2009年12月04日の日記です


風邪  2009-12-04 16:24:54  家族

最近風邪の記事ばっかり書いている気がしますよ。



長男(5歳)が風邪惹きました。

これが、ちょっと長くて1週間たっても治らない。


そもそもは先週の土曜日。

妻が保育園PTA の仕事で忙しく、僕が子供たちの相手をしていました。


長女(2歳8ヶ月)は昼寝してしまい、長男は「パソコンでゲームしたい」と。


普段はこんなことは言いません。

待機児童だった2歳代の頃に、家の中で遊んでいてパソコンのゲーム(ドーラのページ)を良く遊ばせてあげてはいたのですが、その後「パソコンはお仕事に使う大事な道具」だと認識し、遊びたいということはありませんでした。


PCで作業中の状態だったので「仕事中だからダメだよ」と言ったら泣き出しそうに。

仕方なく、「じゃぁ、別のゲームをやらせてあげよう」と、Wii で「乱戦!ポケモンスクランブル」の体験版を…


5歳児にはきっと難しく、体験版で1年遊べるのではないか、と思っていたのですが、すぐに操作を習得し、体験版で遊べるところまでクリア。

その後も「もう一回やる!」と、3回ほど遊びます。


その間に長女も起き、おやつの時間になったので中断。

おやつの後「もう一度遊ぶ」というので、「部屋を片付けてから」と約束します。


実は、ここでちゃんと片づけが出来たら、製品版かってあげても良いかな、という心積もりでした。

が、長男は少し手伝っただけで、「疲れた。眠い」と寝てしまいます。




夕食時に起き、なんか調子悪そうなので熱を測ると、37度6分。

後で考えれば、パソコンで遊びたいと言い出したのも親に構って欲しかったからだし、すぐ泣きそうになったのも体調が悪かったから。


翌日には最高で40度2分まであがり、深い感じの咳も出ます。

そして、食べたものを吐き、食欲も無いです。


保育園で3日前にインフルエンザの発症者が出た(蔓延しているこの社会状況なのに、3人目の発症者というのは善戦)と聞いていたので、「インフルエンザか?」と思いましたが、行きつけの小児科は日曜で休診。



月曜日には再び37度代まで下りましたが、念のため病院へ。

診断の結果「インフルエンザではないです」と、吐き気止めの薬だけ処方されます。


火曜日、僕は仕事で外出。

妻によれば、また39度4分まで発熱し、本人もグッタリした感じだったとのこと。

また、咳が更にひどくなっています。



熱が2回ピークを迎える「二峰性発熱」はインフルエンザの特徴。

2度目の発熱の頃、咳がひどく出るようになるそうです。

また、インフルエンザの簡易検査キットでは、3割程度は陽性でも陰性と出てしまうとのこと。


…やっぱりインフルエンザかも?


と疑いながら、水曜日に再び医者へ。

実は、次女(8ヶ月)の予防接種の予約があったため、「ついでに」見せる形を取りました。



今度は咳止めが処方されます。

解熱剤は出ません。初回もそうだったけど、お医者さんもインフルエンザの可能性を警戒している気がします。

(インフルエンザでは、解熱剤を使うことで重症化することがあります)




そのまま、37度台で熱は推移し、咳がひどいのも治りません。

夜など咳のために2~3時間おきに起きてしまい、本人も辛そうです。

(時々、咳のあとに泣き出します)


金曜になって、やっと熱は下ってきました。



散々咳をしているし、近くで兄弟も親もいるのに、インフルエンザは発症しません。

ただ、(自分も含め)喉が多少痛くなり、発熱は無い風邪にはかかっているようです。


つまり、やはりこれはインフルエンザではなく、喉風邪なのだけど、長男だけ気管支炎などになってしまって熱が出ているのではないか…と考えるようになりました。



咳止めは多少効くようで、咳が出なくなるわけではないのですが軽減しています。

なので、薬があるうちは様子を見て、週明けになっても治らなければもう一度医者に行くつもり。



子供が辛そうにしていると、替われるものなら替わってあげたいと思います。

なんか、自分にも人並みの親の感情があるのだな。



ただ、こっちも夜中に何度も起こされるので、寝不足でふらふらです。




同じテーマの日記(最近の一覧)

家族

関連ページ

ポケモンスクランブル【日記 10/01/15】

風邪その後【日記 09/12/13】

別年同日の日記

01年 12/3


名前 内容

【MNY】 同じ様な感じでしたが3度目に陽性とでました (2010-02-05 19:12:47)


戻る
トップページへ

-- share --

0000

-- follow --




- Reverse Link -