しない場合がある」という、不安を煽る方向で報道していた)


とはいえ、1か月で6割、4か月で8割、1年で 95% 、というのは、なんかあり得そうな数値だ。

長くかかってもいつかは回復する、という希望は持てる。


後遺症とは、気長に付き合っていこう。



▲目次へ ⇒この記事のURL

同じテーマの日記(最近の一覧)

その他

別年同日の日記

02年 遷都論

04年 1ヶ月目

13年 カピバラに会いに

14年 エンジニアの日(インドの祝日)


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています

ひとまず半月  2021-09-02 18:23:44  その他

▲目次へ ⇒この記事のURL

コロナ療養完了から、半月がたった。


先ほど、仕事先の人と Zoom で打ち合わせをしたところ、「まだ疲れた顔をしている」と言われた。

あまり自分では疲れているという気はしていないのだが、実際疲れているのかもしれない。

または、思い出したときにトレーニングをしているのだけど、表情筋がまだ衰えているのかもしれない。



コロナの症状として「脳細胞が死ぬ」という恐ろしいものがあるようだ。

脳細胞を攻撃するウィルスは今までは知られていなかった、というようなことをテレビで言っていた。


ただ、これも「後遺症が重い人を調べたら、脳の一部が死んでいて機能障害を起こしていた」というような海外での研究報告にすぎない。


血管などに炎症を起こすことは以前から知られているので(なので肺炎や血栓症にもなりやすい)、脳内で血栓を起こしただけの可能性もありそうだと思っている。



その報告では、強い倦怠感などの原因の可能性を上げていたが、コロナ治癒後に倦怠感などを感じる人は多いようだ。

で、冒頭の話に戻るが、疲れた顔をしているというのは、そういった後遺症を心配してくれていたのだと思う。




で、以前に何回か書いたが、僕の場合も倦怠感はあったのだが、ほとんどが筋肉の衰えによるものだったと思っている。


妻によれば、人は…というか生物は、なのだろうけど、強い飢餓状態になると筋肉を溶かしてエネルギーにするのだとか。

脂肪ではないのか、と思うところだけど、脂肪を使うのは通常の飢餓状態の場合。


強い飢餓状態では、エネルギー消費自体を抑えたいのだけど、筋肉細胞はただあるだけでも結構エネルギーを使う。それに、必要なら後で再生できる。

だから、一旦溶かしてしまうのは悪い選択ではないのだと。



実際、病状が重い時は、ほとんど食事をとれなかった。

3週間も闘病で半分寝たきりだったから筋肉が衰えた、という以上の衰えで、最初に家の外に出たときは少し歩くのも不安だった。


で、これも日記に書いたが、筋トレして「普通の生活」には戻っている。

でも、以前よりもまだ衰えている自覚があるし、特に鍛えにくい表情筋などは十分に戻っていないと実感している。




今回はコロナのその後話から入ったが、身辺雑記も書こう。


コロナ闘病に3週間も使ってしまったので、やりたかったのにできなかったこと…の一つに「ゴルフストーリーで遊ぶ」があった。


Nintendo Switch のゲーム。夏休みに入ったころから任天堂がセールをする、という事前情報があって、その対象に入っていた。

もう、4年くらい前のゲームなのだけど、以前から遊んでみたかった。いい機会だから遊ぼう…と思っていたのだが。


夏休みに入ってすぐにコロナに罹患し、治療完了したころにはセールが終わっていた。



ぐぬぬ…遊んでみたかったので、残念で仕方ない。もう、正規価格でも買うことに決めた。

セールの時は 33% OFF の …1000円だった。元値でも 1500円のゲームだ。


すごく面白かったら独立したレビュー記事を書くところなのだけど、そうしていないということは「1500円程度のゲームだった」と思ってもらっていい。

いや、十分に面白いよ。でも、人にお勧めするほどのものではない。


なんというか、「ストーリー」とタイトルにあるのに、お話が面白くないんだよね…

ゲーム自体は面白いのだけど、ストーリー(会話文)の悪さでゲームの進め方がわからなくなって迷子になることも多い。


いくつかのゲームの賞にノミネートされた話題作なのだけど、実際に受賞したのは1つだけ、というのもそこら辺を物語っているように思える。



一応ゲームを説明すると、RPGなのにゴルフゲームで、様々な課題に「ゴルフボールを狙った位置に飛ばす」ことで対応していく、というもの。

課題は失敗してもすぐやりなおせるし、難しければやらなくても良いものが多いので、気軽なミニゲーム集の間をストーリーでつなげている感じ。


