2003年09月27日の日記です


インベーダー25周年  2003-09-27 15:38:46  コンピュータ

ふらりと入った本屋で、『「ゲーセン」最強読本』という本を見つけた。


別冊宝島で、「永久保存版 名作ゲーム BEST 100」というサブタイトルがついている。

インベーダーゲーム25周年記念なんだそうだ。


以前はゲーム業界にいたし、いまも広い意味ではゲーム業界の端っこに引っかかっている。

特にこういう「歴史もの」は好きなので、資料のつもりで購入した。



昔のゲームについては、まぁ異論の無い選定。

最近のものは評価が固まっていないのでともかくとして、10年以上前のゲームで選ばれているものは、歴史に残してよいゲームだと思う。

(一部「単にライターが好きだっただけではないか」というものもあるが…)


あれが入っていない、これが入っていないというものはあるが、最初から「BEST 100」としているのだから多くを望むのは無理というもの。




ちょっと不満なのは、ライターがみんな「ゲームを懐かしんで」書いているだけで、ゲームに対する造詣が無いこと。

なにぶん「別冊宝島」だし、多少の間違いは仕方が無いとは思うが、あまりにも勘違いしすぎているのはどうも…


QIX がベクタースキャンだとか。

ファミコンの「エキサイトバイク」がザクソンと同じ斜めスクロールだとか。


実物を一目見れば、明らかに「間違っている」とわかることを、そのまま載せているのはおかしいのではないかと思う。



細かい点を上げればきりが無い。


ドルアーガの塔は、最後の2面を除いて全面に宝箱があるとか。(実際は 25、55面もない)

スターブレードがアーケード業界で始めてのポリゴンゲームだとか。(I' ROBOT や Hard Drivin' は?)

キャラクターの名前などには間違いが多い(スターフォースの隠れキャラは「ハイド」ではなく「ヒドン」)


こういう間違いは、あまりに多すぎて書ききれない。

しかし、こういうのは重箱の隅をつつくようなあら捜しなので、あまり騒がないのが大人の対応…だとは思う。


まぁ、「テレビゲームの黄金期」が青春と重なっている人は、買って損の無い本。

「間違ってる」と突っ込みを入れるのも、それはそれで楽しいし(笑)


オススメの一冊。




同じテーマの日記(最近の一覧)

コンピュータ

別年同日の日記

08年 トミカ博

13年 ラリーウォールの誕生日(1954)

14年 アラン・シュガートの誕生日(1930)

16年 Googleの誕生日


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています


戻る
トップページへ

-- share --

0000

-- follow --




- Reverse Link -