2021年01月01日の日記です


あけましておめでとうございます  2021-01-01 17:34:42  料理
あけましておめでとうございます

今年のおせち料理は大幅に手抜き。

親戚の集まりもやらないことにしたので、家族で食べられればいいだけだし。


昨年のうちに、業務スーパーで手頃な値段で売っている豚の角煮が、僕が作るのとあまり変わらないことを確認していた。

なので豚の角煮は買ってきたもの。


鶏ハムは作るつもりでいたら、2日前から仕込みをしないといけないのを忘れてた。

時短レシピを調べたら、最近は仕込み無しで作るレシピのほうが普通のようだ。

いつもと若干味わいは異なるが、別に構わない。


伊達巻。失敗して、一枚目を味付け無しで焼いてしまった。しかし、見た目は悪くない。

今日は、ちゃんと焼いた二枚目を食べたので、いつもどおり。


金団は、大成功。

ここ数年は長女次女が裏漉しをやってくれる。しかも、2度越しするので非常に舌触りなめらか。

そこに、今年はちゃんとクチナシも入れたし、甘さは控えめで栗と芋の甘さを活かした、非常に美味しいものとなった。

これは、市販品以上の出来だと自負する。


いくら。

毎年秋のうちに筋子から作るのだが、昨秋はコロナで外出を控えているうちに、買い逃してしまった。

ネットで冷凍物を買ったが、自分で作るより高いのに、自分で作るより味が落ちる。


味付け玉子。

大量にゆで卵をつくり、だし醤油ににんにくを入れたものにつけただけ。

だし醤油を濃縮のまま使ったら、少し塩辛かった。


松前漬け。毎年使う、市販キット。一応調理はするのだか、袋を開けて混ぜるだけ。

そこに、クリスマス前の安いうちに買っておいた冷凍数の子を混ぜた。


あとは市販品そのまま。

黒豆、膾、ままかり、昆布巻き、紅白かまぼこ、ワカサギの甘露煮、さくらんぼの練切り。




昨年末は、12月に入ってから少しづつ大掃除をすすめ、上に書いたように おせち も手抜きしたので、大晦日の夜にゆっくりできる余裕があった。


子供が小さい頃は、子育て優先で余裕がなく、深夜0時を過ぎてもおせち作ったりしてた。

ここ数年でも、紅白見ながらせわしなく掃除をしていて、ゆく年くる年が始まると、「タイムリミット」で打ち切っていた。


年越しのときくらいは、心穏やかでありたい。




同じテーマの日記(最近の一覧)

料理

別年同日の日記

03年 謹賀新年

03年 -70度

05年 A Happy New...

06年 あけましておめでとうございます

13年 あけましておめでとうございます

15年 あけましておめでとうございます

16年 あけましておめでとうございます

17年 あけましておめでとうございます

18年 あけましておめでとうございます

19年 あけましておめでとうございます


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています


戻る
トップページへ

-- share --

0000

-- follow --




- Reverse Link -