2013年02月17日の日記です


メレンゲ  2013-02-17 14:16:44  料理 家族
メレンゲ

後日追記:この日記の後、焼きメレンゲの失敗しないノウハウが溜まったので、料理コーナーにまとめを書きました


子供が卵かけ御飯が好きだ。


長男など、卵焼きやスクランブルエッグは嫌いだが、目玉焼きやたまごかけは好き。

卵かけの場合、長男の好みは全卵。長女は目玉焼き乗せで、次女は黄味だけ。それぞれに好みが違う。


そして、次女の分の白味が余る。最初は、中華風の卵白炒めとか作ってた。




焼きメレンゲを作ってみよう、と考えたのは、確か1月のはじめ。

ところが、僕は焼きメレンゲを食べたことはあったが、作ったことはなかった。


だいたい、僕の料理知識は日々の料理でなんとなく形作られたもので、本格的なお菓子とかは作りなれていない。


メレンゲを作るのは問題ない。ひたすら卵白を泡立てればよい。

簡単だからこそ、何も下調べをせずに作り始めてしまった。


砂糖も適当に入れる。あれ? これだけで大丈夫なのかな?

なんか粉入れるんじゃんかったっけ? といううろ覚えの記憶で、小麦粉を入れてみる。


…あっという間に、泡立っていたメレンゲがペシャンコに。

粉は入れなくてもよいが、入れる場合は片栗粉。この時点で調べたけどもう遅い。


まぁ、焼いたらそれなりにおいしい、不思議なお菓子が出来上がりました。


子供に「また作って」と言われた。失敗なんだけどな。




悔しいので再チャレンジ。

今度はレシピを見て、ちゃんと作る。片栗粉はなくてもよいようなので、砂糖だけで。


絞り袋なんてオシャレなもの、持っていない。レシピによれば「スプーンで落とすだけでも良い」とのこと。


カレーなんかに使う、大きな匙で天板に落とし、焼き上げる。

…焼きあがらない。泡は断熱性を持ち、ある程度の大きさになると中央に熱を通すのを阻害する。


そして、僕の一番大きな勘違いは、焼きメレンゲとは「焼いたメレンゲ」だと思っていたことだ。

これは名前のあや。焼きメレンゲはオーブン料理だが、焼くものではない、とこの時了解した。


オーブンは乾燥に使うだけで、非常に温度が低い。中まで火を通そう、なんて考えてもだめ。

乾燥させることが目的なので、体積に対して表面積を十分確保する必要がある。


つまり、できるだけ小さく作る。絞り袋を使って、口金で表面に筋をつけられればなおよい。



中まで火が通らない、大きなメレンゲの塊は、食べると歯にくっついておいしくない。

冷やしたら固くなって食べられるようにならないかな…と冷蔵庫に入れたら、全体が湿ってしまい、より悪くなった。


これはもう、どうしようもなかった。ごめんなさい。ごみ箱行きでした。




3度目のチャレンジ。

2度目のチャレンジは、べたべたとしてクッキングペーパーにもくっついてしまい、どうしようもなかった。


紙があると水分でくっついてしまうのかな? 鉄板のほうが、乾いたら素直に取れる?


わからないが、クッキングペーパーなしで焼いてみる。


水分と反応しにくい、片栗粉が入っていたほうが乾きやすいのかな、とも思って、片栗粉も入れる。


スプーンでは小さくするのに限界があるので、清潔なポリ袋で絞り袋を作る。

端をはさみで切っただけで、口金などはない。



これは、おいしく焼けた。

だけど、鉄板にへばりついた。無理にはがそうとすると崩れて、粉々になる。


何個か外してコツをつかみ、それなりの数を確保した。

一方で、結構な数が破砕された。


子供はおいしいと喜んで、粉までなめた。

「また作って」と言われた。失敗なんだけどな。




4度目の正直。


砂糖の分量をきっちり量り、クッキングペーパーも敷いた。

前回、ちょっと粉っぽくなった気がしたので、片栗粉は入れなかった。



片栗粉を入れなかったら、少し生地が柔らかくなって、絞っても形がまとまらない。

もしかしたら、泡立てが足りなかっただけかもしれないけど。


絞り袋を押さないでも、生地が落ちてしまうくらい柔らかい。

3回目に作ったときは大きさをそろえられたのだが、大きさがバラバラになった。


でも、はじめての成功。


子供に「また作って」と言われた。




5度目。


成功に気をよくして、別の味を作ってみようと思った。


ココアを入れる、というレシピを発見。純ココアを使うのがよいのだろうけど、ミルク入りココアでも大丈夫だという。


で、ミルク入りココアを入れたら大失敗。

泡が全部消えた。


絞り袋から何もしないで出てくる。4回目より緩い。

仕方がないから、後で割ることにして、クッキングペーパーの上に線で適当な模様を描く。


そのまま焼いたら、とりあえずおいしい、パリパリしたお菓子ができた。


「また作って」と言われた。失敗なんだけどな。




…というわけで、焼きメレンゲってこんなに難しいお菓子なのか、ってくらい失敗しています。

僕に製菓知識がないだけなのだけど、ここまで失敗するとは。


週に一度は子供のリクエストで卵かけ御飯をやるので、チャレンジするチャンスはまだまだある。

いつか「当たり前に成功できる」ようになるまで、挑戦は続きます。




おまけ。


先日、長男が全卵をかけるのをみた次女が「わたしも全部かける」と全卵かけに挑戦。


で、ごはんに混ぜてから「また余った白味でおかしつくってー!」


いや、余ってないから! 全部かけちゃったから!



同じテーマの日記(最近の一覧)

料理

家族

関連ページ

失敗しない焼きメレンゲ

WEBページの検索順位をあげる方法(2/2)【日記 18/10/06】

シフォンケーキ【日記 13/03/12】

別年同日の日記

10年 Netwalker 環境設定

15年 クリストファー・レイサム・ショールズ 命日(1890)

15年 手相うらない ちょっとみせて 発表(1995)

16年 トーマス・J・ワトソン 誕生日(1874)


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています


戻る
トップページへ

-- share --

0000

-- follow --




- Reverse Link -