2013年02月03日の日記です


文旦  2013-02-03 10:49:59  料理
文旦

文旦を6つ、いただいた。


文旦って、名前は知っていたが食べるのは初めてだ。いただいたことは喜んだが、少し戸惑った。

とりあえず、普通にむいて食べればよい、といわれたのでそうしてみた。剥きにくい。


調べてみたら、文旦を剥くにはコツがあるそうだ。


赤道部分を一周、切り込みをいれ、親指をいれて皮を1周、少しづつ剥く。

つづいてぐるぐると何周も、深く剥いていく、無理をしなければきれいに皮がはがれる。


なるほど、面白い。


さて、中身を食べた後の皮がきれいだ。もったいない。


というわけで、文旦漬けを作ることにする。

いま水につけて苦みを取っているところ。


朝からつけているので、昼過ぎには料理開始してみようと思うが、完成は夜だろうな。



#写真は、一番上から みかん 八朔 文旦。

 子供は「ゆきだるまみたい」と大喜び。




午後になって追記。


10年も前に書いた自分のレシピを見ながら作ってみた。

書いた当時は料理慣れしていなかったので、どこかにあったレシピを真似しただけだったのだが、今見てみると結構無駄がある。


というわけで、料理ページのレシピを追記した。



同じテーマの日記(最近の一覧)

料理

関連ページ

オロブロンコ漬

文旦の飾り剥き【日記 13/02/06】

別年同日の日記

04年 鬼は外

16年 ガストン・ジュリア 誕生日(1893)


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています


戻る
トップページへ

-- share --

0000

-- follow --




- Reverse Link -