ラタトゥイユ

♪夏がく〜れば思い出す〜

ここ数年、夏になると作っている料理があります。それがラタトゥイユ。元はフランス・南プロバンスの料理らしいです。

フランス料理は難しいのだけど、南プロバンスの料理は事実上「イタリア料理」と考えてもいいくらい。大雑把に作ってもかなりうまいです。


元々フランス料理が難しい、っていうのは、悪い材料をどうやって美味しく料理するか、ということで料理方法が高度に発達したため。イタリアや南プロバンスなどは、地中海性気候で美味しいものに恵まれています。その分、材料さえそろえば作り方はかなりいい加減でも美味しいです。

材料

トマトの缶詰1缶
ニンニク5かけ
ベーコン5枚
茄子3本
ズッキーニ1本
きゅうり1本
ピーマン3個
玉ねぎ1個
ドライトマト10個
オリーブオイル適当
コンソメの元1個
塩コショウ好みに応じて
唐辛子好みに応じて
ラタトゥイユ材料 最初に断っておきますが、今回はこの分量で作った、というだけで、分量はかなりいい加減です。いい加減でも美味しい料理が作れる、という事ですが。

元々の料理のイメージは「トマトシチュー」だと思ってください。スープのようなシチューではなく、もっと煮詰めた濃いシチューです。

なので、トマトは必須。料理用のトマトなんて日本では手に入りにくい(日本のものはフルーツトマトばかり)ので、缶詰が良いです。ドライトマトはたまたま家にあったので入れましたが、香りがよくなります。

ニンニク・ベーコンは香りを出すために重要ですが、肉をまったく入れない「野菜のみ」のラタトウィユというのも良く紹介されているので、ベーコンは無くても良いかも。

茄子はメインの具ですので是非。切ったらすぐに水につけないと表面が酸化して汚くなります。

ズッキーニもメインですが、無ければきゅうりで良いでしょう。ここでは両方入れました。ピーマン・玉ねぎなどはお好みで…他にも、煮崩れてしまうような野菜であれば、好きなものをいれていいと思います。

作り方

1.材料を切る

材料を切る材料を小さく切ります。切って切って切りまくってください。

ニンニクはみじん切りに。ベーコンは小さめの適当な幅に。茄子は乱切りで、その他は1cm角くらいに適当に切ってください。最後には煮崩れることを期待しているので、見た目は気にしなくて良いです。

ドライトマトはぬるま湯で戻してから切るように。戻し汁はいいダシなので捨てないようにしましょう。


2.ベーコンとニンニクを炒める

ベーコンとニンニクをいためるベーコンとニンニクを炒めます。

たっぷりのオリーブオイルを鍋に入れ、温度が低いうちからニンニク・ベーコンを入れてしまいます。目的は香りを出すこと。ニンニクは焦げやすいので、「温度が高くなってから」だと焦げ臭くなります。

ベーコンもすでに燻製にしてあるので火が通っています。あまり火を通さないで次の手順へ。


3.その他の材料も炒める

全部炒める他の材料も入れて炒めます。

写真ではフライパンを使っていますが、鍋で直接炒めても構いません。今回、分量が多すぎたのでフライパンで少しづつ炒め、隣りに置いた鍋に移し変えていくようにしました (^^;

適当に火が入ればそれで良いです。この後煮込みますので。


4.煮込む

煮込む鍋で煮込みます。

野菜から出る水分だけで煮込む、というのが理想(?)です。今回、久しぶりに作ったので忘れていて、すこし水を入れてしまいました (^^; 焦げ付くのが怖いと思う人は多少水を入れてもいいと思います。

ちなみに、ドライトマトはここで、戻した水と一緒に入れました。辛いのが好きな人は、唐辛子を刻んだものなどをここで入れると良いでしょう。

適当なタイミングでコンソメを入れます。弱火でじっくり煮てください。最初の30分くらいは蓋をしておいて、その後は蓋を取って1時間くらい。煮詰めて水分を飛ばすようにします。煮崩れてしまうくらい火を通すのがいいです。


5.トマトを入れて、さらに煮込む

トマトを入れるトマトの缶詰を入れます。あ、缶詰ごと入れるのではないので念のため。ホールの缶詰の場合、手でぐちゃぐちゃ潰しながら入れると良いでしょう。

写真は、入れた直後に撮りましたが、もちろんかき混ぜます。そしてまた煮込んでください。今度は味がなじみ、増えた水分が多少飛ぶ程度に。15分くらい煮ればいいかと思います。あまり煮込んでもトマトの香りが飛ぶので。

最後に、味を見て好きなように塩コショウしてください。多分しなくても十分うまいです。僕は単純に味付け忘れましたが(笑)、十分うまかったです。


6.完成

完成完成です。暖かいままでも、冷やしても美味しいです。

どうやって食べるの? とわからない人もいるでしょうが、なんにでもあいます。写真では冷やしてトーストに乗せてみました。


暖かいまま、シチューのように食べてもいいと思います。カレーのように御飯に掛けてもあうでしょうし、冷たくても暖かくても、パスタに絡めてソースにするとうまいです。

冷やしうどんや蕎麦にかけて食べる、というのも聞いたことがあります。やったことは無いけど、まぁうまいでしょう。クラッカーに載せると最高の酒のつまみにもなります。


茄子・ズッキーニ・トマトなどを使うので、夏に作るのがいい料理です。冷やしてもうまい、というのがさらに嬉しいですし、冷凍も利きますから作りおきできます。いつも材料は適当に作るのだけど、絶対おいしいというのも嬉しい料理です。


(ページ作成 2002-07-27)

戻る
トップページへ

-- share --

0003

-- follow --




- Reverse Link -