2009年01月06日の日記です


Q&Aコミュニティ  2009-01-06 15:44:24  その他

Q&Aコミュニティに対する見解。

私見なので、「そうは思わない」人がいてもかまいません。怒らないでください。


まず、先日書いた日記で、Yahoo!知恵袋のことを少し書きました。

その部分を、全部引用しておきましょう。


おまけ。

Yahoo! 知恵袋で、今年の夏に、エジソンロックのことを質問した人がいたようだ。


おもちゃの名称や特徴まで正確に覚えていたにもかかわらず、「デルタックスの間違いではないか?」という唯一の回答がベストアンサーで解決、という事態になっている。


まぁ、この手のQ&Aコミュニティで正しい答えが得られるはずも無いのだが、あまりの的外れっぷりに愕然。


これに対し、以下のコメントが寄せられました。


【エジソンロック】 知恵袋でエジソンロックを質問したのは私。確かに全く期待していた答ではなかったのですが、回答下さった方が1人だったのでBAに選ばせていただきました。が、思い出し又検索したところこちらで画像を見つけ感動しました。こんなタイヤもあった!!美味しそう、と思いながら遊んだ事も思い出しました。わざわざこちらで取り上げていただいてるのであれば知恵袋での質問の時に回答が欲しかったですが。 (2009-01-03 00:11:31)


あまり詳細を書かずに「正しい答えが得られるはずも無い」と言い捨ててあったのですが、このようなコメントをいただいたからには、自分の考えを説明しておく必要があると感じたため、明記しておきます。




まず、自分自身は先日の日記に書いたように、「はてな」や「Yahoo!知恵袋」のような、Q&Aコミュニティに対して、かなり懐疑的です。



知識を持っている人は、大抵ある程度の「問題解決能力」を備え持っています。

そして、それがゆえに人に聞く前に、自分で解決してしまうことが多いです。


問題解決能力が低い人は、人に聞くこともあります。

通常は、問題解決能力の高い人に聞くことになるわけですが、Q&Aコミュニティでは、「不特定多数」に聞くことになります。ここで、問題解決能力が高いか低いかはともかく、「沢山の人がいれば、中に正解を知っている人もいるはず」であることに期待するわけです。



しかし、そもそもQ&Aコミュニティは「相互扶助」のシステムで成り立っています。

つまり、コミュニティの住人である「質問に回答しようとする人」はまた、「積極的に質問したいから住人になっている人」、つまり問題解決能力の低い人であることが多いのです。


これが第1の問題。

3人寄れば文殊の知恵ではありますが、能力の低い人間が集まっても「烏合の衆」となってしまい、解決に至りません。



もちろん、問題解決能力の高い人間や、知識としてたまたま答えを知っている人間は実際に存在しています。

しかし、質問数の多さに対し、それらの「答えられる人」の数は不足しています。

今のコミュニティが十分に大きくないから、という側面もありますが、割合の問題なのでコミュニティが大きくなっても解決できないでしょう。




今回、私はたまたま答えを知っている質問に出会いました。

…というか、ネットで検索していると、かなり頻繁に自分が答えを知っている(そして、正しい答えが提示されていない)質問に出会います。


しかし私は、その質問に回答しません。

理由は簡単で、回答期限を過ぎているために、システムが回答を受け付けないのです。


私は、そもそもQ&Aコミュニティの住人ではないため、「たまたま検索で知った」という形で質問に出会うことが多いです。


ここで、多くの人が知っているように、検索エンジンにページが登録されるのには数日かかります。

GoogleRank のような手法では、登録されたページがそれなりに上位に来るのには、さらに長い時間がかかります。


そして、質問の多くは、数日で回答が締め切られます。

つまり、多くの人にとって、質問は「締め切られた後に読むもの」なのです。



良心的なシステムであれば、締め切られた回答であっても「コメント」や「トラックバック」で訂正を行うことが出来ます。

しかし、私の使用している CMS ではトラックバックは作れませんし、コメントを書くにはQ&Aコミュニティの住人になる必要があります。

気軽に訂正できるのであればともかく、そこまで面倒を負ってまで間違いを訂正してあげよう、という気にもなりません。




これが第2の問題。

正解を知っている人間が質問を読んだときには、既に回答は締め切られています。

訂正が可能であったとしても、そのための方法は非常に面倒くさいため、訂正されることはまずありません。



私の場合、間違った答えがベストアンサーに選ばれているのを見るたびに「多くの人が間違えに気づかずにその回答を鵜呑みにするのかな」…と密かに危惧しています。

中には正義感に燃え、面倒を乗り越えて訂正する人もいるかもしれませんが、今回はとりあえず、自分の日記のネタにしました。


これで、「検索する人は、間違えた答えと同時に、正しい答えも見つけることができる」と期待するためです。

面倒を乗り越えて訂正を試みるよりは簡単です。



日記へのコメントには


>わざわざこちらで取り上げていただいてるのであれば知恵袋での質問の時に回答が欲しかったですが。


とご指摘いただきましたが、回答しなかった理由は以上のようなものです。ご了承ください。





Q&Aコミュニティでは、相互扶助を促進するために、なんらかの「ポイント制」がとられています。

質問に良い答えを返せばポイントがもらえる、というようなシステムです。


しかし、このポイントを集めることのみが目的になってしまっている利用者を度々見かけます。

自分の書こうとする答えが正しいかどうかも検証せず、自ら「よくわからない」としながらも回答する、などです。


質問者が正しい回答にのみポイントを与えられればよいのですが、そもそも質問者は「正しい解答がわからない」から質問をする場合が多々あり、どんな些細な情報でも…嘘情報であっても、ポイントをもらえる可能性があります。