まぁ、安いので「値段相応には遊べる」というところか。




子供たちも新学期が始まったが、コロナの影響で変則的。


長男の高校は、8月30日から新学期で、9月1日からはオンライン授業。週に1度だけ学校に行くそうだ。


次女の小学校と長女の中学校は、9月から始まって、とりあえず今週は午前授業。

不安な人は来週からはオンラインでの出席が認められるそうで、中学の長女は、学校から iPad を持ち帰った。

(GIGAスクール構想で配布されたものだが、今まで持ち帰りは許可されていなかった)


多分、小学校も近いうちに持ち帰り許可になるのではないかな。

オンライン授業と言っても、機材がない家が多いから。


(iPad は携帯電波で通信可能な状態になっている。容量制限は低めなので、無駄遣いはできないけど)



書いていて思い出したが、iPad を家の WiFi に接続しなくちゃな。




▲目次へ ⇒この記事のURL

同じテーマの日記(最近の一覧)

その他

別年同日の日記

02年 昨夜の追記

03年 決算が済んで…

04年 象と虎


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています

SSL 証明書  2021-08-29 09:59:14  コンピュータ

▲目次へ ⇒この記事のURL

恥ずかしながら、今朝未明の3時ごろから先ほど、9時40分ごろまで、このWEBサイトにアクセスできなくなっていた。


原因は、SSL証明書の失効。

Let's Encrypt で取得し、自動更新する設定にしていたのだが、今年の上半期の終了、5月末日を持って古いプロトコルが廃止されたらしい。


3年前には、新プロトコルも、対応するツールも公開されていたのに、気づいていなかった。

6月1日の直前にも、メールで「旧 API廃止」と警告されていたのに、気づいていなかった。

さらにその後も「証明書更新してないよ」という警告が来ていたのに、気づいていなかった。


どんだけボンクラなんだ、って話だけど、仕事ならともかく、趣味でやっているサイトなのでそこらへんはいい加減だ。

申し訳ない。

(SSL は基本技術過ぎて空気のようなもので、無くなって初めてその存在に気付くのだ)



で、最後に更新していたのが5月29日。

Let's Encrypt で発行される証明書は期限が3ヵ月なので、今朝失効したというわけ。




失効すると1から取得しなおさないといけないのだけど、もう何年も取得なんてしていなかったので、やり方忘れていた…


9時前に失効に気づき、慌てて作業しようとするも、作業手順すら忘れていた。

というか、どのマシンで証明書の自動取得を行っていたかすら忘れていて、違うマシンの中でコマンドを探し始める始末。

(WEB サーバー証明書だから、WEB サーバーで処理しているに決まっているのに)


ネットで情報探しながら作業して、およそ1時間。やっと再取得できた。



いろいろとエラーを出しながら、そのエラーを解消していく、ということの連続で、最後のエラーが「API v1 にアクセスできないよ」というメッセージだった。

ここでやっと根本原因に気づいたのだった。



3時間後の追記


ついで(?)なので、古くなっていた SSL 関連の設定を見直してみた。


もう5年も前にチェックしていたSSL LABSでチェックを行ってみた。


一応、その後も時々はチェックしていたのよ。ずっと A+ だった。

でも、久しぶりにやったら B だった。


TLSv1.0 と v1.1 のプロトコルは、「脆弱性がある」ということで、昨年頭に各ブラウザ一斉に使用しない設定に替わったらしい。

それをうけて、これらのプロトコルを許可しているサイトは、B ランク以下にするようにした、という説明があった。



なるほど、そうなのか。気づいていなかったということは、最後にチェックしたのは1年半以上前だということだ。


早速、これらのプロトコルを使えないように設定する。

ついでに、TLSv1.3 をサポートするように、新しい openssl と nginx を導入する。


これで評価が A+ に戻った。


古いプロトコルのサポートをやめた影響で、IE11 以外の「古いIE」を使っている人は、アクセスできなくなった。

あと、Android 4.3 以前(Chrome ではなく、Android Browserを使用する機種)や、Mac Safari の 6.0 (8年前のバージョン)以前もアクセスできなくなっている。


