2013年09月11日の日記です


ポポー  2013-09-11 11:30:26  住まい
ポポー

ポポーと言う木がある。

植えたのは家に入居して半年ほどたってから。


なので、もう8年くらいたつのだが、ぐんぐん伸びて立派なシンボルツリーになってくれている。

樹形は美しく、幅広の葉は夏に木陰を作ってくれている。


で、やっとその実がなった。


はじめて実がなったのは昨年なのだが、少ししかできず、その少しは台風の際にどこかに行ってしまった。

今年はたくさん実をつけ、期待していたのだが…


先日、長女が「実が落ちてる!」と報告に来た。

まだそれほど大きくならず、青いままの実が庭の路に転がっている。


ありゃりゃ、仕方がないな。と思いつつ拾い上げると、柔らかい。

妻に言うと「もっと大きくなるのだと思っていたけど、食べられるようになっても実は青いままだそうだよ」と言われる。


じゃぁ、食べてみよう。

探すと、全部で6つ落ちていた。大小いろいろあるから家族で分けた。


ポポーはカスタードアップルとも呼ばれる。

実がカスタードの味がするのだそうだ。

でも、流通しないので、庭で育てないと食べられない幻のフルーツ。


食べてみると、カスタード、と言う感じではない。

マンゴーとバナナを合わせたような味。パパイヤっぽさもある。

ナシのような、すこしすぅっと後を引く感じもある。


枇杷の種より小さく、スイカの種よりも大きい種が沢山ある。


美味でした。




流通しないのは傷みやすいから。

朝落ちているのを収穫し、夜には皮が黒ずんでいました。

なるほど、これは流通ルートに乗らないわけだ。


今調べると、落果してから数日後が食べごろ、とある。

すぐ食べてもおいしかったけど、しばらく置くほうが良かったのか。


まだいくつか実がついているので、今度はそのようにしてみよう。




同じテーマの日記(最近の一覧)

住まい

別年同日の日記

03年 VAIO不調

14年 山本卓眞さんの誕生日(1925)


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています


戻る
トップページへ

-- share --

0000

-- follow --




- Reverse Link -