2013年10月16日の日記です

目次

10-16 追悼:やなせたかしさん
10-16 ディズニー社の創設日(1923)


追悼:やなせたかしさん  2013-10-16 05:46:35  今日は何の日

▲目次へ ⇒この記事のURL

昨日のうちに、13日に亡くなったと訃報を知って、追悼文を書こうかどうか悩んでいた。

アンパンマンは結構好きなのだけど、僕のページは基本的にパソコンページだし、追悼を書いたものかどうか、と。


…でも、個人的な思いのみで追悼することにします。




子供のころにアンパンマンの絵本を見た世代です。

音楽の教科書に「手のひらを太陽に」が載っていた世代です。


厳密にいうと、最初の絵本って全然売れてなかったよね。直接見たか記憶が定かではない。

やなせさん自身もそう語っている通り、あまり評価されていなかった。


アンパンマンを初めて見たのは、記憶の限りではテレビ番組「ママと遊ぼう!ピンポンパン」の、おねえさんが絵本の読み聞かせをしてくれるコーナー。

毎週見ていた覚えはあるのだけど、絵本コーナーの記憶はこの時のみだ。「アンパンマン」のインパクトは、それだけ強かったのだろう。


これは幼稚園の頃の話。作者名なんて気にしていない。

小学生になり、音楽で「手のひらを太陽に」を習った。なんか僕はこの歌が気に入って、よく口ずさんでいたように思う。


特に好きだったのが「手のひらを太陽にすかしてみれば」と言う歌詞。

よく太陽に手を向け、「本当に赤く見える」と、そんなことで喜んでいたように思う。


実は、これ、高校や大人になってからも時々思い出してやっていた。

子供の薄い手のひらだと「透かす」ことができるのだが、大人の厚い手だと真っ黒で、赤くならない。

作詞時に当然大人だったやなせさんが、こうした「子供の感覚」を持ち合わせていたことは素晴らしいと思う。



中学か高校の頃、月に1度新聞社(朝日だったかな?)から配布される冊子に、「リトルボオ」という1ページ漫画が載っていた。

1ページだから大したことは起こらない。基本的にほのぼの話なのだが、これが結構好きだった。


この時に、はじめて母から「アンパンマンと手のひらを太陽にと、リトルボオが同じ作者」だと教えてもらったと思う。

それまで、この3つを結び付けて考えてはいなかった。

ここで初めて、別々に好きだったものが「やなせたかし」の名のもとに一つにまとめられた。


アンパンマンのアニメが始まったのは大学生の頃か。

当然、見てはいない。でも、やっているのは知っていた。


Oh! X のライターが編集後記で「力に頼らず、顔を分け与えるのがアンパンマンだと思っていた。パンチを繰り出すテレビアニメはイメージと違う」と書いていたのを覚えている。

あぁ、そうなんだ。僕らが好きだったアンパンマンではないんだ。でも、商業的にはわかりやすい勧善懲悪が必要なんだろうなぁ…と寂しく思ったものだ。



#後日追記:リトルボォは、高島屋の通販カタログ裏の漫画だったそうです。




後のインタビューで、やなせさん自身は「子供向けだけはやりたくなかった」と語っている。


でも、どの分野に行っても自分より才能がある奴がいて、誰も自分を認めてくれない。そこで別の分野に逃げ出す。

それを繰り返しているうちに子供向けに行き着いてしまったが、そこでも誰も認めてくれない。

ところが、絵本の発売後に子供たちが喜んでくれた。これで「3歳の子は認めてくれる」と感じて、結局そこが安住の地になってしまった…とのことだ。


認められなかったのは、氏が反骨精神を持っているからだろう。

そもそも「認められたい」と思い続けていること自体が、自分をアピールしたい精神の表れでもある。


その反骨精神が、いわゆる勧善懲悪ではないヒーローの創出だったのだろうと思うが、20年もたってアニメ化されるときには勧善懲悪を盛り込んだのは、その年月の間にある程度認められたことで「大人」の対応ができるようになっていたのか。




