2005年12月の日記です

目次

05日 子連れで外食
07日 同時接続数規制
28日 サンマルク


子連れで外食  2005-12-05 10:52:46  料理 家族

▲目次へ ⇒この記事のURL

12月2日のこと。


妻の誕生日で、なにかお祝いをしたいと考えていた。


子供がいて美味しいものを食べに行くのもままならないので…いや、その状況だからこそ、たまには美味しいものを食べられないか?


数ヶ月前の新聞で、最近は託児所付きのレストランというのも出始めている、という記事は読んでいた。

そこまで行かずとも、近所で子連れOKな「ちょっと高級な」店は無いものか?



調べてみると、藤沢に子連れOKのフランス料理店があるらしい。

ここでも行ってみようか…と詳しく記事を読んでみる。


子連れでもいいとはいえ、マナーは守ってほしいとのこと。

当然の主張だが、うちの子供の普段の食事の様子を見ていると、奇声を上げたり走り回ったりすることも予想される。

これはちょっと難しいか…フランス料理には惹かれるものもあるが。




情報を探している最中、サンマルクの鎌倉店があることを知る。

以前に別の場所で一度だけ入ったことがあるのだが…ちょっと高級なレストランではありながら、チェーン展開していることもあり、ファミレス的な感覚もあるレストラン。


子連れでも大丈夫らしいし、焼きたてパン食べ放題なので、パンが好きなうちの子供にはいいかも。

しかし、ファミレス的だからこそ、他のお客さんに迷惑がかかると困る…





去年一昨年の結婚記念日に料理を食べた「バロッコ」に行けないか考えてみる。


すでに行った事のある店だからわかるが、平日の午後2時くらいなら、それほど人は多くないはず。

店内におもちゃをたくさん飾るような店なので、子供にも寛容だと思いたい。


知らない店に行くよりは、知っている店のほうがいいだろうと思い、バロッコのメールアドレスに質問を出してみる。


1) 1歳3ヶ月の子供がいるんですが、子連れでも大丈夫ですか?

2) 念のため、子供の食べなれているものや麦茶など持って行きたいのですが、大丈夫ですか?

3) 子連れでも迷惑にならない時間帯を教えてください。



返事は、子連れでもかまわないし時間帯もいつでも、という優しいものだった。

ただ、やっぱりレストランなので持ち込みは基本的にダメ。「目立たないようにしてね」という玉虫色の答えだった…




というわけで、12月2日はバロッコでランチ。


基本的に日替わりの「バロッコランチ」と、バロッコに来たらこれを食べなきゃ、の「ゴルゴンゾーラチーズとリンゴのリゾットランチ」を頼む。

オプションで、妻が食べたいといったジャガイモのポタージュと牛筋肉のビール煮も。



すぐにスープと前菜が運ばれてくる。

実は、注文してから出てくるまでの「待ち時間」に子供が飽きてしまい、大騒ぎするのがが一番怖かった。


2人別々のコースを頼んだわけだが、「お互いに取り分けて食べる」ことを考慮して、取り皿を2+1(子供用の小さいもの)用意してくれたのも非常にありがたい。

しかも、子供の手掴みに対応して、濡れティッシュまで用意してくれる細やかさ。



少しづついろいろな種類がのった前菜を取り分けてあげると、子供は大喜びで食べる。

その後の料理も、騒がずにおとなしく食べ続け、一応持っていった子供向けのお弁当も、結局使わずに済んだ。

(おとなしく食べている…と思っていたパスタを、結構床に落としていたのは食後になって気づいた)



デザートの時には、オルガニートで「Happy birthday」の演奏をしてくれた。

そういえば、初めてこの店に来た時、別の席でやっていたっけ…誕生日の人に対するサービスらしい。


この演奏に、子供がすごく目を輝かして見ていた。

興味あるのだろうなぁ。僕譲りの性格なのかも。



これで合計4千円。

誕生日祝いとして最初に考えていた予算は「1人5千円以内」だったので、かなり安く済んだが満足いく内容。



以前から料理がおいしくて大好きな店だったけど、子連れにも細やかな対応があることがわかり、余計に好きになりました。


▲目次へ ⇒この記事のURL

同じテーマの日記(最近の一覧)

料理

家族

関連ページ

ささやかなお祝い【日記 06/12/14】

サンマルク【日記 05/12/28】

別年同日の日記

02年 夢占い

03年 高速?

