次世代ゲーム機戦争

今回は怪しげな噂をかなり織り交ぜてお送りします。

今までも噂レベルの話入れているけど、それなりに確認可能でした。

今回は、確認不可能な話題も数多くあります。


酒飲みながら聞いたような話もあるので、鵜呑みにしないように。

でも、当時の現場では信憑性をもって語られていたので、当時の雰囲気を残す記録として…


目次

セガ・サターン(別ページ)

サターンの3D性能(別ページ)

サターンのCPU(別ページ)

太陽系の惑星たち(別ページ)

細かな話題(別ページ)

もう一つのライブラリ(別ページ)

プレイステーション

解説:1991年の状況

サターン

ソニーの弱み

ナムコの立場

ソニーの広告戦略

クソゲーのしくみ

反論紹介(別ページ)


プレイステーション

まず、ソニーのプレステ製作話。こちらは結構有名なのでざっくりと。


ソニーはフィリップスと共同で CD を開発し、当初は音楽用メディアとして考えていましたが、デジタル記録なのでマルチメディア記録へと展開しようとします。


フィリップスは CD-i というマルチメディア機器…一応はゲームもできる…をつくりました。

えーと、昔バイトしてた会社で、海外のゲームローカライズ作業を任されたことありますが…まぁ、その話はいいや。


で、ソニーも CD-ROM のマルチメディアを作ろう、と任天堂に企画を持ち込みます。

スーパーファミコンの音源は、もともとソニーが開発したもの。ソニーと任天堂は、元々仲が良かったのです。


ソニーの持ち込んだアイディアは、スーパーファミコンに接続して CD-ROM を使えるようにする…ファミコンディスクシステムみたいなものでした。


近年公開された暴露話では、かなり強引に押し込んだのではないか、とのこと。

この機械は、開発コードネーム「プレイステーション」と呼ばれますが、この時点ではスーファミの周辺機器です。


先ほど書いた「バイトしてた会社」で、この時期の任天堂の開発用資料を見たことあります。
サードパーティに対して「こんなの作る予定だよー」という程度の数ページの書類で、スペック詳細はありませんでした。
でも、DSP 積んで3D演算を可能にする、というのがあって、CD-ROM で大容量化するよりもこちらの「演算能力向上」のほうが重要そうに見えました。

1991年の夏、6月の1・2日(土日)に、CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー。世界最大の家電品見本市)が行われています。


まず、任天堂は前もって、CESの発表内容を公表したようです。

アメリカの新聞、シアトルタイムズが5月31日付で、報じたのは任天堂、フィリップスとCDゲームで提携という内容。

内容は、フィリップスの発売する CD-i の発売時タイトルとして、任天堂がゲームを提供する、というもの。


これ、現実には任天堂はキャラクターを貸し、フィリップスがゲーム開発を行う、というものでした。

任天堂のゲームだと聞いて多くの人が期待したのですが、今となってはマリオやゼルダの「最低のゲーム」と言われています。


この内容は、CES初日に、フィリップスのブースでも発表が行われました。

「任天堂とゲームを共同開発する」という発表でした。


一方、同じくCES初日に、ソニーブースでは「任天堂用に CD-ROM システムを作成する」と発表しています。




日経の誤報…ここで、些細な勘違いがおこり、運命が狂い始めます。

翌日、6月2日の新聞に、大誤報が掲載されるのです。


任天堂 ゲーム機専用CD機器 フィリップスと開発

ただし、ソースは日経、です。


右の画像は記事の抜粋。クリックで拡大します。

ゲーム機専用CD機器…って、つまりは、CD-ROM ドライブです。

それを、ソニーではなくフィリップスと開発している、という記事。明らかに、2つの発表が混ざっちゃってます。

誤報だと思って記事を書いたのですが、この記事を公開したことで情報が寄せられました。
どうも、日経は間違ってはいない様子。

追加調査したところ、裏に複雑な事情が見えてきましたが、まとめるのにすこし時間がかかりそうです。

ところで、日経新聞は世界的な配信網を持っていて、アメリカにいても日本と同じ新聞を入手できます

そして、CESの会場入りしていたソニー側スタッフは、この記事を見て慌てます。


ソニーとしては、スーファミ用 CD-ROM ドライブの生産の準備は着々と整っており、1億円以上かけて金型などの作成も終わっていたそうです。

CES会場でも、開発で任天堂と合意していることを発表しました。

にも関わらず、任天堂は最大のライバルであるフィリップスと開発を行う、というのです。世界中の人々の前で恥をかかせる、裏切り行為でした。


すぐに事実確認が行われれば、これが誤報であることがわかったでしょう。

しかし、この時はよほどの衝撃だったようで、情報が錯綜し、事実の裏付けが取れないままに事態が進んだようです。

細かな経緯はわかりませんが、ソニーは任天堂に強い不信感を持ち、CD-ROM ドライブの生産は中断されます。




その後交渉が再開されますが、時すでに遅し。

CD-ROM はソニーが任天堂に強引に売り込みを行ったものでした。任天堂はもともと速度の遅い CD-ROM には懐疑的で、CD-ROM ユニットも開発中だった「3D機能」の提供方法として考えていました。


当初は3D機能は高価になりそうだったので「外付けユニット」として考えていたのでしょう。しかし、おそらくソニーと仲が悪くなった間に、「CD-ROM 無しで3D機能は提供できるか」が検討されたのだと思います。

結果は「ROM カートリッジに個別に入れても十分採算に合う」。この後、3D機能は「スーパー FXチップ」と名付けられて、ROMカートリッジに搭載する形で使われていきます。


この後もソニーとの交渉は何度か行われたものの、CD-ROM は発売されませんでした。


それでもソニーはあきらめません。スーファミとは関係なく、ゲーム機を1から開発する道を選びました。


…というか、開発チーフの久夛良木(くたらぎ)さんは、自由にゲーム機を作れる状況を楽しんでいたのではないか、という証言もあります。


任天堂と共同研究しているときには、2Dの機能は不要でした。

2Dはスーパーファミコンが十分な性能を持っているためです。CD-ROM アダプタは3Dに特化した性能を持っていました。


これは、そのまま独自のゲーム機「プレイステーション」にも引き継がれることになります。

プレイステーションは2D機能が弱く、3Dに特化したハードウェアでした。



プレイステーションはスーファミ CD-ROM の開発名でしたが、念のため世界中で商標登録していたそうです。
これが、そのまま後の製品名となります。


次ページ: 解説:1991年の状況


1 2 3 4 5 次ページ

(ページ作成 2014-10-25)
(最終更新 2015-10-15)
第2版 …他の版 初版

前記事:もう一つのライブラリ     戻る     次記事:反論紹介
トップページへ

-- share --

34000

-- follow --




- Reverse Link -