アンパンマンとの再会は、会社員になってからだった。

務めていた会社で、アンパンマンのキャラクター商売をやっていたのだ。


もっとも、僕は全然違う部署で、あまり関係がない。でも、再度アンパンマンに注目するには十分だった。

…と同時に、愛社心みたいに思われるのが嫌で、アンパンマンを多少避け気味にもなった。まぁ、どちらにせよ意識してた、ってことだ。


会社を辞めて独立し、子供ができたら、当然のように子供はアンパンマンを見始めた。

先に書いたように、避け気味だったのと、Oh!X で読んだ「暴力に頼り過ぎ」という言葉を思い出して少し躊躇した。

でも、子供が見たがるなら親のエゴを通すよりも、子供の好きにさせたい。一緒に見始めた。


…悪くない。面白い。それが初期の感想。偏見が解け始めた。

週一度のアンパンマンでは子供が満足しなかったので、BSで毎日やっている再放送も見てみた。


第1話からしばらくの間は、アンパンマンは暴力をふるわない。

バイキンマンの相手をするときも、石鹸を付けて洗っちゃったりする。


弱って嫌がるバイキンマンを見て笑ったりしているので、「いじめ」を感じさせる問題表現ではある。しかし、少なくとも暴力に頼った解決はしていない。

ちなみに、最初期のアンパンマンは顔が濡れても大丈夫。雨の中でも飛んでるし、海にも平気で潜る。


最初の頃は「アンパンマンとバイキンマンがじゃれあっているだけ」な内容なのだけど、メリハリをつけるためにアンパンマンの弱点(顔が完全でないと弱い)を設定し、その弱点を克服すると使える必殺技(アンパンチ)を設定したのだろう。


多分、初期の話のままでは20年も続かず飽きられていたと思う。アンパンチは「安易に暴力に走った」のではなく、アンパンマンの人気を維持し、精神を広めるための苦渋の決断だったのだ、と思う。


今でも、4歳の次女がアンパンマンを好きだ。昔ほどの頻度では見なくなったが(以前は毎日見ていたが、最近はプリキュアやアイカツも好き)アンパンマンはやはり好きだ。




横浜にアンパンマンミュージアムができた時、生まれたばかりの長女を抱いて、長男を連れて行った

長女の適齢期にも行ったし、次女の誕生日にも行った


無料エリアがあるので、知人にはもっと子供を連れて行っている奴もいるが、うちからは微妙に遠く、それほど頻繁にはいけない。


適齢期の子供にとっては、アンパンマンの世界に入り込める、というのはそれだけで鉄板でウケる。

もっとも、「ミュージアム」であって遊園地ではないので、適齢期を過ぎると急に面白くなくなる。


これは微妙なところ。遊園地だと、3~5歳の子供には遊びづらいだろう。見て、ちょっとだけ触って楽しむ、と言う程度でちょうどよいのだと思う。


今年の春に行ったとき、次女は「また行きたい」と言っていた。

でも、そのころは毎日見ていたアンパンマンは、最近では週に一度だ。適齢期を過ぎつつある。もう一度行くかは不明だ。




震災の時、「アンパンマンのマーチ」が何度もラジオで流れていた。

うちは NHK を聞いていたが、TOKYO-FM が最初に流したようだ。(同局は東北のFM曲にもネット配信している)


それまで歌詞の内容を深く考えてなかった、という人も多いようだけど、僕はこの歌は好きだったので、あまりにも的確な選曲に感心した。


NHK でこれが最初に流れた時(震災からずっとつけっぱなしだったので、最初だと思う)、リクエストの内容は「不安を抱えている子供も多くいるので、子供向けの、元気が出る曲をお願いします」だった。

このリクエストだったら、NHK的には「100%勇気」(忍たま乱太郎の曲)が順当だと思う。実際、この曲は阪神大震災の時にラジオで繰り返し流され、多くの子供を勇気づけたのだ。


