2011年05月06日の日記です


黄金週間  2011-05-06 10:56:20  家族

特になんの予定も立てていなかったのだが、ゴールデンウィークなので子供たちをどこか遊びに連れて行ってやらねば、と思う。


そんなわけで、4月29日は、金沢自然公園へ。

長男(6歳)は何度か遊びに来た記憶があるようだが、長女(4歳)はまったく覚えていない。


混む事は予想済みだったので早めに行ったのだが、100m の滑り台はすでに長い待ち行列。

でも、これは後の時間に比べれば短いものだった…



次女(2歳)も、6~12歳指定の遊具(アスレチック)で果敢に遊ぶ。

というか、ほとんど遊んでいる子供は4歳前後。

公園の管理側も理解しているようで、危なそうなところにはネットを張ってあったりする。


子供たちの様子次第では途中から動物園に行ったり、ということも想定していたが、一日中滑り台を何度もすべって、大満足で帰宅。




5月4日は、東京タワーへ。

…日本科学未来館へ行こうと予定していたのだが、事前に調べたら、震災で一部が壊れたので休館中だった。


東京タワーは、候補の一つとして考えていたのだが、前日子供に見せていたテレビ番組の中に東京タワーが出てきて、「行ってみたい」と言われたために、決定。


遠くから見ても、まだ先端が曲がっていた。応急処置はしたようだけど。



…すごく混んでいました。

入場に並ぶ。特別展望台に登るのにまた並ぶ。

特別展望台から降りるのに並ぶ。大展望台からも降りるのに並ぶ。

食事を食べるのに並ぶ。特別イベント「大恐竜展」に入るのにまた並ぶ。


並ぶのは親の仕事で、子供たちはその間別の場所で遊んでいたので不満はなかったようだけど。


東京タワーのキャラクターである、ノッポンの缶バッチを「半強制的に」渡されました。

でも、これが次女に大うけ。すごく気に入ったようで、家に帰ってからも「のっぽん いたよー」と言い続けていました。




5月5日は、近所のイトーヨーカドーへ。


半年に一度くらいの頻度で、ヨーカドーが「ポケモンクイズラリー」をやっている。

この日もやっていたのをチラシで知っていたのだが、子供にはそのことは言わないで、「買い物に行くよ」とだけ言ってある。


到着してすぐ、おもちゃ売り場に向かって、「クイズラリー参加したいんですけど」と店員に告げる。

長男はこの言葉で理解して喜び始める。


店員から、ゲームのルールを説明され、3人分のサンバイザーをもらう。

長女は、この時点で「えっ? もしかして、ミジュマルのやつ?」と理解した。

昨年夏のクイズラリーのサンバイザーは、今でも家においてあり、長女と次女は時々かぶって遊んでいるのだ。

(もちろんボロボロになり、補修だらけ。長男のは綺麗なまま、大事においてある)



毎回参加しているので、店がどこら辺に「チェックポイント」を用意しているかは、大体把握している。

店内ぐるりと一周して、クイズ制覇。

今回の問題は、ポケモンカードゲームに関するもの。遊んだことはないけど、長男はポケモンスマッシュを見ているのでルールは把握できていた。


全問正解の賞品に、シールとカードゲームのサンプルカード3枚をもらって大喜び。




…子供たちには「買い物」と言っていたが、実は買いたいものなんてない。

子供たちが外の公園で遊びたい、と言うので公園へ。

じゃぁ、せっかくだからと妻がその間に買い物。


その後昼になったので食事。マクドナルド。

長男はハンバーガー大好き。次女はポテト大好き。長女は…あれば食べる、と言う程度。

でも、子供の日だからとたまには奮発して、おもちゃセットを購入。


食べ終わった子供たち、「もう家に帰るの?」と聞いてくるので、もう一つだけ買い物に付き合って、と、またおもちゃコーナーの方向へ。


…何をするのかは告げていなかったが、長男が「わかった! (長女)ちゃんの誕生日プレゼントだ!」。

鋭すぎます。正解。


でも、長女は聞いていなかったようで、状況理解していない。

前から欲しいといっていたおもちゃの前に到着して、やっと「あ! わたしこれ欲しいって言ってた!」と気づく。



おもちゃを購入し、すごく喜んで「家に帰って遊ぶー!」と言っていたけど、家に帰るまでに長女と次女が、家に帰ってからは長男も昼寝してしまいました。

連日の遊びで疲れたらしい。


…夜になって目覚めて、おもちゃ取り合いで遊んで、親に怒られていましたが。

そして、寝すぎで夜寝る時間になっても眠れないという…




同じテーマの日記(最近の一覧)

家族

別年同日の日記

05年 初節句

16年 黄金週間


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています


戻る
トップページへ

-- share --

0000

-- follow --




- Reverse Link -