2020年08月21日の日記です


視野欠損・その3  2020-08-21 10:49:31  その他

引き続き、視野欠損の話。

その後病院には行っていないが、なんか進展があったっぽいので書き記す。



昨日のうちに、急激に「見えなかった部分」が見えるように戻ってきている。


動脈の炎症により血流が滞っているのが原因、ということだったので、やっと炎症が治って、血流が戻ったのかもしれない。


これで「見えるようになった」ということは、ありがたいことに網膜細胞は死滅してなかったのだろう。

活動には不十分だが、生存には十分なレベルの栄養が供給されていたということか。


血管が完全にふさがると、栄養供給が絶たれてアウトだが、血流が悪くなった程度では「おかしな状態になるが大丈夫」というのはよくあることだ。


正座していたら足がしびれる、というのもそう。あれは、神経がうまく活動できないレベルに追い込まれている。


実際、今回処方された薬の中には「手足のしびれをとるときに使う薬」と説明されているものがあった。

医者としても、これを予期していたのだろう。




しかし、見えるようになったから完全回復というわけではなくて、まだ見え方はおかしい。

先日書いたように、「水晶フィルタ」がかかったような状態が、少し残っているのだ。


これが一部死滅による解像度低下なのか、しびれている間に学習してしまった結果なのかはわからない。

でも、後者じゃないかと思っている。


学習だとすれば、1週間程度で学習して「水晶フィルタ」になったのだから、また1週間くらいの学習で元に戻るだろう。



まだ医者の診断を受けるまで楽観するつもりはないのだけど、ひとまずよかった。



同じテーマの日記(最近の一覧)

その他

関連ページ

視野欠損・その4【日記 20/08/25】

別年同日の日記

02年 ネットカフェ

03年 人間ドック


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています


戻る
トップページへ

-- share --

0000

-- follow --




- Reverse Link -