にもかかわらず、NHK はアンパンマンのマーチを選んだ。他局アニメの曲を選んだのは英断だ。

おそらくは、TOKYO-FM が流したことを知っていた(もしくは、読まれなかっただけで、リクエストした人は TOKYO-FM で聞いて、この曲を指定していた)のだと思うが。


その後も、ラジオではテーマが繰り返しかかっていた。うちの子供が喜ぶから、かかるときにはわざわざ呼んでいた。

やなせさんも「アンパンマンが子供に勇気を与えている」と知って、その後東北支援に乗り出す。



あの時、アンパンマンはヒーローだった。

暴力をふるわず、人々に寄り添う…やなせさんが当初思い描いた通りのヒーローだった。


ただ一つ違うのは、お話の中のヒーローではなく、本当に困っている人々を勇気づけていたことだった。


▲目次へ ⇒この記事のURL

同じテーマの日記(最近の一覧)

今日は何の日

関連ページ

やなせたかし 命日(2013)【日記 15/10/13】

やなせたかし 誕生日(1919)【日記 16/02/06】

別年同日の日記

03年 動物病院へ

06年 W-ZERO3 [es]

17年 オーラ撮影の仕組み

18年 【訃報】ポール・アレン


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています

ディズニー社の創設日(1923)  2013-10-16 10:27:34  コンピュータ 家族 今日は何の日

▲目次へ ⇒この記事のURL

今日はディズニー社が創設された日。1923年。


厳密に言えば、現在のウォルト・ディズニー社の源流となる「ディズニー兄弟漫画スタジオ」(Disney Brothers Cartoon Studio)の創設日です。


最初からミッキーマウスなどがいたわけではなく、初期の作品は「アリス・コメディ」シリーズでした。

アニメの中に実写の女の子が入って冒険を繰り広げるシリーズで、アニメでも実写でもない、実験的なシリーズ作品でした。


…ごめん。さらりと書いているけど、今調べて知りました。

ディズニーは実験的な作品や、その当時の最先端技術を使った作品が多いと思っていましたが、最初からなんですね。




他のページに書いてあるような受け売りを書いていてもつまらないので、後は僕の好きなように書きます。


実験的な作品、で思い出すのは「101匹わんちゃん大行進」。

僕が子供の頃には、すでに「古き名作」でしたね。今調べたら1961年の作品。


でも、古いからこそテレビとかでやっていることがあって、子供のころに見た覚えがあります。


原作は 1956年に発売された本です。まぁ、ちょっと話題になった本を映画化、とかよくある話。

でも、この本の映画化は、当時の技術を考えると「とても無理」な話でした。


101匹もの犬が出てきて、走り回る。実写では、犬同士がけんかしてしまって不可能です。

じゃぁアニメで…と考えても、101匹の犬をひたすらアニメーターが描き続けないといけないなんて、悪夢のような話です。


しかも…じつは、この直前の映画「眠れる森の美女」は500人ものアニメーターが参加し、作成に金がかかりすぎました。

このため、次回作はアニメーターを 100人に削減する必要がありました。


ただでさえ厄介なものを、少人数で作る。とんでもないデスマーチプロジェクトです!



ところで、1961年と言えば Xerox 社ができた年。後に Alto などを作り、コンピューター業界にも影響を与えた会社です。

もっとも、1961年は実際には社名を変更しただけで、会社の歴史は 1906年まで遡るのですが、このタイミングで社名変更したのにはわけがあります。


その直前の 1959 年「ゼログラフィ」技術を使った世界初の普通紙複写機、Xerox を発売しているのです。いわゆる「世界初のコピー機」です。

この製品が大ヒット。よく知られるようになった商品名に合わせて社名を変更した、というわけ。


そして、ディズニー社では、この最新鋭の機械を使った実験作を作ります。それが 101匹わんちゃん。

作成開始は 1959年。Xerox が出てすぐです。


先に書いたように、アニメーターが101匹の犬の動きを描き続けるのは悪夢のような作業です。

しかし、Xerox は、この作業を「十分に実現可能」なものにしました。


アニメーターはまず、各種パターンの動く犬の輪郭だけを描きます。

犬の登場シーンでは、この「元のパターン」を Xerox でコピーします。2匹同時に登場するなら2匹分、10匹なら10匹分コピーすれば、ひたすら描き続ける必要はありません。


