2018年07月25日の日記です


ハムスター死去  2018-07-25 17:25:28  ペット

ペットのハムスター「くろちゃん」が死んだ。


我が家に来たのはいつだったかな…

先代が死んだのは、2015年11月17日だったようだ。


もうずっとハムスターを飼っているので、いない寂しさに耐えられず、1カ月以内には購入しているはず。

どうやら、2年7か月ほどはいたようだ。歴代最長寿。




とても変わった仔だった。

いろんなハムスターを飼ってきたので、結構性格が違うことはわかっている。


食べ物に執着しない仔だった。

そもそも、ハムスターにもかかわらず、頬袋を使って餌を運ぼうとしない。


少しくらいは運ぶこともあったのだけど、基本的に餌置台でそのまま食べる。

餌が多すぎればそのまま残しているので、えさの量の管理がしやすかった。


とても人懐こく、手を出せば乗ってきた。

指をかむようなことはしない。


起きているときに檻をのぞき込めば、それだけで寄ってきた。

でも、上に書いたように餌に頓着しない。餌を渡しても、捨ててしまう。


それだけ人懐こいと活発なのか、というと、そうでもなかった。

寝ていることも多く、2~3日姿を見ないこともしばしば。


というのも、まだ半年くらいの若い時に、皮膚病を発病したからだと思う。

おそらく腫瘍。ハムスターにはよくある病気。


毛が抜け、弱っている気がした。

おそらくはその時に、弱っているところを見せまいと寝床にこもっていたのだと思う。


これは、1年もたずに死んでしまうかな…と思ったのだけど、なぜか治癒。

ハムスターには珍しい。普通、病気になると治らずに死んでしまうのだけど。


その後も、たびたび腫瘍のようなものができた…と思っては治るを繰り返す。

そのたびに死を覚悟するのだけど、乗り越える。


そして、歴代最長寿となったわけだけど、さすがにもう寿命なのだろう。

ここ1カ月くらいは、餌を食べる量が明らかに減っていた。

ペレットよりも生野菜が好きだったので、せめて好きなものを食べてもらおうと、野菜を多くあげていた。



昨夜、餌をあげようと思ったら、前日の餌がそのまま残っていた。

でも、寝床の中に動いている気配はあったので、まだ大丈夫…と思っていた。


しかし、今朝見たら、回し車の前で仰向けになって死んでいた。


起きているときは、回し車の上がお気に入りの定位置だった。

たとえ回さないでも、乗っていた。

乗ろうとして、もう力が出ずに仰向けになってしまったのかもしれない。




中1の長男が今日は部活の登校日だったので、帰ってきた午後に葬儀を行った。

庭にある、歴代ハムスターの墓を、歴代のハムに祈ってから掘らせてもらう。


そして、好きだったトウモロコシと一緒に、死んだハムスターを埋葬した。

小5と小3の長女・次女は号泣だった。二人とも、良く世話をしてくれていた。



多分またすぐに飼うのだけど、夏には家族旅行を予定しているので、それ以降に。

まだ小さいうちは心配なので、1泊でも家を空けるのは怖いから。



同じテーマの日記(最近の一覧)

ペット

別年同日の日記

02年 マクドナルド

03年 またまた久しぶりに日記

04年 姓名判断

13年 プリキュアミュージカル


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています


戻る
トップページへ

-- share --

0000

-- follow --




- Reverse Link -