いやぁ、ここしばらく仕事が忙しくて、疲れました。

疲れたときには甘いものが一番。なんかデザートでも食べたいですね。


で、まだ仕事が忙しかったときから「仕事が終わったら作ろう」とスクラップしておいた新聞記事から、バナナをつかったデザートを選び出しました。

バナナなんかは特にエネルギーになりやすいっていうし、火を通したバナナっておいしいんだよね。

バナナフランベ

最初に白状しておきましょう。この料理、新聞のレシピを読んで「簡単でおいしそう」と思ったのですが、間違っておりました。おいしいのは確かだけど、簡単ではないの。写真は失敗ぎみ。

その難しさは、すべてにおいてスピードを要求されるところです。なんでも、元々フランスのレストランでお客さんの目の前で手際よく作って見せるデザートとか・・・

材料(2人分)
バナナ4本
バター30グラム
グラニュー糖30グラム
くるみ20グラム
オレンジジュース1/2カップ
生クリーム1/2カップ
角砂糖4個
ブランデー少々

オレンジジュースは少し多め、バターは少なめのほうが美味しいとおもいます。

ブランデーはのかわりにオレンジリキュールでも良いそうです。

なお、写真は1人分。半分の分量で作っております。

作り方

1.材料を用意する

スピードが勝負の料理なので、材料をあらかじめきっちりはかり、カップに入れて置きましょう。(私はこれをやらなかったのが失敗だった)

バナナは皮をむいて置いておきます。くるみは荒く刻んで置きます。

角砂糖は少量のブランデー(またはオレンジリキュール)に浸しておきます。

料理用に、大きめのスプーンとフォークを用意しておくと良いでしょう。


2.フライパンにバターを溶かし、グラニュー糖を入れる

火は中火で。

グラニュー糖を入れて少したつと、すぐに焦げ色が付きはじめます。そうしたらくるみを入れ、すこし混ぜたらすぐにバナナを入れます。バナナは途中で裏返し、両面焼きます。


3.オレンジジュースと生クリームを入れる

バナナを両面焼いているあいだに、グラニュー糖が焦げてカラメル状になり出します。そうしたら、オレンジジュースと生クリームを入れて薄めます。

全体に馴染むようにかき混ぜ、バナナも裏返して両面をソースに浸し、取り出します。


4.ソースを煮詰める

バナナを取り出した後のソースを再び煮詰めます。

まただんだんと色が濃くなり、茶色く、トロリとしてきたら火から離し、皿に置いたバナナの上から掛けます。長く火に掛けているとキャラメルになってしまうの注意。


5.盛り付け

バナナの上にブランデーに浸した角砂糖を置き、テーブルへ。

食べる前に角砂糖に火を付け、フランベします。お部屋の電気は消してどうぞ。

料理の名前からするとこの最後が重要なのだろうけど、たまたま角砂糖がなかったので、写真ではやっていません(笑)



見た目は悪い・・・バナナは熱で溶けかかってデロデロだし、焦げた色でもろもろのソースはかかっているし、とてもまずそうなのだけど、これがなかなか美味しいデザートです。

でも、分量って、1人バナナ2本なの? 私は2本も食べたら、それだけでお腹一杯になっちゃうよ!

(ページ作成 1996-12-14)

戻る
トップページへ

-- share --

0010

-- follow --




- Reverse Link -