2003年04月22日の日記です


SONY製品  2003-04-22 23:06:40  コンピュータ

先週末に、相次いでSONY製品がうちに来た。


コクーン…のシリーズ内にあって、なぜか唯一コクーン名乗ることを許されないチャンネルサーバ CSV-S57と、ノートパソコンなのに購入した店で「ノート」と書かれていなかったVAIO-NV55E/B


CSV-S57がなんでコクーン名乗れないのかはわからない。シリーズの中に数えられてはいるので、単に発売時期の問題かもしれない。


いわゆる「初代」コクーン S77 と比べて、実売価格で半額程度だったのが購入の決め手だった。

S77 の HDD は 160GB で、S57 は 80GB。S77 はチューナーを2つで、S57は1つ。そして、値段はおよそ半分。わかりやすい。


チャンネルサーバーは「1週間使うと手放せなくなる」と聞いていたが、購入した翌日から生活が変わった。これは便利。まだ1週間たっていないが、もう手放せない感じ。


常にチャンネルサーバーを通してテレビを見る、というのが正しい使い方。特に録画を指示しなくても、見ている番組は自動的に保存されているので、いつでも見逃したシーンを巻き戻せるのが便利。


しかし、当たり前だが録画中に裏番組を見るときには、チャンネルサーバーなしで見るしかないのが不便。

チューナー2つのS77なら裏番組も見れるらしいが。


ちなみに、最近新コクーンも発売されたが、あれは実は S57 に DVD-RW をつけたような構成。チューナーは1つなので、買おうと思っている人は要注意。



VAIOのほうは、20万円以下で 1280dot 以上の表示画面を持つノートを探していたら、NV55に行き着いた。

安くて高機能。ただし、「ノート」らしく小さくまとめる努力は最初から放棄している。とにかくでかい。

お店でも、ノートと名乗るのをはばかって「サブパソコン」と書いてあった。


お気に入りなのは、「エンターテイメントベイ」と呼ばれる、ユニット接続ポートがあること。さまざまなユニットを交換することで、サンダーバード2号のように機能を選択できる。


ノートパソコンで交換可能ユニットというのは、Appleがとっくの昔にやっている。

しかし、VAIOが一味違うのは、ユニットの中に「ただの引き出し」があることだ。


ウェイトセイバーと名づけられているので、軽くするためのものなのだろう。

説明によれば、中にメモリースティックや名刺を入れられるそうだ。


いいね。名刺の入った引き出しがついたパソコン。

ずいぶんと大きくて重い名刺入れだと思う。




同じテーマの日記(最近の一覧)

コンピュータ

関連ページ

CSV-S57改造【日記 04/11/18】

台風被害【日記 04/09/30】

携帯のことも書いとこう【日記 04/05/03】

新しいペット【日記 04/03/27】

衝動買い【日記 04/02/11】

別年同日の日記

05年 回線は来たけれど

11年 「戻る」ボタン自由自在

13年 アンパンマンミュージアム

18年 3度目のキッザニア

18年 おわび

19年 次女の誕生日


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています


戻る
トップページへ

-- share --

0000

-- follow --




- Reverse Link -