2003年04月18日の日記です


ココナッツ  2003-04-18 23:33:27  料理
ココナッツ

スーパーに行ったら、金曜日 89円セールというのをやっていた。

なんでもかんでも 89円だ。肉は 100g 89円だし、ジャガイモは一袋 89円だ。


で、そんななかに「ココナッツ89円」があった。


ココナッツなんて、一体買ってどうするというのか。だいたい、どうやって食べるのかもわからない。

でも、「面白そう」ということで買ってきた。


中華街で、椰子の実を売っている。あれは、よく切れるナタで頭の部分をスパスパと切り落として、なかのジュースを飲ませてくれる。


包丁で頭の部分を切ってみる。固くて切れない。

それでもやわらかい部分をある程度切ってから、コルク抜きをねじ込んでみる。

どうにかこうにか小さな穴が開いたら、スプーンの柄をねじ込んで穴を広げる。広がったところでココナッツジュースを取り出す。


さて、ココナッツはジュースも取れるが、これは副産物みたいなもの。

むしろメインは、中にある白い実の部分だ。これを取る為には、実を割らなくてはならない。



これも、ナタがあれば簡単に割れるかもしれない。しかし、一般家庭にはナタなんて無いし、あっても家の中で振り回すのは危険だ。(ナタは半径2m以内に何も無いところで使いましょう)


妻が、ギコギコとのこぎりで切り始める。周囲に筋ができたところで「強いショックでも与えれば割れるかな」と、家の外に出てコンクリートの地面に叩きつける。いい音がしてココナッツは跳ね返っただけ。


さらにギコギコと切りつづけ、固い部分が分離できた時点で、あとは手でねじったら半分に割れた。

(写真は、割れた片方)



ちなみに、この作業、僕は全然手を出していない。

ココナッツを「割ってみたい」と買ったのも妻なので。


とりあえず実とジュースは取り出したが…まだなにに使うか決めておらず、冷蔵庫に入っている。

東南アジアの香りがする。




同じテーマの日記(最近の一覧)

料理

関連ページ

ココナッツは【日記 03/04/20】

別年同日の日記

05年 電線架け替え

11年 難しい見積もり

13年 行く前から苦言

15年 エドガー・コッド 命日(2003)

16年 プログラム教育と義務教育


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています

【デュッセルドルフ】 成功しました!まず、ドライバーセット(我が家のは8本セット)の中に錐が太くなったようなものがあったので、それをとんかちでココナッツに打ち込む。思っていたより早くひびが入り、そこにマイナスドライバーを差し込んでこじ開けました。ジュースは透明。淡白な味で意外でした。あのー、皆さん、味はどんなでしたか?是非きかせてください。 (2004-11-21 04:50:12)

【デュッセルドルフ】 こんなに役立つサイトがあって、本当に嬉しいです。 (2004-11-21 04:44:03)

【デュッセルドルフ】 今日、ココナッツの安さに惹かれて買ってきました。値段は70セント。振るとチャポチャポとココナッツジュースの音がしたので家族4人で面白がって買ってきました。食後のデザートにしようと包丁を出してきたけれど・・・まさに歯がたたない。今も主人と子供ふたりで奮闘中です。本当に今日中に飲めるのだろうか?主人「鉈かドリルか・・・」と言っていますがどちらも家にはありません。成功したらまた書き込みします。 (2004-11-21 04:35:04)

あきよし】 後日談になりますが、うちのココナツはココナツミルクにしてカレーに入れました。妻は固い食品を割るのが好き(?)で、鬼胡桃(非常に硬いクルミ)を買ってきて格闘したこともあります。…1つ開けてハムスターにあげただけで、全部まだ残っています (^^; (2004-05-30 10:34:33)

【NINE】 今日、ココナッツを買いました。女子大生二人で、128円に惹かれて購入→包丁使用→太刀打ちできず→オーブンで熱すればいいという情報を目にしたので加熱→変化なし→近所の公園の地面に叩きつける→・・・ついに破壊!!!・・・というようにココナッツと奮闘した挙句、食べ方がわからずに右往左往していたとき、この日記を見つけました。衝撃的でした。自分たちほどココナッツに苦しんだ人はそうないだろうと思っていた矢先に、「もっとスゴイ方がいた!!!!」と思いました。・・・ホント、扱いづらい食べ物ですよね。そして今まさにこの部屋と二人の手も東南アジアの香りがします・・・。128円でこんなに笑えたのでよかったと思います。 (2004-05-29 20:42:23)


戻る
トップページへ

-- share --

0000

-- follow --




- Reverse Link -