ここを見られなくなった方、ごめんなさい。(と、ここで謝っても読めないわけだが)



というか、IE11 は結構古い(リリースは8年前)のに、ちゃんと TLSv1.2 には対応しているのだな。

そのつもりでレポートを読むと、以前苦労して対応した、Chrome 49 と Firefox 47 (どちらも5年前のバージョン)でも、まだアクセスできるようだ。


IE11 はまだ使っている人いそうだな…

(僕も仕事上使うことがある。動作チェックだけど)


Chrome や Firefox は自動更新なので、こんな古いバージョンを使っている人はいないと思うのだけど、ちゃんと見られますよ、ということで。


▲目次へ ⇒この記事のURL

同じテーマの日記(最近の一覧)

コンピュータ

別年同日の日記

13年 次女発熱

16年 マイケル・ジャクソン 誕生日(1958)

19年 Nintendo DSi


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています

納車  2021-08-27 23:16:31  その他

▲目次へ ⇒この記事のURL

先日車検に出した車を取りに行った、というだけなのだけど。


車検に出してから3日しか経っていない。

車検に出した日は、まだ体力が不安で、気合を入れて家まで歩いた、という話を先日書いた。


今日は、家からディーラーまで歩く。

しかしこの3日の間に驚くほど体力が回復しており、不安はなかった。




車検に出した日、家まで歩いて帰って、日記には「明日は筋肉痛」と書いたのだけど、特に筋肉痛にはならなかった。(若干の疲労感はあった)


これである程度体力に自身がついたので、リングフィットアドベンチャーを再開してみた。

といっても、最初に書いたように中2日しかない。2回やっただけ。

1回の運動時間は8分程度だし、運動負荷は弱めの 8。

(リングフィットでは、1〜20で運動負荷を設定できる。20が一番運動が多くなる)


こちらは、軽く筋肉痛になったけど、すぐに回復した。

徐々に体力が戻ってきている感じがある。


そんなこともあり、今日は不安なくディーラーまで行こうと思ったのだ。

せっかくなので、全行程エクササイズウォーキングのあるき方をしてみた。


先日は、足は遠距離を歩く方法で歩いたので、速度が出なかった。

普通のエクササイズウォーキングなら速度が早いので、2km の道のりを、20分少しで歩けた。


というわけで、納車は何も問題なく終わった。




さて、日記を書くたびにコロナの後遺症のその後を書いているが、今回も書こう。


上に書いたように、体力はかなり戻っている。日常生活を送る上では、もう問題ないレベル。

コロナ罹患前と同じかというと、まだ同等までは戻っていない。リハビリを続けよう。


肺炎の後遺症の咳も、昼間はほとんどでなくなった。長い会話をしても大丈夫。

不意に出ることはあるけど、日常生活を送る上では、もう問題ないレベル。


ただし、夜になると咳が出やすい。小児喘息などが夜ひどくなりやすいのと同じだろう。

一週間前は、夜になると激しく咳き込むことがあった。もうそういうことはない。


そういえば、治療終了直後に「老眼がひどくなった」と書いたが、これは体力が落ちていただけのようだ。

今はもとに戻った。もとに戻っても老眼なのだけど。


以上、完全回復ではないが、ほぼ日常に戻ったという話。



嗅覚異常の回復は、まだまだ。しかし、匂いを感じることもある、という程度の回復はしている。

商品名だが、「磯香のり」という、のりの香りが強いふりかけがあるのだが、この匂いを感じたのが最初だったと思う。


カレー粉の匂いもわかる。

ハッカ油の匂いも、少し感じる。(本当は強烈な匂いのはずなのだが、少ししか感じない)


