2003年10月16日の日記です


動物病院へ  2003-10-16 00:32:47  ペット
動物病院へ

ペットのハムスターが、なんだか病気っぽいので動物病院へ連れて行く。


顎の下が、なにか少し膨れている。

ジャンガリアンハムスターは、遺伝的に腫瘍や膿腫が出来やすいらしい。


手術すれば直るというので、ハムスターも診てくれる近所の動物病院を探し出した。


もちろん、ハムスターのような小動物を手術することには、相当のリスクが伴う。

すでにうちのハムスターは1歳半。寿命が2年前後(3年生きればかなり長生き)なのでリスクは高いのだが、まだ元気なので治療できればしてやりたい。


動物だから保険が利かず、手術になれば数万円は飛ぶのだろうとも思う。

もともと600円で買ってきたことを思うと複雑な気持ちなのだが、おもちゃと違って生きているものなので、「買い換えれば良い」という問題でもない。




病院で、様子などを話す。

気付いてから2週間程度、だんだん大きくなってきたなどと話すと、


「腫瘍にしては成長が早すぎるようなので、膿腫じゃないかと思います」


とのこと。

(腫瘍は癌など。膿腫というのは、皮膚の中に膿が溜まったもの)


注射器で膿を抜き、消毒液で洗ってやるのが治療法だというが、そんな簡単な手術でももちろんリスクはある。

どうするかと聞かれたが、やってもらうことにする。

後で後悔するよりは、多少リスクがあってもできることをしておきたい。



で、お医者さんがムンズとハムスターをつかむ。ギーギーと鳴くハムスター。

ちょい、と注射針で刺すと、水っぽい血が出てきた。


出てきた血を綿で吸い取りながら「どうも膿腫でもなさそうですね」とのこと。

水ぶくれみたいなもんのようだ。



化膿止めの飲み薬をもらって治療終わり。5250円也。思ったより安かった。




化膿止めは飼い主が飲ませなくてはならないのだが、結構難しい。

ハムスターの首根っこをつかんで口の中に2滴ほど入れてやるのだが、お医者さんがやるようにうまくは掴めない。


まぁ、1週間ほどあげつづけるので、ハムスターの扱いがうまくなるかもしれない。




同じテーマの日記(最近の一覧)

ペット

関連ページ

出血に驚く【日記 04/02/12】

素人治療【日記 03/11/03】

別年同日の日記

06年 W-ZERO3 [es]

13年 追悼:やなせたかしさん

13年 ディズニー社の創設日(1923)

17年 オーラ撮影の仕組み

18年 【訃報】ポール・アレン


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています


戻る
トップページへ

-- share --

0000

-- follow --




- Reverse Link -