最後に、犬の違いを示す「ぶち模様」を塗り分けます。この模様は、ちゃんと101匹分設定されていました。

適当に描かれているのではありません。細部にこそリアリティが宿るのです。こういう細かな部分に凝るのはディズニーの真骨頂。




それまでのアニメでは不可能だった表現をしたこの作品は大ヒットしました。

でもこの話、これで終わりじゃないですね。1996年には実写版(101)も作られています。


こちらもまた、新たな技術が可能にした映画です。

動物映画ではよくある話ですが、1つのシーンを撮影するために「動きを覚えさせる」のには非常に時間がかかります。

しかも、101 では「子犬」を使っています。一つの演技が終了すると、子犬は成長してしまい、次のシーンでは使えないのです。


実際には、101では20匹の成犬と、230匹の子犬が使われたそうです。しかし、そうなると今度は別の問題が出ます。

シーンごとに、犬の模様が変わってしまうことになるのです。


この問題を解消したのが、当時はまだ最先端だった CG 技術。

…まぁ、PhotoShop みたいなもので、すべてのコマをレタッチした、と言うだけですけどね。

技術的には 1990年代初頭には可能になっていたでしょうが、実用になったのはこの頃だと思います。


もう一つ、最後のシーンでは 101匹の犬が勢ぞろいします。

これも実際に犬を使うのはとても無理。そんなに集まったら、喧嘩したりじゃれあったり…とても撮影どころではありません。

もちろん、数匹の犬に演技させたものを何重にも重ね、数を多く見せているのです。


101匹わんちゃんは、アニメと実写の2回、「ありえない」ような映像を我々に体験させてくれたことになります。



これ、ディズニーを語るには「ほんの一例」ですね。同じような話は、他の映画にもたくさんあります。

「トロン」とか「ファンタジア」とかも実験的な作品で、僕は大好きです。


常に最新の技術を取り入れながら、でも技術に溺れることはない。

言うのは簡単だけど結構大変なことです。


#今は子会社になってしまったピクサーも、多少実験的過ぎて技術に溺れた話がありますね。




話変わって、ディズニーランドの話。こちらも僕、結構好きです。

小学生のころにできて…じつは、家族で初めて行く約束だった日に熱を出して僕は留守番になったのですが、その後も何度か行きました。


千葉の大学に通っていたため、その頃はディズニーランドにもよく行きました。

パスポート買って常連化しているのもいたけど、そこまでは出来なかったな。


先から「細部にこだわってリアリティを出す」話をしていますが、ディズニーランドにもそういう面があります。

そして、一番好きなのが、アトラクションごとの「トラブルの対処」。


ホーンテッドマンションは、全ての乗り物が同じベルトの上に並んでいるので、誰かが乗る際に転んだりするとすべてが停止します。なので、比較的トラブルに遭遇しやすいです。

この時には「我々の仲間がいたずらをしたようだ…少し待っていてほしい」という、オバケからのアナウンスがあります。トラブルもアトラクションの一部として織り込み済み。


スペースマウンテンでは、複数台のジェットコースターを同時に動かしているので、発進にトラブルがあった際、後続車両は「緊急用の」プラットフォームに導かれます。

この際も、「緊急離脱! 本船は危険回避のため本来のコースから外れ、付近の惑星に緊急着陸する」というようなアナウンスが流れるそうです。(これは僕は未体験で、先に書いたパスポートを持っていた友人に聞いた話)


スターツアーズでは、個室ごとに独立しているために、トラブルには遭遇しにくいようですが、機器の故障などで動かなくなることがあります。

この際は「まことに申し訳ありませんが、本船は機材故障のため近くの惑星に緊急着陸いたしました。代替便を用意いたしましたので乗り換えをお願いいたします」というアナウンスになります。