匂いが強ければわかるのかといえばそういうことではなく、アセトンの匂いは全くわからなかった。

これはちょっと衝撃だった。引火性も毒性もある物質なのに、全く感じられないのは危険でしかない。


まぁ、現在のところ、感じられる匂いもあるが、基本的に匂いはわからない、という感じだ。


以前、海外の論文で「4ヶ月後の調査では半数が回復し、8ヶ月後の調査では9割以上が回復」と書いてあるのを読んだ。

なので、回復には数ヶ月単位必要だろうと覚悟していたら、先日厚生労働省のまとめた資料に「1ヶ月で6割の患者が回復」とあった。

回復は、思ったより早いのかもしれない。




これも後遺症と言ってよいのか。

いびき については、あまり良くなってない。


最初は、顎の筋肉が衰え、寝ている間に口が開くのが原因だと思っていた。

そこで、紙テープで口を閉じてみた。


しかし、鼻呼吸でいびきをしているようだ。

どうも、舌の筋肉が衰えているとそういうこともあるようだ。

トレーニングで鍛え始めたところ。


足や腕の筋肉は鍛えやすいのだが、顎や舌の筋肉は鍛えにくい。

改善するのにもう少し時間がかかりそうだ。




後遺症ではないが、コロナのワクチン接種後の腕の痛みの話。


翌日は、接種部位の筋肉を使うと痛くて、腕を上に持ち上げるのが辛い(でも、無理ではない)感じだった。

それがピークで、以降は痛みは引いていく。


接種日を0日目として、2日めが車検に出した日。この日はまだ腕は痛かった。

4日目の朝には、腕を動かしても問題ないくらいに痛みは引いていたが、押さえると痛かった。

この日の夜には、押さえても問題ない、完全に痛みのない状態になっていた。


これを書いている今日は5日目にあたるが、コロナのワクチンは「特に副反応はなかった」ということになるのかな。


▲目次へ ⇒この記事のURL

同じテーマの日記(最近の一覧)

その他

別年同日の日記

02年 知恵の輪

09年 キャンプ

10年 デジカメ購入

10年 家族旅行・2010年夏(目的地まで)

10年 家族旅行・2010年夏(富士サファリパーク)

10年 家族旅行・2010年夏(ぐりんぱ)

10年 家族旅行・2010年夏(宿)

10年 家族旅行・2010年夏(富士急ハイランド)

10年 家族旅行・2010年夏(帰り)

12年 サーバー故障中間報告

12年 夏休み最後のイベント

14年 レフ・テルミンの誕生日(1896)


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています

車検  2021-08-24 13:39:12  その他

▲目次へ ⇒この記事のURL

コロナ罹患で、やらないといけないことが、できないまま溜まっている。

今日は車を車検に出すためにディーラーまで行ってきた。


まぁ、頼んで終わり。この作業自体はすぐ終わる。

問題は、車を渡してしまった帰りだ。代車は頼んでいないので、歩いて帰らなくてはならない。




まだ先週の話。

コロナ後の倦怠感が、どうも筋力が落ちたことから来ているな、と気づいた時点で、体動かさなきゃ、と思った。


妻はコロナに罹患はしなかったが、濃厚接触者という扱いで 14日間外出を控えていた。

なのでやはり筋肉の衰えを感じるらしく、なにか激しい運動をしたいと言っていた。


僕の場合、激しい運動ではないのだよなぁ…

僕はもともと運動は苦手だし、嫌いだ。…と考えたとき、歩きたい、と思った。


運動は苦手なのだけど、昔から歩くのは好きだ。ハイキングとか、山登りとか。

東海道を歩いたこともある。

(レポート途中で頓挫したままだけど、日本橋~京都の全行程を歩きました)



日曜日にワクチン接種を受けた際に、会場が駅前近くだったので、久しぶりに駅前商店街で買い物をした。

目的がある買い物ではなく、「なにかよさげなもの」を探してぶらぶらと歩く。


コロナの後、本格的に家を出るのは、この時が初めて。

家への送り迎えは妻に車で頼んだので(というか、僕がワクチン接種と買い物をしている間、妻は別の場所に行っていた)、もし疲れて動けなくなっても、そこまで迎えを頼めばよい、という保険付きだった。


