2017年12月10日の日記です


風邪ひき  2017-12-10 17:30:28  家族

最初は小4の長女だった。


朝元気に学校に出かけたのに、昼過ぎに「給食を食べた後、急に気分が悪くなって吐いてしまい、保健室にいる」とお迎えの要請があった。


元々長女は胃酸過多の気があるようで、時々気分が悪くなる。

胃酸過多なので、重曹を少し飲めば直る。普段から苦いものが好きだし、酸っぱいものが苦手。


お腹がすきすぎると気分が悪くなることが多く、その時は食べれば治まる。

この日も給食前に気分が悪くなり、いつものようなものだろうと思い給食を食べたのだが、治まらなかったとのことだった。


いつもとちょっと様子が違うけど、胃酸過多気味だからねぇ、と思っていた。



翌朝もなんかまだ気分が悪いという。

音楽発表会が近いから、少しでも練習を休みたくないと言いながらも、学校行くのが心配だという。


本人が行きたいけど躊躇する、ということはよほど気分がすぐれないのだろう。

念のために学校を休ませる。


その日の昼過ぎには体調が戻った感じで、翌日は元気に学校へ行った。




数日後…先週の木曜日。

今度は小2の次女が朝早く、僕を起こしに来た。

いつも寝坊助で起こしてもなかなか起きないのに、お腹が空いて起きてしまったという。


ところが、朝ごはんが思ったより食べられない。気持ちが悪いという。

熱を測っても平熱。でも、念のために休ませることにした。


僕が仕事をしていると、急に次女に呼ばれる。

行ってみると、気分が悪くて吐いてしまったという。

慌てて自分で洗面器を取りに行ったので、そこら辺を汚したわけではない。



これはもしや、長女と同じ症状か?

吐いてしまってお腹が空いたというので、慎重に少しだけ食べさせるが、案の定吐いてしまう。


熱を測ると、37度を越えていた。




それに前後して、妻も気持ちが悪いと言い出した。

熱はこの時点ではなかったが、後で発熱した。


二人とも安静に寝ていてもらう。



この木曜日は僕も仕事が忙しく、在宅で受けていた仕事が2つ同時に締め切りを迎えていた。


僕がやっている仕事はほぼ終わっていたのだけど、土壇場での仕様変更による微調整や、自分の管理外の部分で出たバグの相談など、仕事は続々と来ていた。


で、仕事をしている最中から、自分も少しヤバイ気がしてはいた。

忙しいので、自分を騙すように平気を装っていたのだけど。




仕事を一区切りつけ、子供たちの夕食を作り、寝かしつける。

案の定気分が悪かったので、夕食はあまり食べないようにして置いた。


いつも多少の風邪をひいても元気な妻が、いつになく弱っている。

心配をかけるわけにはいかない…と思ったのだけど、自分の状況を把握しないわけにはいかない。


子供が寝た後、熱を測ると、38度を超えていた。少しくらいあるとは思ったけど、予想以上。


金曜日は長女の音楽発表会があり、見に行ってやりたい。さっさと寝ることにする。




翌日、風邪でだるくて寝過ごした。


すぐに朝ごはんを作り、子供を学校に送り出す。

次女はまだ熱があるので引き続き休み。


妻はまだだるそうなので、僕が音楽発表会を見に行くことにする。

市内の小学校の選抜メンバー(うちの子の学校は1学年全員)を集めて行うもので、市の芸術館まで行かなくてはならない。


自転車で 15分ダッシュ。

子供のところだけ見たら、またダッシュで戻る。仕事が週末締め切りなんだってば。


仕事は事情を話して午後からの作業にさせてもらっていたが、作業が溜まっていた。

というか、言われた作業を黙々とこなしていたら、最終的に作業指示を出していた人たちの間でもめ出した。

週末締め切りの作業で忙しいのに、来週やればいい作業を発注していた人がいるらしい。


熱が下がってきた妻が、夕食作ってくれたので助かった。




翌日は…土曜日なので思いっきり朝寝過ごさせてもらう。


風邪でだるい。まだ熱があった。


午前10時40分ごろに、「もう一つの仕事」の方から連絡あり。

作っていたプログラムが週末締め切りだったのは、この日の午後使う予定があり、11時からリハーサルだったから。


ところが、リハーサル前に準備していて、バグに気付いてしまったのだという。

僕の担当部分とは違うバグなのは明らかだったのだけど、「短時間で解決してくれそうだから」と連絡してきたのだ。


信頼されているということで、ありがたい。

バグの原因は11時前には判明できて、僕の担当外の部分で作り出しているデータが不正だった。


僕の担当はデータの表示部分だったのだけど、作成部分は今から修正できないので、表示部分で誤魔化せないかと。

根本的なバグは後でどうにかすることにして、とりあえず対処。11時半ごろには完成した。


リハーサルはともかく、本番には間に合ったわけだ。




昼ご飯の後、だるくて少し寝る。

起きたら熱が下がっていた。


夕方から、子供の歯医者。中学1年の長男も含め、子供3人とも歯の矯正中。

矯正は保険利かないのむっちゃお金かかります。



で、歯医者行く直前から、急に長男が「気持ち悪い」と言い出した。

こんな状況の中では当然だが、感染したようだ。


歯医者からの帰りには寒いとも言っていたので、家に帰って熱を測ると微熱があった。

もっとも、その後すぐに熱が下がり、この日はスプラトゥーン2のフェスだったので、夜は元気にゲームやってた。




そして今日、日曜日。


近所で町内餅つき大会があった。


餅つき大会と言いつつ、焼きそば、豚汁も振る舞われ、抽選会で景品も当たるという豪華なもの。

(町内にある工務店さんが主催して、すべて無料)


長女・次女とも昨日歯に矯正具を入れ、食べにくいし歯が痛いという。

長男は風邪が心配だという。


じゃぁ、今日は行くのやめとこうか? というと、3人とも口をそろえて「行くには行きたいのだけど」と。



じゃぁ、とりあえず行こうか。

行ってみたら案外楽しめて、すぐ帰るつもりだったのに最後まで遊んでいた。


#工務店主催なので、端切れなどを無料放出した工作コーナーなどある。


もっとも、長女・次女は食べるのが大変で、多くのものをお持ち帰り。

これは風邪のせいではない。




とりあえず、我が家の風邪のピークはこれで過ぎたようだ。

長女の発症から、次々と伝播していくスピードを見ると、感染力も高いし潜伏期間も短い感じ。


もっとも、「気持ち悪くなる」のが主な症状で、長女と長男はすぐに治った。

妻はなぜか重症化したのだけど、僕と次女は熱はあっても結構動けていた。



まぁ、残念と言えば、「風邪だから寝込む!」って寝てられなかったこと。

妻と同時に発症してしまったからね。妻が元気だったら、寝てられた。

そんなのが許されるのは風邪の時だけ。


まぁ、一家を守る主夫…を自任しているので、倒れず家事をこなせたのは誇りです。



同じテーマの日記(最近の一覧)

家族

別年同日の日記

02年 昨日は雪でした

13年 たき火

14年 エイダ・ラブレイス伯爵夫人の誕生日(1815)

18年 辞職を切り出す


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています


戻る
トップページへ

-- share --

0000

-- follow --




- Reverse Link -