2002年08月13日の日記です


音楽な1日  2002-08-13 22:52:12  その他

家の近所で矢野顕子リサイタルをやるので見に行った。(と気軽に書いているが、チケットは2ヶ月も前に購入してある)


僕は別に矢野顕子のファンではないが、CMなどに使われる歌を聴いて良い歌だな〜くらいには思う。妻は矢野顕子の歌は好きだが、コンサートを見に行くほどではない。

それでも、家から自転車で15分程度のところに来るというのであれば、気軽に聴きにいけるというものだ。


歌手のことを「知っているか」といわれると、僕は大抵「知らない」と答える。

浜崎あゆみを知っているかと聞かれて「知らない」といったら驚かれたことも有るが、もちろんその人を知らないというわけではない。その人がどういう活動をしているのか、その詳しいところは知らない、ということだ。



矢野顕子の歌は、先に書いたとおり CM 曲くらいしか知らない。たしか高校のころにちょっと(やはりCM曲から)興味を持って音楽に詳しい友人に尋ねたら「あの人はアルバム曲は変なのばかりだから、素人にはお奨めできない」みたいなことを言われたので、「変な曲を書く人なんだ」程度の認識しかない。


で、今日聴いてみた感想は、たしかに変な曲だった。でも、いい曲だった。

僕が気に入る曲は大抵、歌詞にストーリー性を感じられる曲だ。矢野顕子の曲はストーリー性はあまり強くなく、言葉の響きで遊んでいる印象をうける。なので強烈に気に入るものではないのだが、声の伸びと楽しげに演奏するピアノがあいまって、非常に印象に残る。



ゲストに The BOOM の宮沢和史さんが来ていた。

というか、出てきたときは誰かわからずに、妻に「BOOM の人」といわれて納得したのだが (^^;

BOOM も、メジャー曲は好きだが、「知らない」としかいえない程度の知識しかもっていない。


なんか、仲良いらしいね。知らなかったけど。




リサイタル終了後、街を歩いていたら駅前でストリートミュージシャンが演奏していた。

中南米音楽のバンド。演奏で人を集め、CD を販売している。


たしか、もう4〜5年前にもこの周辺の駅で良く見かけたような…

おそらくは日本全国を回っていて、久しぶりに戻ってきたのだろう。


さまざまな楽器を使って演奏していたのだが、一見ウクレレに見えた楽器が「12弦ミニギター」だった。

ミニギターは見たこと有るし、12弦ギターも知っているが、それを組み合わせたものがあるのは知らなかった。


中南米の音楽なのでケーナなども使用していたが、ケーナの音が非常にはっきり出るのがいまいちな感じ。

ケーナの音のイメージって、もっとノイズ成分の多い「風」の感じなのだけど…ケーナという言葉自体、風の意味だし。



しかしまぁ、しばらく聞いていたらいろいろな曲調を演奏できるようだし、CD を買ってあげた。3000円。まだ聞いてない。




同じテーマの日記(最近の一覧)

その他

別年同日の日記

14年 電子メールの誕生日(1982)

15年 人材交換

18年 夏祭り

19年 プログラム合宿


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています


戻る
トップページへ

-- share --

0000

-- follow --




- Reverse Link -