買い物なので、適度に休みながら1時間くらいぶらぶらしていた。

これで、翌日足が筋肉痛になった。




で、本日のディーラーの帰り。


家までの距離はおよそ 2km 。30分ほどの短い道のりだ。

普段だったら歩くことに何の抵抗もないのだが、「帰るぞっ!」と気合を入れて歩き始める。

大げさだけど、体は弱ってしまっていて、本当にそんな気分なのだ。


リハビリを兼ねているつもりなので、あえて筋力を使う歩き方をする。

東海道を歩いたときの歩き方。一日に 20km を超えて歩くのであれば、普段とは歩き方を変えないといけない。


普通に歩いていると、足が接地するときはかかとが最初になるのではないかと思う。


でも、それだと 20km 歩いた時点で、足の裏が打ち身の状態になって歩けなくなる。

かかとから降ろすと、衝撃を和らげるクッションがないのだ。


長距離を歩くのであれば、足の先の方…親指の付け根のあたりから接地する。

この時、足首をばねにして、接地の衝撃を和らげるようにする。これで 20km 歩いても、足の裏は打ち身にならない。


その代わり、ふくらはぎとすねの筋肉が非常に疲れる。

頻繁に繰り返していれば、もちろん筋肉がついて問題なくなるのだけど。

(遠距離を歩く場合は、この部分に脚絆きゃはんを巻くとなおよい)


今回、筋トレを兼ねて、あえてこの歩き方で 2km を歩いた。



ついでに、肘を 90度に曲げて、大きく振りながら、普段よりちょっと速足で歩く。

これはエクササイズウォーキングの歩き方だ。エクササイズウォーキングの時は、本当は踵から接地が正しいのだけど。


しばらくやっていて、わかる。腕を動かす筋肉も衰えている。

筋肉が衰えているから疲れるのだけど、それはトレーニングになっているということでもある。




途中でコンビニにより、アイスを買う。

たった 2km の距離で途中に休憩をはさむこともないのだけど、疲れて動けなくなったらどうしよう、と心配していたので、計画時点から休憩を入れるつもりだった。


なんかうまいもん食ってやろう、とおもったが、家族に内緒で一人だけアイスを食べる良心の呵責に負け、アカギの BLACK バーにしておいた。70円。

いや、安いけどおいしいから、もともとこれ好きなんだけどね。



他には特筆すべきことは何もなく、ひたすら歩いて無事家に着いた。


普段からよく歩く道筋なのだが、ちょっと疲れた。

多分明日は筋肉痛。


▲目次へ ⇒この記事のURL

同じテーマの日記(最近の一覧)

その他

別年同日の日記

03年 マクドナルド

11年 クラウド

11年 Picasa WEB

12年 コメントへの返答


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています

ワクチン接種  2021-08-22 18:56:18  その他

▲目次へ ⇒この記事のURL

コロナのワクチン、1回目接種してきました。

市による接種なので、ファイザー製です。


もう少し早く接種できると良かったのですが、鎌倉市では50代への接種は始まったばかり。

あまり告知されていなくて、ひっそりと行われています。

(告知すると予約システムがパンクするので、気づいた人から順次…ということなのだと思います)


僕がコロナ治療中に、妻がワクチン接種が始まったことを見つけ、早速予約を入れました。


で、僕もお医者さんに「いつからワクチン接種可能ですか?」と聞いたところ、「今すぐ予約入れてしまって、当日体調が悪いと思ったらキャンセルしちゃってください」という指示。

まだ治療中だったのに、予約を入れました。


というわけで、治療が終わって1週間しか経っていないのに、ワクチン接種してきたわけです。


(3日くらい前までは、まだ疲れやすく、本当にワクチン接種して大丈夫か不安でした。でも、後遺症も徐々に良くなっていて、今日の朝には大丈夫だろう、と思える状態になっていました)




コロナに罹患したら免疫得られるんでしょう? と思っている人は多いようで、僕も仕事に復帰したら仕事先の人から聞かれました。


もちろん免疫は得られるのですが、ワクチン2回接種より弱いらしい、とどこかで聞いていました。

そんなわけで、罹患してもワクチンは接種する、というのは、以前から決めていました。


いろいろな記事を総合して考えると、ワクチン接種による予防効果(感染を防ぐ効果)は、1回接種で 70〜80% 、2回接種で 95% 程度。

これに対し、罹患した場合は 80% 程度だそうです。


参考:

1回接種でどの程度の免疫が得られるかの説明

感染とワクチンでどの程度の免疫が得られるかの説明




ワクチン接種は、待たされることなく終わりました。暇つぶしを持っていったけど、接種後の様子見の15分しか使う時間はありませんでした。


先に接種した妻からは、筋肉注射だから少し痛い、と聞いていたのですが、特に痛みも感じませんでした。


その後、まだこれを書いている段階では5時間しか経っていないのですが、副反応は出ていません。

妻は接種部位が結構痛くなったようですが、これは翌日だったので僕もそうなるかも。

(そうなったら、この記事の最後に追記します)




せっかくなので、この1週間での回復の話を。


呼吸時に咳き込むことは随分減りましたが、不意に咳が出ることはまだあります。

そして、話をしていると咳き込むことが増えます。

いずれにしても、肺炎の後遺症は回復傾向。


咳き込みが減った頃から、非常に軽い筋トレをはじめました。

家事の合間に静的スクワットやっているだけですけど。

(病気の前も、時々やっていました)


これも、最初は自分でも驚くくらい筋力が落ちていました。

以前みたいにできないの。少しやっただけで限界になってしまう。


でも、3日程度やっただけでも筋力の回復が自分でわかります。

同時にちょっと倦怠感が減った気がします。


コロナ後遺症とされる倦怠感が皆同じ原因ではないと思いますが、僕の場合筋肉の衰えが大きい気がします。

以前と同じことをやってもすぐ疲れてしまうので、それが「倦怠感」になっている。

だから、筋トレすれば改善する。もう少し筋力ついたら、リングフィットアドベンチャー再開しよう。


(リングフィット、途中で面倒くさくなって投げ出しています)




治療中の末期から、寝ていても妙にのどが渇いて、夜中に起きてしまいます。

これも病気の後遺症か、と思っていました。


しかし、妻から、寝ている時に いびき をかいている、という指摘がありました。

指摘された次の夜は、寝る時に意識して口を閉じるようにしたのですが、いびき は変わっていなかった、と言われます。


普通は寝ていても鼻で呼吸するのに、口呼吸になっているということですね。

疲れたときとかに いびき をかくことは今までもありました。

その時は、口を閉じるように意識することで、大抵は いびき は止まりました。


試しに、口を紙絆創膏で閉じて寝てみたところ、いびき は止まり、喉の乾きも無くなりました。


で、改めて妻から、「鏡を見ながら笑顔を10秒間維持」といわれます。

やってみると、顔の筋肉が疲れる。どうやら、表情筋も衰えているようです。


おそらく顎の筋肉も衰え、寝ている間に口を閉じていることができないのでしょう。

本当に、全身の筋肉が衰えているんだな…


しばらくは寝るときは口をテープで止めながら、顔の筋肉のトレーニングも行おうと思います。




翌朝追記


腕の痛み、出ています。

痛いといっても、筋肉痛のようなものです。動かしたり触ったりすると痛いけど、何もしなければ特に痛くない。

痛いときだって、ものすごい痛いわけでもない。


動かす、というのも、注射した部位の筋肉を使ったときだけ。

筋肉注射なのだから、筋肉が炎症を起こしたりしているのでしょう。コロナワクチン特有の症状ではなさそう。


しかしまぁ、記事の途中で「接種部位が痛くなったら追記」と書いたので、記しておきます。


▲目次へ ⇒この記事のURL

同じテーマの日記(最近の一覧)

その他

別年同日の日記

04年 大忙しです

13年 国立科学博物館

17年 夏の家族旅行 2017

17年 下田海中水族館

17年 とうてんぽーる

17年 アニマルキングダム・動物園エリア

17年 アニマルキングダム・遊園地エリア

17年 アニマルキングダム・2周目~帰路

19年 SVG うねうね

20年 iPhone SE 購入

20年 Lenovo Ideapad C340 購入


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています


戻る
トップページへ

-- share --

27000

-- follow --




- Reverse Link -