2005年10月17日の日記です


歩きました  2005-10-17 11:42:25  家族

最近親ばか日記ばかりで申し訳ない (^^;

また親ばかな話です。親ばかというより、馬鹿な親かも知れません。




3週間前に立ったうちの子供ですが、歩くことを覚えつつあるようです。


最初は立つのもやっとでしたが、時々「前に進もうとして倒れる」ことを繰り返しました。

それが、やがて1歩進めるようになり、2歩進めるようになり…



こういうのって、徐々に覚えていくものと思いがちですが、普通はそうではなくてどこかで急に「ブレイクスルー」が現れます。


2日前の朝のこと。

それまで3歩進めれば上出来だったのに、急に9歩も歩きました。

しかも、9歩で「倒れた」のではなく、障害物があってそれ以上前に進めなかった、という形。


おぉ、これはすごいと妻とともに喜んだのですが、本当にすごかったのはその日の夜でした。



本人もなにか思うところがあったのでしょう。

室内を、ハイハイせずに立って横断してみようと考えたようです。


3歩進んでは倒れ、すぐに立ち上がって2歩進んでは倒れ…あきらめずに、8畳の部屋を歩いて横断しました。


そして、それがよほど楽しかったのか、その後しばらくの間一生懸命歩き続けです。

なにやら知らぬが自分で「スタート」と「ゴール」を設定したようで、ゴールまでくるとハイハイで戻ってスタートからやり直します。


伝い歩きできるくらい近くに壁があっても、壁には触ろうとせずに歩いています。



最初は、前に倒れがちでした。

でも、そのうちに背筋が伸び、後ろ向きにバランスを崩してしりもちをつくことが多くなります。

それとともに歩ける距離も伸びていきました。


時間にして30分程度ですが、上達するのが目に見えてわかります。

「あぁ、人間ってこうやって学習するんだ」と思わせる時間でした。


最終的に、5歩程度は簡単に歩けるようになり、時々10歩を超えます。

一番長く歩けたのは 15歩、距離にして1.5m程度でした。




ところで、この直前に「そろそろ立てるようになったから」と靴を履かせてみたところ、非常に嫌がりました。


歩けた翌日、靴を見せたところ、今度は自分で履きたがります。

履かせてみると、気に入ったようでずっと履いています。


歩くことと靴の因果関係が理解できたのかもしれません。



硬い靴はまだ足首の動きを阻害するようで、歩けなくなってしまうようです。

靴を履く練習用の、やわらかい室内履きを履かせています。




同じテーマの日記(最近の一覧)

家族

別年同日の日記

02年 文章長いよなぁ…

13年 夏の家族旅行の旅行記


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています

あきよし】 3週間たって、平らでない屋外でも歩けるようになりました。歩きもかなり安定していて、舗装道路であれば転ばずにずっと歩いています。 (2005-11-03 22:38:25)

あきよし】 およそ1週間後の現在、最長記録は45歩です。あくまでも最長なので、10歩行かず倒れることもあるけど。うちの子の場合、玄関まで行って「外に出せ!」と要求するので、室内の危険よりも屋外の危険の方が心配です。 (2005-10-21 11:28:46)

【永田電磁郎】 おお、いよいよ本格的に歩くようになったんですね。さ、これから、更にひやひやの連続ですよ。でも、それもまた楽しいです。我が家は未だに、当時の名残で、あちこち危ないところにクッションテープがはってあります。テレビ台のガラス扉の縁とか。 (2005-10-20 13:15:22)


戻る
トップページへ

-- share --

0000

-- follow --




- Reverse Link -