2003年04月27日の日記です


ほっかいどぉ  2003-04-27 12:33:01  料理 旅行記 社会科見学

24〜25日に、唐突に札幌に行ってきました。


妻が槇原敬之のファンなのですが、ツアーの最終日が札幌だったのですね。

ツアー初日も見に行ったし、途中も見に行っているのだけど、最終日もチケットは取っていたのです。


ただ、他のファン友達と行くつもりで2枚取ったチケットが「誰もいく人がいない」というので僕が一緒に行ったわけでして。



ファンでもチケット取れなかった人いるでしょうに、ファンでもない人が入って申し訳ないとは思います。

ただ、別にファンではないけど「結構好きなアーティスト」ではあるので、十分に楽しませていただきました。

踊る阿呆に見る阿呆…ってやつですな。手拍子だけでなく、見よう見真似で一緒に踊ったりして。


妻が言うには、初日は2時間のライブだったそうです。最終日は、アンコールまで含めて3時間半。

しかしこれが一番いいできだったのかといえば、「途中で始めた馬鹿話を最終日まで続けたのだろうけど、無理に話すのでつまらなくなっている」ような物もあったようです。




せっかく札幌まで行ったのだからなにか観光を…とは思うのですが、1泊2日で行ったのであまり暇はありません。

特に、1日目は夕方からライブがあるので行動が制限されるし。


そうなると、北海道の「おいしいもの」を食べることが観光の中心となります。


札幌到着は1時半。昼飯は回転寿司。

回転寿司と馬鹿にする無かれ。十分にうまいです。1個50円からで、カニやウニも食えます。

(ウニは1個145円でしたが、それでも十分に安い。ただし、ウニに関してはネタも安いの使っていました (^^; )


夕食。ライブの時間の都合で5時ごろ食べないといけなかったのだけど、回転寿司食べて時間がたっていないのであまり食べる気がしません。

というわけで、軽食のクレープ。しかし、アイスクリーム入りのものを食べたらこのアイスがむちゃくちゃうまい。

新鮮な牛乳が手に入る北海道ならではです。



ライブ後、軽い夜食を…と思ってホテルのバーラウンジに行きます。

ウェルカムドリンクでスカッチウィスキー水割り(と書いてあった)を1杯無料でくれるというのに惹かれたのもあります。


しかし、ここは高級ホテルなので、オードブルでも¥1,000.-から。スパゲティーは¥15,000.-。

サラダが¥600.-だったので、サラダをつまみにウィスキーだけ飲んで部屋に帰りました (^^;;




翌日朝食はホテルのセットメニュー。サラダとパンと卵料理、ヨーグルトとドリンクという普通のもの。


帰りの飛行機は夜7時半。さすがに時間を持て余すので、工場見学に行くことにします。

全然札幌観光らしくないけど。



札幌郊外の「雪印乳業史料館」へ。今になって「雪印」というのがちょっと痛いのですが…併設工場は、すでに「日本ミルクコミュニティ」と「ロッテ」のものとして稼動していますが…説明員の方の解説にも、なにか気まずさを感じます。


で、最後に試食を頂きました。ここでしか食べられないアイスクリーム

通常のアイスの2倍の乳脂肪分が入っています。乳脂肪分が多すぎると熔けやすく・傷みやすくなるので、出荷できないというのもうなずけます。そして、非常にうまい。


…はからずも、北海道らしい「うまいものツアー」になってしまいました。


他に牛乳も頂き、さらに自動販売機で売っていた北海道限定乳酸飲料「カツゲン」も飲みました。十分に堪能して




つづいて、サッポロビール園へ。工場・博物館に併設されたレストランではジンギスカンが食べられるので、ここで昼食の予定。

でも、まずは工場見学です。さっきアイス食べたばかりで、まだおなか減っていないし。


ここでも、最後に試食を頂きました。というか、最後にビールの試飲ができるのは知っていたのですが、試飲という位だから「小さなコップで何種類かのみ比べ」だと思っていました。


しかし、実際は「普通の」ビアグラス(小ジョッキサイズ)で20分間飲み放題。おつまみ付。

サッポロ黒生と、北海道限定サッポロクラシックが飲めます。また、懐かしの「リボンシトロン」の北海道限定版、「リボンナポリン」も飲めます。



別に飲み放題だからとたくさん飲んだわけではありません。妻と二人で、3杯のビールとリボンナポリンを飲んだだけ。

しかし、グラス2杯って、中ジョッキより多いよな。程よく酔いました。


そして、ジンギスカン。せっかくなのでジンギスカンは1人前にして、「ポテトフライ」やサラダなど、北海道らしそうな農産物メニューも頼みます。

予定ではビール飲みながら食べようと思っていたけど、すでに酔っているのでアルコールはなし。



ここのお土産物コーナーで、「サッポロビール園限定」のアイスクリームを売っていました。どこかで見たような感じ…さきほど雪印乳業史料館で食べたものと同じです。作っているのもロッテだし。(現在、雪印のアイス部門はロッテに吸収)


「ここだけ」って言っていたのに、出荷しているじゃん…まぁ、すぐ近くだし、パッケージの印刷は変えてあるのだけど。



ビール園からは歩いて札幌駅まで戻ります。

普通歩かないらしいけど、歩けない距離じゃないし、夕食にも美味しいものを食べたいので腹ごなし。


駅周辺まで戻って、しばらく時間があるので時計台など見学します。札幌は今までに2回きていますが、2度とも工事中で見ていなかったのです。

120年前の歯車がいまでも動いているというのがすばらしい。まぁ、長い工事もこれを保存するために行われていたわけで。


で、札幌の〆は、やっぱり札幌ラーメン。「味の時計台」で食べました。

前にも食べた時、僕は美味しいと思ったけど一緒に行った人には不評でした。

いままた食べてみて十分美味しいと思うのだけど、あの時はなんで不評だったのだろう?




そんなわけで、北海道食い歩きの「ダイジェスト」記録でした。

気が向いたら工場見学は「大人の社会科見学」にまとめたいし、時計台は「社会の歯車」にまとめたいけど、最近忙しいのでどうするかは不明。




同じテーマの日記(最近の一覧)

料理

旅行記

社会科見学

別年同日の日記

02年 4/26

08年 誕生日とG.W.

11年 誕生日

14年 相模湖リゾート プレジャーフォレスト

15年 ピューロランド・追記

15年 サミュエル・モールス 誕生日(1791)

18年 ダイナマイト刑事2

19年 長女の誕生日


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています


戻る
トップページへ

-- share --

0000

-- follow --




- Reverse Link -