2012年01月05日の日記です


あけましておめでとうございます  2012-01-05 10:10:47  料理 家族

毎年のことながら、「営業開始日」になってやっとご挨拶です。

子供の世話していると、ゆっくりPCに向かえないから。


ゆっくりPCに向かえないので、年賀状も出していません。

これも例年通りのことだけど、くれた方たちすみませぬ。




今年のおせち料理。

豚の角煮、ゆで卵、鳥ハム、伊達巻、栗金団、松前漬け、いくら。

以上は僕が作ったもの。いくらは、秋に筋子から作って冷凍しておいた。

ゆで卵は、角煮の煮汁に漬け込んだもの。


田作り、酢蓮、菊の酢の物、煮しめ。

以上は妻が作ったもの。菊の酢の物は、秋に庭に咲いた菊で作って冷凍しておいた。


黒豆、白花豆、かまぼこ。

以上は買ってきたもの。正月用ではない、安物。



年末の29日に風邪で熱を出した。

翌日には治ったのだが、いろいろと計画が狂い、今年は、思いっきり手抜きをして作った。


角煮は、いつもは皮目を焼くことから始めるのだが、今年はいきなり煮込む。

鳥ハムも、塩や胡椒を刷り込まず、ただ袋に投入してもんだだけ。

伊達巻も金団も、レシピを調べず「適当に」調味料をぶち込んだ。


…そうしたら、今年のおせちは非常に味がよい。

いつもの「丁寧な仕事」はなんだったのかと思うくらいのできばえ。


来年からも手を抜こう。




2日に実家で親戚の集まり。

親戚と言っても僕の兄弟だが。


角煮、鳥ハム、栗金団、伊達巻を差し入れ。

角煮に八角を入れて煮たのが、「中華っぽい」と話題に。


スターアニスや紹興酒が余っていたから入れてみただけなのだけど。

そんなのが「余っている」時点で普通ではない、僕が凝り性だ、まめだ、と話のネタにされる。



実家の長兄は、毎年カレーを作って待っている。

子供も来るので余り辛くしない、というのが常なのだが、今年はうっかり辛くなってしまったらしい。

しかし、これが非常にうまい。


「みんなに食わすから、鶏がら買ってきてスープから作った」そうで…

さっき、長兄に凝り性だと笑われた気がするが、同じ血だ。



今年は次姉の家は時間がなく、おせちを余り作れなかったそうだ。

しかし、毎年おいしい差し入れを持ってくる。


次兄は料理は余りしない。

しかし、一連の話をしていた中で、「そういえば、年末の年越しそばは常に次兄の担当だった」という話題が出る。

そういえばそうだった。そして、次兄にそばを作らせると、非常にうまかった。



なんのことはない。

兄弟みな、料理が好きなのである。


おそらく、死んだ父が台所に気軽に立っていた影響が大きい。

男だから、と言う抵抗感は皆無。



同じテーマの日記(最近の一覧)

料理

家族

別年同日の日記

03年 続・C700レビュー

08年 お年玉

09年 寝ズ正月

13年 CMSプログラム更新

15年 年越しそばの起源

15年 妻の実家へ


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています


戻る
トップページへ

-- share --

0000

-- follow --




- Reverse Link -