04年 潜入!巨大眼科

09年 google DNS

12年 水星とプラネタリウム

13年 一眼レフ購入

15年 サーバ故障

15年 たくさん交換


名前 内容

同時接続数規制  2005-12-07 15:37:31  コンピュータ

▲目次へ ⇒この記事のURL

このページを公開しているWEBサーバーに、同時接続数の規制プログラムを入れました。


といっても、普通に使っている人にはほとんど問題の無い話。

ここで記すのは「普通じゃない」使い方をしている人に対するお詫びです。




2週間ほど前のことになりますが、WEBサーバーが外部からほとんど接続できなくなったことがありました。

調査したところ、通常では考えられないほどの接続がありました。


WEBサーバーのプログラムは、1つのプログラムで1つの接続にしか対処できません。

そのため、多数の接続が在る場合には自動的に「自分自身のプログラムを増やす」ことで対処します。


問題の出た時は、多数の接続を処理しようとしてプログラムを多数起動したところ、メモリが足りなくなってハードディスク上でSWAPを起こし、全体の速度が低下するために余計に接続を処理できなくなり新しいプログラムが起動…という悪循環を起こしていました。


この設定は私のミスでした。現在では、同時に起動できるサーバー数が適切に制限されており、メモリが足りなくなるほどプログラムが動くことはなくなっています。




しかし、昨日また同様の問題が起こりました。

今度は、一人の方がサイト内の全内容を取得しようとして、同時に30程度の接続を行っていました。

これによって、起動可能な全サーバープログラムが一人の人に占有されてしまい、ほかの方がほとんど接続不能な状態になりました。


一人の不適切な利用者のために他の方が迷惑をこうむるのはよくない状況です。

なによりも、公開サーバーは私の仕事でも使用しているため、私の仕事にも支障をきたす可能性がありました。


そこで、一時的に「その方だけ」接続を拒否する設定をさせていただきました。



通常の使用方法では、一人の方が30もの接続を同時に行うことは無いはずです。

Windows の IE の場合、通常の設定では同時接続数は2つに制限されています。

(設定を変えるソフトによって同時接続数を増やすことは可能です)



そこで、サーバーにプログラムを追加して、同時接続数の制限を行いました。

制限にかかった場合、接続はエラーとなります。


WEBブラウザの同時接続数を極端に上げている方の場合、今回の制限によって一部の画像が表示されないなどの弊害が出るかもしれません。

その場合は、お手数ですが同時接続数の設定を見直してみてください。



制限値は、通常の使用では問題のない程度の数に設定していますが、将来変更するかもしれません。


2005.12.9 追記

IE の同時接続数が2である、というのはRFC2068に書かれていることが根拠になっていました。


この RFC 文書の 8.1.4 章の最後の部分に、こう書かれています。


A single-user client SHOULD maintain AT MOST 2 connections with any server or proxy.

(シングルユーザーのクライアントは、サーバーまたはプロクシに対し、最大で2接続を維持すべきである)



…これは、HTTP 1.1 に対しての話で、HTTP 1.0 は適用外ではあります。

私のサーバーは HTTP 1.1 に対応していますが、クライアントが HTTP 1.1 を知っているとは限りませんから、最大接続数を制限する時にこの数字を根拠にするのはあまりよくないかもしれません。


しかし、いまだに HTTP 1.0 を使用しているクライアントは「時代遅れ」であるとも言えます。

または、悪いことをするために最大接続数を2以上にしたいから、わざと時代遅れのプロトコルを使っているか。

申し訳ないのですが、時代遅れのクライアントに対して考慮できるだけの「資源」を私は持ち合わせていません。悪い人に対してはなおさらです。



IE の同時接続数は、簡単に2以上に増やせます。

しかし、これをやったときには「RFC 違反」となりますので、うまく WEB が閲覧できなかったとしても自己責任ということになるでしょう。



▲目次へ ⇒この記事のURL

同じテーマの日記(最近の一覧)

コンピュータ

別年同日の日記

01年 12/6

02年 中間決算

14年 ハイキング

15年 2つの格安SIM

15年 2つのSIMフリー スマートフォン


名前 内容

サンマルク  2005-12-28 13:20:57  料理 家族

▲目次へ ⇒この記事のURL

以前から行こうかどうしようか迷っていたサンマルクに、クリスマス(24日)に行って見ました。


すでに4日前の出来事ですが、メモ程度の日記を残しておきます。



ランチを食べに行きました。

クリスマスのなので、コースメニューしかないそうです。

また、サンマルクのHPにも書いてある「焼き立てアップルポテトパイ」を持ち帰りで頼んでみたのですが、この日は作っていないとのことでした。


それはともかく、サンマルクお勧めのコースと、レディスランチコースを頼みます。



分量は値段の割にはちょっと少なめ…

まぁ、その分おいしいのは確かです。焼きたてパンは各種あって食べ放題なので、足りない分はそれで補うというのがこの店の方針なのでしょう。


あらかじめ子連れだということを伝えて席を予約してあったので、子供がいることに対する対応は丁寧でした。

うちの子供はパンが好きなので、非常に喜んで食べていましたし。



200円払って会員になると、コースメニューなどは大幅に割り引かれます。

この日はコースしかなかったので、会員になったほうが支払いが安くなる状況でした。


会員になったからまた行くかというと、ちょっと微妙…

味と値段、子供を連れて行く気楽さでは、バロッコの方が良いような気も…



▲目次へ ⇒この記事のURL

同じテーマの日記(最近の一覧)

料理

家族

別年同日の日記

02年 ページレイアウト変更

14年 リーナス・トーバルズの誕生日(1969)

15年 今年のクリスマス


名前 内容


戻る
トップページへ

-- share --

0000

-- follow --




- Reverse Link -