2001年11月16日の日記です


11/15  2001-11-16 00:43:51  料理

11/3の日記に書いたのだが、彼女が近所のスーパーのクイズに正解し、フルーツ詰め合わせをもらった。

その中に「オロブロンコ」という柑橘があった。食ったことがない果物だ。


たまたま最後に食べることになり、先日やっと食べた。

で、切って驚いた。回りはでかいのに、中身は小さい。夏みかんの大きさなのに、中が普通のみかん、というとイメージがわくだろうか?

つまり、皮が異常に厚いのだ。


なんだこりゃぁ、と思いながら、次に思ったのは「これはもしかして、皮を食う食べ物ではないのか?」ということ。

金柑とかは皮を食うし、ザボン漬けだってオレンジピールだって皮を食う。


ってわけで、中身はしっかり食った後、ザボン漬けならぬオロブロンコ漬けをつくってみる。



まずは苦味抜き。柑橘類の皮は、知ってる人も多いだろうが非常に苦い。

皮の表面を剥いて水に一晩さらす…のだが、翌日は忙しかったせいもあり、結局1日半水にさらした。(時々水を替えた)

その後煮込み、再び水にさらす。これも水を変えながら、今度は30分ほど。


齧ってみると苦味がかなりなくなっていた。


分厚い皮はスポンジのように水を吸う。

そこで、ぎゅっと絞る。最初は大きかったのに、悲しくなるくらい小さくなる。ほんのちょっとになってしまった。


砂糖と水を入れて煮込む。このときは、砂糖はかなり少なめにしておく。

砂糖は分子が大きいので、いきなり濃くすると中まで染みないためだ。

しばらくは煮込み、その後煮詰める。


ここまで来て気づく。しまった、写真とっとけば「男の料理」を更新できたのに(笑)

ページ復活してからまだなにも更新してない (^^;


水分がなくなったら、一度出して新たに砂糖と水を煮る。今度は濃い目に。

そして、完全に砂糖が溶けたら再び皮を入れて煮る。

どんどん煮詰める。スポンジのように水分を吸っているので、時々押して水を出して蒸発させる。


表面に自然に砂糖が結晶してくるようになったら完成。グラニュー等をまぶす…らしいのだけど、ないので白砂糖をまぶす。

これは多分、表面の砂糖が水分を吸って最後の水抜きをするのだと思う。保存食なので徹底している。


食ってみたら非常にうまかった。思ったよりちょっとになってしまったのが悔やまれる。

手間はかかるが簡単な料理なので、まとめて作りたいところ。保存食だし。






同じテーマの日記(最近の一覧)

料理

関連ページ

「間違っている」は間違っている【日記 04/02/06】

新型!【日記 03/03/27】

別年同日の日記

09年 食育フェスタ

11年 tcc

12年 こんにゃく

13年 宮本茂 誕生日(1952)

14年 雑誌の発行日

15年 デイビッド・パターソン 誕生日(1947)

17年 ST-V 開発環境


名前 内容


戻る
トップページへ

-- share --

0000

-- follow --




- Reverse Link -