回し車を改造する

目次

はじめに

その1 磁石によるカウント

最初の問題点

その2 光によるカウント

新たな問題点

その3 新しい回し車

現在の問題点

終わりに


はじめに

唐突ですが、ハムスターを飼い始めました

飼い始めて最初に驚いたのは、なにも教えずとも躊躇無く回し車を回したことでした。あれは芸みたいなもので、教えないと回さないのかと思っていた…


昔飼っていたハムスターがまったく回さなかったもので (^^; 今回調べたところでは、回し車のサイズが合っていないと回さず、運動不足となるようですが。

で、あまりに良く回すので、どのくらい回すのか知りたくなりました。

LEGO LOGOの回転センサーを使えばできるだろう、とすぐに思いついたのですが、そのままでは回し車をカウントするためだけに、パソコンを一日中動かしておかなくてはなりません。

どうにかならないか…と考えること数日。自分で計数器(数をカウントする装置)を組み立てようかとまで考えたときにひらめきました。

家に改造しても良い計数器があるじゃないか!

数年前に買って今は使わなくなっている散歩計「てくてくエンジェル」なのですが、こいつを改造すればなんとかなりそうです。

こいつが噂の「てくてくエンジェル」
 一時期の万歩計ブームを作り出したゲーム(?)です。
 名前は散歩計となっていますが、これは万歩計が登録商標であるため。以降は歩数計と呼ぶことにします。


裏蓋を開け、どのようにカウントを行っているのかを調べてみます。

中に入った磁石が歩いた振動で揺れたときに、その磁気を感知してカウントを行っているようです。

さらに電気的なことを調べてみると、センサーは磁石が近づくと ON になり、離れると OFF となる単純なデジタルスイッチのようです。

このセンサーを、LEGO LOGO のような光センサーに置き換えるには…と調査を開始したところ、衝撃の事実が判明しました。

すでに同様の改造を行っている人がいる!

 しかも、かなり有名らしいです…もしかしたら特許ものじゃないかと考えていた自分が恥ずかしい…

 しかし、同時に光センサーなど無くても磁石で十分とわかったので改造してみます。実は、ハムスターが鳥みたいに磁石を嫌うんじゃないかと心配だったので (^^;;


その1 磁石によるカウント

まずは歩数計本体をばらします。磁石ははずし、センサーもニッパーなどで切り取ります。

はずした場所には電線をはんだ付けし、電線の先に切り取ったセンサーを取り付けます。

改造といっても回路を延長しただけですね (^^;


これがセンサー部分です。ガラス管のような部品はおそらくこれだけなので、誰が見てもわかると思います。


これが回し車です。おそらくどこの店でも一番安い値段で売っている、塩化ビニル製のものです。

内径は約13cm。一周回すと41cm走ったことになります。


裏に磁石をつけます。重さのバランスを考えて、2つつけました。

1周で2カウントされることになるので、1カウントは約20cmとなります。


てくてくエンジェルには、自分の歩幅を入れておくと歩数と掛け合わせて移動距離を出してくれる機能があります。そこで、歩幅は20cmとして登録してみました。

回し車を飼育ケージの金網に取り付け、金網の隙間にセンサーをセロテープで貼り付けます (^^;

回し車を回すと歩数計がカウントしました。問題なさそうです。


最初の問題点

取り付けた翌日、わくわくしながら歩数計をチェックします。(注:ハムスターは夜行性なので、主に深夜に回し車を回します)


およそ 600m 走ったようです。…そんなものなのか? 本には1日に10Km程度は走る動物とあったが…

その日の夜に注意して観察すると、ハムスターがいつものようには回し車を回さず、嫌がっているようです。


いろいろ確認すると、問題点がわかりました。

カウントのために取り付けた磁石によって、回し車が金網に引き寄せられていたようです。

それによって回し車の普通は接触しないところが接触し、回すとガタガタと激しく振動する上に、回すのに力がいるようになっていました。


早速改造。接触するのは仕方が無いので、それによって回転が悪くならないように、プラ板でワッシャ−を作ってやります。

…しかし、これも根本対策にならず。

実は、数日間悪戦苦闘したのですが、ワッシャ−は軟らかい塩ビの回し車を削ってしまうようです。さまざまなワッシャ−を作り、試しましたが、一番走る日でも 5km 程度。そんな日でも、見ていると以前のように喜んで走っているようには見えないのです…


次ページ: その2 光によるカウント


1 2 3 次ページ

(ページ作成 2002-04-17)
(最終更新 2004-03-23)

戻る
トップページへ

-- share --

2014

-- follow --




- Reverse Link -