2013年04月22日の日記です


アンパンマンミュージアム  2013-04-22 12:45:08  家族
アンパンマンミュージアム

金曜日のピューロランドに続き、日曜日はアンパンマンミュージアムへ。


次女が半年くらい前から、ずっと行きたがっていた。


「そのうち行こうね」という約束が年明けごろから「(寒いから)暖かくなったら行こう」になり、「誕生日に行こう」と具体的になってきた。


長女も以前に行った時の楽しい思い出があるようで、「私も行きたい」と希望していたのだが…


長女が、直前になって「ピューロランド行きたい」に変わり、ピューロランドを見た後では「もう疲れたからアンパンマンは行かなくていい」になった。


でも、次女の誕生日だからみんなでお祝いしたい。

すでにアンパンマンの年齢ではない長男も含め、家族みんなで行く。




当日はすごい雨だった。


電車で行く予定だったが、急きょ車に変更。

高速料金、駐車場代、ガソリン代と出費がかさむが、アンパンマンミュージアムは駅から遠いし、土砂降りの雨の中歩くのは避けたい。


アンパンマンミュージアムは、3歳以下の子供が多い。

みな、午後はお昼寝してしまうので、午前中は特に混雑する。


そこで、10時ごろ家を出て、途中で早めのお昼ご飯を食べていく。

12時半ごろミュージアムにつくと、レストランは行列ができているが、ミュージアムはガラガラ。

おかげでのんびりと見て回ることができた。




あんなに見たがっていたのに、次女は案外淡泊。


アンパンマンミュージアムは、名前の通り「ミュージアム」であって、遊ぶ場所は少ない。

で、展示物はさっと見て通り過ぎる。次女が予想していたものと違ったのかもしれない。


しかしその分、遊ぶ場所では思い切り遊ぶ。

展示に時間を取られなかった分だけ、時間はたっぷりある。


アンパンマン号に乗り込み、チーズの家に入って写真を撮り、バイキンUFOに入り込む。

SL マンの客車に何度ものり、屋台のどんぶりのふたをカパカパさせて喜ぶ。


そのうち長女が思い出したように「ボールで遊びたい!」と言い出す。

ミュージアムは3階から下りながら見るようになっているが、ボール遊びは1階の屋外空間だ。(屋根は付いているので雨でも遊べる)


ボール遊びコーナーでは、長男も一緒になって遊ぶ。

数少ない、小学生でも楽しめる遊びコーナーだ。


でも、本気でボール投げようとするので禁止した。

次女(この日で4歳)なら耐えられる程度の力でも、周囲にはヨチヨチ歩きの子供も遊んでいるのだ。



また急に長女が思い出して、屋内の「虹の滑り台」へ。次女もついていく。

この時は珍しいくらい空いていて、ほとんど待ち時間なく滑れる。

何度も何度も滑り、ケラケラと笑い続ける娘二人。長女は滑り台で面白い年齢は過ぎたが、次女が笑っているのでつられておかしくなっている。


滑り台は、小学生「未満」までで、長男は遊べない。


…ところが、兄弟の付き添い、という形でスタッフから許可が出た。

でも、2~3回遊んで長男はボール遊びへ。滑り台が楽しい年齢ではないようだ。




ところでこの日は、「次女の4歳の誕生日」であると同時に、「長女の6歳の誕生日の、4日前」だった。


そして、アンパンマンミュージアムの「開館6周年」の日でもある。

…6周年は、厳密には前日の土曜日だったけど、土日でイベントをやっていた。



そうか、長女が生まれたのとほぼ同時オープンだったか。

長男に見せてやりたくて、まだ首も据わらない長女を抱えて行ったのはよく覚えている。




同じテーマの日記(最近の一覧)

家族

関連ページ

追悼:やなせたかしさん【日記 13/10/16】

追悼:やなせたかしさん【日記 13/10/16】

別年同日の日記

03年 SONY製品

05年 回線は来たけれど

11年 「戻る」ボタン自由自在

18年 3度目のキッザニア

18年 おわび

19年 次女の誕生日


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています


戻る
トップページへ

-- share --

0000

-- follow --




- Reverse Link -