2013年01月09日の日記です


続・Windows8  2013-01-09 11:55:36  コンピュータ

さて、トラブルがやってまいりましたよ。


先日書いたように、何の問題もなく Win7 → Win8 に移行できて、素晴らしいと思っていたのですが、多少のトラブルが…。


どうも、Windows Update に失敗するようです。


Win7 以前なら Fixit をダウンロードして、問題を検査・修復、という流れです。


Fixit って、存在を知らない人も多いようなのですが、Microsoft が配布しているツール群。

自分の症状を検索して、思い当たる節があったら、該当する「FixIt」をダウンロードして実行すると、問題点を自動的に検出して修復してくれます。



ところが、Win8 はここでも素晴らしい。

Windows Update に失敗してから、手動で「update」を起動してみたところ、自動的に問題点の検出・修復を行う流れになりました。

この時は気づかなかったのですが、自動的に起こったエラーのコードから該当する Fixit プログラムをダウンロードし、実行する、という流れになっているようです。手間いらず!


でも、僕の今回おこったトラブルでは、この修復に失敗しました。

「Windows Update コンポーネントを修復する必要があります。 未解決」という通知が…

ここで「解決済み」と表示されていれば自動修復された、ということで終わりなのですが、「未解決」なのです。


しかたなく、解決方法の情報を探し、ネットをさまよいました。

やっと該当しそうな Fixit を見つけ出して実行したら、さっき実行したプログラムと一緒でした。

(ここで、先に書いたように「自動的に該当するものをダウンロードしているらしい」と気づいた)



というわけで、現状では未解決のまま。

環境を残したままの修復インストール、という技が使えるのも Win8 のよいところなので、後で試してみようかしら。




Modern UI のほうも、いろいろと試してみました。


まずは、ガジェットの代わりになるものを…

自分は、時計とカレンダー、Google の ToDo list 、東京電力の電力使用率グラフ、CPU 稼働状況をガジェットで表示していました。


このうち、時計はデスクトップに表示されないと意味がないので、アプリを使用することにします。

CPU 稼働状況は好みのものが見つからなかったのと、別に必須ではないので見送り。



東京電力の電力使用率グラフは、「電力各社の」使用率を表示する Modern アプリがありました。

…起動は結構遅い。いちいち起動してみなくてはならない、というのであれば使いません。


でも、ここが Modern UI の素晴らしいところ。

「起動しないでも最小限の情報は表示できる」のです。Live Tile ってやつです。


必要とする電力会社を選択すると、その会社の電力使用率だけ表示してくれたので、設定して完了。



…以前も書いたけど、この Live Tile の仕組みは、ものすごく Wii 的。

任天堂が悩んで作ったインターフェイスは、結構良いものだったのでしょうね。


#ある意味 iPhone だって Wii のインターフェイスを真似しているわけだ。

 階層化は行わず、整然とアプリを並べ、アプリに更新情報があればアイコンで示し、横スクロールできて、画面一番下は固定情報、というインターフェイス。

 iPhone はその後階層化を取り入れたし、Modern UI は更新情報の表示を iPhone よりも Wii 的にした。

 Android はガジェットが置けるのでかなりインターフェイスが異なる。




でも、Modern UI は現在のところゲームに使うのが一番のようだ。

先に書いた通り、全画面を覆ってしまうインターフェイスはゲームに向いている。


マイクロソフト製の、Pinball FX2 と Solitia をダウンロードしてみた。無料。

まだダウンロードしてないけど、マインスイーパーもある。


…XP で人気だった付属ゲームを、しっかり復活させたね。

ただし、付属ではなくて「無料ダウンロード」だけど。


ここで、付属品でないのにはちゃんと意味がある。

Pinball FX2 は、ピンボールの物理シミュレーションエンジンがコアであり、テーブルのレイアウトはデータに過ぎない。

そして、無料で遊べるテーブルは1つだけで、別売りのテーブルがたくさんある。


「付属ソフト」だったら、OS に金払ってるんだから全部タダで遊ばせろ、という話になるかもしれない。

でも、Pinball FX2 は OS の付属物ではなく、「無料で配布されているソフト」だ。無料なのだから、どこかで儲ける仕組みがあっても、文句を言えるようなものではない。


#Pinball FX2 は X-BOX 360 でも販売されているゲームのようだ。テーブルデータは共通なのだろう。



Solitia も同じく。

基本ゲームは無料で遊べますが、「デイリーチャレンジ」というモードに入ろうとすると、30秒の広告動画を見せられます。同じモードを連続して遊ぶと、時々挿入されます。


無料だからこれくらいは我慢しないといけないのでしょうね。



Pinball FX2 も Solitia も、もともと僕がピンボールやカードの一人遊びが好きだという事実を差し引いても、よくできている。

というか、好きだからこそ、細かな部分まで作りこまれていることに好感が持てる。


多分、マインスイーパーも、マインスイーパー好きには大喜びできる進化を遂げているのだろうな。



同じテーマの日記(最近の一覧)

コンピュータ

関連ページ

マインスイーパー【日記 13/01/15】

続々・Windows8【日記 13/01/10】

別年同日の日記

03年 Mac の新しい WebBrowser

17年 Android の cordova で file を扱う


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています


戻る
トップページへ

-- share --

0000

-- follow --




- Reverse Link -