Handy98は何を目指したのか?

前回で98HAの問題点を数々指摘しました。しかし、けなすためにわざわざ古い機械を引っぱり出してきたのではありません。98HAには、それなりにユニークな設計思想が読み取れるのです。

目次

98HAの目指すもの

Handy98の内蔵ソフト

Handy98のMS-DOS環境

MS-Works

RAMドライブとメモリマップ

疑似テキストVRAM


98HAの目指すもの

98HAは、当時流行していた「電子手帳」に対する、NECからの回答でした。シャープが先陣を切り、カシオが競争に火をつけたこの流行に、NECは完全に乗り遅れた形になりました。

そこで、1から新しい設計の機械を作るよりも、すでに実績のある9801を気軽に持ち運べる大きさに収めてしまえ・・・というのが98HAだったのではないでしょうか。

(PC電子手帳 PC-ETというのもありますが、あちらはNECホームエレクトロニクスだと思いました。同じNECグループですが、別会社です)


そのため、98HAは電子手帳的なスケジューラーをROMに内蔵しています。さらに、内蔵こそしなかったものの、本体に標準添付でIC-CARD版のMS-WORKSが付属していました。

また、そのフォルムもそれまでの「コンピューター」のイメージをくつがえすように、微妙な曲線を多用したデザインとなっています。

98HA閉じた状態
未使用時、蓋(ディスプレイ)を閉めたところです。大きな曲線がアクセントとして入っているのがわかると思います。また、左右部分はすこし膨らみをもった曲線で構成されています。(カメラの樽型歪みではありません)

蓋部分手前には「HANDY98」というロゴが、(写真の状態では)上下逆に刻印されています。これは、使用時に使用者以外から正常なロゴが見えるようにするためです。(ソフトカバーにも同じロゴが入っています)
また、実物を見るとわかるのですが、すべての角は大きく面取りされていて、一層98HAを曲線的なものに見せています。

もち歩くことがカッコいい・・・そのカッコよさは、いわゆるビジネスマンの「格好良さ」ではなく、オシャレとしてのカッコよさです。98HAの目指す到達点は、どうもそこにあったようです。

しかし、このような「カッコいい」携帯機は、時期早焦でした。当時はもちろん、いまでもこのような設計のマシンはあまり見かけませんし、ユーザーも求めていないようです。



この記事を書いた1997年3月時点では、「曲線」や「色」にこだわることはパソコンとして依然珍しいことでした。
その後、1998年夏の iMac のブームで、各社が曲線と色をデザインに取り入れようとしています。
98HAは1990年の発売ですから、10年近くも早すぎたのでしょうか。



Handy98の内蔵ソフト

98HAの電源を入れて最初に見る画面は、MS-DOSのプロンプトではありません。電子手帳を目指したパソコンらしく、カレンダーと時刻が表示されるようになっているのです。(当然、レジューム機能を使用すれば別の画面から始められます)


この画面は「Handy98メニュー」と呼ばれるもので、ここから各機能を呼び出せるようになっています。MS-DOSへもここから行くことが出来ますが、その話は後にしましょう。

Handy98メニュー
Handy98メニューの画面。画面右側に大きなカレンダーが、その上には時計がある。カレンダーにはスケジュールのある日を示す機能も付いている。
左側にはファンクションキーで何が出来るかの表示が並ぶ。F1でスケジューラー、MS-Worksが使用できる状態ではF2でWorks起動、F3でWorksのRAMドライブへのインストールとなっている。F10はMS-DOS。

Handy98メニューには「スケジューラー」機能がついています。(実際にはこの機能は別ファイルとして提供されていますが、画面デザインなどは統一されており、使用者には違和感なく使えるようになっています)


このスケジューラーは当時の電子手帳に比べれば遥かに優れたものでしたが、パソコンのスケジューラーソフトと考えるとお粗末なものでした。

1日の中を時間単位でスケジュール閲覧・書き込みをする機能を中心に、週単位、月単位でもスケジュールを確認できるようになっています。が、それだけです。「とりあえずダブルブッキングしておく」とか「長期に渡る計画を、期間で指定する」ような機能はありません。

ただ、携帯パソコンの特徴を活かし、時間が来ると電源を切っていてもアラームを鳴らしてくれる機能が、優れているといえるかもしれません。


98HAを特徴づける内蔵ソフトは、この「メニュー」と「スケジューラー」のみです。あとは「ROMに焼かれている」という意味で内蔵なだけで、98HAならでは、というものはありません。



Handy98のMS-DOS環境

まずROMに焼かれたソフトの中でも特殊な位置付けである、システムメニューから紹介しましょう。このプログラムは98HAのBIOSに内蔵されており、特に禁止しない限り、CTRL+GRP+HELPのキーを押すことで呼び出し可能です。

その内容は、実は単なるディップスイッチ設定です。当時の9801シリーズはディップスイッチでシステムの動作を切り替えるのが普通でしたが、98HAでは小型化のためにディップスイッチをメモリにもっているため、このような方法を取っているようです。


ROMドライブにはMS-DOS3.1のフルセットが焼かれています。通常のMS-DOSのセットだけでなく、N88(86)-日本語BASICまで入っています。

ただし、通常のBASICではなくBASIC(LT)と、最後に余分なものがついていますが(笑)(LT互換機なのであたりまえですが、BASICも9801との互換性は高くありません)


Handy98メニューから呼び出されるのは、MS-DOSの「メニュー」プログラムです。コマンドラインで使用するためには、さらにここからコマンドラインに降りなくてはなりません。

メニューには良く使う機能が登録されていますが、特に「CONFIG.SYSの変更」と「AUTOEXEC.BATの変更」は、メニューに用意されたプログラムを実行しなくてはなりません。

使いなれたエディタを使えないのは歯がゆいところですが、98HAではこれらのファイルがROMに焼かれていることを考えると、書き換えられるだけでもたいしたものです。

どうやら、通常状態ではROMの内容を、書き換えられたあとではRAMの内容を読みに行っているようです。詳しい仕組はわからないのですが、そのために専用のプログラムが必要なのでしょう。


漢字変換は悪名高い「NEC AI漢字変換」ではなく、その1つ前のバージョンである「NECかな漢字変換」が使われています。実のところAI漢字変換よりもかな漢字変換のほうが使い勝手が良いため、これは良い選択です。辞書はROMにもっていますが、ユーザー辞書や学習効果を記録するためにSRAMも併用します。


MS-Works

98HAには標準状態でMS-Worksが付属します。これはMicroSoftがWindows普及前に力をいれていた統合化ソフトウェアで、専用のウィンドウシステムの上で、ワープロ、表計算、グラフ作成、データベース、通信の5つの機能を使うことが出来ました。

IC-CARDに収められたプログラムは98HA用にカスタマイズされたものでしたが、ソフト自体は珍しいものではないので、くわしい説明は割愛します。


次ページ: RAMドライブとメモリマップ


1 2 次ページ

(ページ作成 1997-03-16)
(最終更新 1999-03-31)

前記事:Handy98     戻る     次記事:98HA memory map
トップページへ

-- share --

0000

-- follow --




- Reverse Link -