揚げだし餅

お正月も3が日を過ぎるとお雑煮も食べなくなるし、焼餅やおしるこももう飽きたし・・・でも、まだお餅が残ってる。そんな人はいませんか?

今回の料理は「揚げだし餅」。僕はこれが大好きで、餅のある季節には良く作ります。すごく簡単でおいしい料理です。

材料(2人分)
2個
だし汁400cc
大根適当
ネギなどの薬味適当

いきなり「だし汁」が材料なのが卑怯ですが、今は瓶入りの濃縮だしとかあるからねぇ。こだわる人は自分でつくってね。


作り方

1)大根をおろす

単に大根おろしです(笑)

ネギも切っときましょう。うちには常に、細ネギの小口切りがあるのでそれを使います(手抜き)。

お好みにあわせて白髪ネギでもいいですし、三ッ葉を使うなんてのもおつです。

2)つゆ をつくる

濃縮だしをお湯で薄めて、温めましょう(すげー手抜き・・・)

濃さはうどんの つゆ くらいに。そのまま飲んでおいしいくらいね。

材料に書いてあった量は「つゆの量」なので、400ccの濃縮だしを薄めたりしないように(笑)。


3)餅を油で揚げる

こんがりと、きつね色になるまで揚げましょう。低温でこんがり揚げれば、なかまで柔らかくなっているはず。

料理慣れしている人には言うまでもないけど、フライパンにちょっと油が入っているだけで十分揚げることが出来るからね。裏表、順番に揚げればいいんだから。


4)盛り付ける

丼の中央に揚げた餅をおいて、つゆを注ぎます。

餅の上に大根おろし、薬味を乗せて、温かいうちにお召し上がりください。

写真では、なんともお洒落なことに柚が乗っています。普段はこんなこったことしません。



中が柔らかくて表面がサクサクとした餅と、大根おろしの辛味のついた つゆ がからんで絶妙のおいしさです。

ぜひ試してみてください。おいしかったら感想ちょうだいね。

(ページ作成 1997-01-05)

戻る
トップページへ

-- share --

0010

-- follow --




- Reverse Link -