いずれも、「トラブルは起こるもの」と考えたうえで、そのトラブルさえも雰囲気を壊さないで楽しめるようにする演出がなされています。


もっとも、社会人になってから遊びに行った際、「ロジャーラビットのカートゥーンスピン」で遭遇したトラブルは、この「想定内トラブル」さえも超えるものだったようです。

薄暗くしてある館内にすべて明かりがともり、用意されたアナウンスではない肉声で「機械トラブルが起きたため、回復にしばらくかかるかもしれない」と詫び、「お急ぎの方は出口に案内するからこれから巡回する係員にいつでも声をかけてほしい」という内容でした。


ディズニーランドでもこういうことがあるのか、とむしろ驚いたものです。

結局ほとんど誰も出口には向かおうとせず、15分くらいで回復しました。




その大学生の頃、友人と一緒に新年のカウントダウンパーティに行きました。

この日だけ特別で、たしか夕方5時から入れて夜通し営業、翌日の閉園である夜8時までいられます。


…いや、ずっといる、というのはただの馬鹿がやることです。でも、大学時代はみんな馬鹿だった。27時間耐久ディズニーランドを楽しみました。

ずいぶん昔に書いた話ですが、「寒いときにはチキルーム」とか「スプラッシュマウンテンふもとのレストラン(グランマ・サラキッチン)はトイレも空いているし、寝られる」は、この時の体験で得た知識。


また遊びに行きたいけど、子連れだと案外動きが重くて、なかなか行ってやれません。


#大人なら日帰り距離なのだけど、子連れだと一泊が必要な距離になってしまって、高くつくのです。



ディズニーランドもまた、ディズニー映画と同じものを感じます。

細部にこだわることでリアルを演出している。技術を惜しみなく投入するけど、技術に溺れていない。


エンターテイメントとして大切なことです。




そして、エンターテイメントとしては自分の土俵である、ゲームの世界。


ディズニーのキャラクター物は、ゲームでも人気ありますね。特に任天堂とは仲が良いように感じます。

(任天堂プラットフォームへの提供、も含めて)


任天堂自体、ディズニートランプで大きくなった会社で、ゲーム&ウォッチでもディズニーキャラを使っていたからかな?


しかし、思い出話として語れるのはセガ社のメガドライブのこと。

人づてに聞いた話で真偽のほどは定かでありませんが、メガドライブでミッキーのゲームを出す時、ディズニージャパンの版権管理の人に「ダメ出し」をされたのだとか。

理由は、ミッキーの目が四角かったから。ドット絵の都合で 2x2 ドットで黒目を表現しなくてはならなかったのですが、「ミッキーの目は丸ですから、四角で表現するのはダメです」とのこと。

コンピューターゲームの表現ではどうしても仕方がないのだ、と丁寧に説明し、拝み倒して許可してもらったそうですが、ディズニーの品質管理の厳しさがわかります。


でも、後に同じセガ社から、UFOキャッチャー景品としてキュービックマウスが出てましたけどね。


#今では人気のシリーズですが、UFOキャッチャー景品が最初で、その後グッズ展開されました。


先のゲームとは20年近くあいていて、その間にディズニーの管理方針が変わったようです。

「面白そうなら積極的にコラボ」という方針に変わっていたようで、企画を持って行ったら「面白そうです。やりましょう。」とすぐ許可が出たとか。


…ディズニーはクオリティに厳しい、と信じていたのだけど、この話を聞いたときはちょっとショックでした (^^;

まぁ、「常に新しいことに挑む」のもディズニーの伝統ですので、「新たな境地に入った」と好意的に考えておきましょう。


▲目次へ ⇒この記事のURL

同じテーマの日記(最近の一覧)

コンピュータ

家族

今日は何の日

関連ページ

やなせたかし 命日(2013)【日記 15/10/13】

やなせたかし 誕生日(1919)【日記 16/02/06】

別年同日の日記

03年 動物病院へ

06年 W-ZERO3 [es]

17年 オーラ撮影の仕組み

18年 【訃報】ポール・アレン


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています


戻る
トップページへ

-- share --

5000

-- follow --




- Reverse Link -