そのため、混乱を招くだけの情報を答える回答者が後を絶ちません。



質問者側にも問題があり、解決に至らない場合でも、明らかに違うとわかっている答えに対して「せっかく書いてくれたのだから」とお礼にポイントを渡してしまう場合があります。

こうなると、その答えは「正しい答えだった」とシステムが認識し、永久にネット上に掲示されることになります。


後でQ&Aを検索する人にとって混乱を招くだけの情報であるにもかかわらず、質問者がそれを流布することに積極的になってしまうのです。



これが第3の問題。

Q&Aコミュニティでは、回答者と質問者が結果的に共謀して、嘘の情報をネット上に流し続けることが常態となっています。



日記へのコメントには


>確かに全く期待していた答ではなかったのですが、回答下さった方が1人だったのでBAに選ばせていただきました。


とありましたが、期待した答えでなければ「ベストアンサーなし」とすべきだったように思います。

そうすれば、質問も回答も全て消去され、少なくとも後で検索するユーザーを混乱させることは無かったでしょう。



#と書いたところで、良く調査したら「嘘でもベストアンサーにする」ようにすると、質問者のポイントが多くもらえる、というのが Yahoo! 知恵袋のシステムなのですね…

 システム自体が、混乱を冗長する方向に作られている、ということであれば、なおさらQ&Aコミュニティには懐疑的になります。





私がQ&Aコミュニティーに懐疑的な理由は、以上の3つの問題によります。


正しい回答が得られないばかりか、間違えた回答が正しいとお墨付きを得て、ネット上で情報として流布し、さらにその情報を誰も訂正しようとはしない…という恐ろしい循環になっています。



相互扶助は崇高な考え方ですが、純粋な相互扶助ではなく「ポイント」という動機付けを行ったために、不純な輩が沢山入り込んでしまったのでしょう。


回答期限を区切らないといけない、ユーザー登録しないと回答・コメントできない、というシステムもそれに輪をかけています。

もっとも、こちらは「ポイントを与えるために」期限を区切り、「ポイントを管理するために」ユーザー登録する必要があるのですから、ポイントを撤廃してしまえば何の問題も無くなるはずです。



では、回答期限もユーザー登録もポイントもなくすとどうなるか…といえば、Wikipedia のようになるのでしょう。


Wikipedia は、ユーザー登録は本来前提ですが、匿名でも記事の編集が出来ます。

間違えた記述に関しては、発見者が、いつでも、誰でも修正可能です。

報酬は基本的に「正しい情報の配布に寄与できた」という自己満足だけで、非常に崇高な考え方です。


もっとも、少なくとも日本語版の Wikipedia は、語句数も少ないですし、間違いだらけであまり信用できません。

それでも、Q&Aコミュニティーよりは信頼度は数段上でしょう。




最後に、ここまで書いておいてなんですが、Q&Aコミュニティーにも、時々感心するQ&Aを見つけることがあります。

ただ、割合が圧倒的に少ないと言うだけです。


Wikipedia は質問する場ではないため、Q&Aコミュニティーの替わりになるものではありません。

そのため、今後もQ&Aコミュニティーは残り続けるのでしょう。


ただ、僕自身は今後も質問することも、回答することもなく、時々検索して行き当たっては、「間違えた情報が…」と要らない憂慮をし続けるのだと思います。




同じテーマの日記(最近の一覧)

その他

関連ページ

カップヌードルミュージアム【日記 14/03/31】

ntsysv の名前の由来【日記 15/08/25】

シュークリームの革命【日記 16/05/02】

メモリアドレス【日記 18/07/12】

別年同日の日記

03年 仕事始め

04年 おもしれぇ

10年 あけましておめでとうございます

13年 Windows8 導入

19年 松の内にやったこと


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています

【イーさん】 遊んでいる最中、部品が足りなくなり二人で取り合いをしています。もう、1セット買い求めようとしてひらいたのがこのページでした。私と同じ思い出を持っている方たちがいるのを知りちょっと感動です。 (2012-04-14 12:47:12)

【イーさん】 エジソンロック、家にもあります。息子と娘に買い与えた物ですが今孫が遊びに来たときに夢中になって遊んでいます。 (2012-04-14 12:43:33)


戻る
トップページへ

-- share --

1000

-- follow --




- Reverse Link -