2011年08月04日の日記です


家族旅行2日目  2011-08-04 14:19:20  家族

2日目は、基本的に「帰るだけ」の旅。


もし時間に余裕があったらどこかに寄ってもよい、と言うつもりで下調べはしてきた。

でも、最初から寄るつもりはあまりなかった。




宿を出たのは10時。

バスで元箱根まで行く(310円)。ここから「箱根海賊船」で、桃源台まで。


最初から桃源台に向かってもよいのだが、今回の旅の目的は「乗り物を楽しむ」なので。



桃源台からロープウェーで大涌谷まで。2日目の唯一の目的地。

ちょうど12時だったので、レストランが込む前に昼飯にする。



…大涌谷ロープウェー駅に付属のレストラン、あまりお勧めしません。

店員が、まったく気が利かない。

平日だから「いつも以上に」忙しかったと言うこともないと思うのだが、何から何まで待たされて…いや、待つと言うよりは放置されていて、子連れには先の予測ができなくてつらい。


名物であるカレーは悪くありませんでした。

が、ノーマルよりも甘口のほうがおいしかった。辛いのが好きな妻でもそういっているのだから、僕が辛いのだが苦手だ、とか言う話でもありません。



展望レストランだったのだけど、窓の外は何も見えず。…一面の霧でした。

3年前も、非常に天気が悪くてなにも見えなかった覚えが…。


でも、食べている間に晴れました。先に食べて正解だった。

食べ終わり、よく晴れてきたタイミングで外へ。

大涌谷を登ります。



15分ほど歩けば、茶屋がある。ここで黒たまごを購入。

前回「おいしかった」という記憶がある長男は、「ぼく3個食べる」と張り切っている。

でも、とりあえず5個パックを1袋。お昼ごはん食べた後だしね。


5人家族なので1人1個…はあっと言う間に食べ終わり、1袋追加購入。

2個目は熱くてなかなか剥けず、食べるのが遅くなったけど、「3個目食べる」という長男の要望で、3袋目購入。


食べ終わって満足した長男、「これで死ななくなるんでしょ?」


いや、死なないじゃなくて「死ぬまで長生き」だから。説明したが、どうも冗談が理解できていない様子。


ところで、3年前の日記に「キャッチコピーが変えられてしまっていて残念」と書いたが、今年はこのキャッチコピー自体を見かけなかった。

「薬事法が厳しくなったから、うかつな効用をいえなくなったんじゃない?」と妻。そうかもしれない。




ロープウェーで強羅まで降り、登山鉄道へ。

登山鉄道は混んでいたが、次女を抱えた僕を見て、親切な方が席を譲ってくれた。

そして、眠そうな長女を見て、隣の方も席を空けてくれた。好意をありがたく受け入れる。


長女は座ってすぐに寝てしまう。

しばらく運転席を眺めていた長男も、やがて眠そうになってきたので、僕と席を替わる。



さて、次女は抱えていないと仕方がないし、長男・長女とも寝てしまった。

この後の乗り換えどうしよう…と思っていたら、長男の隣に座っていて「寝るんならよっかかっていいよ」と肩を貸してくれていたおばあさんが、終着駅で長男を起こす。

眠いながらも長男は自分で移動。これで乗り換えは何とかなった。


小田原到着が4時少し前。

長女も目を覚ましたので、駅のコンビニでおやつを買い込んで JR へ。完全に帰途へつきました。



移動を楽しむたびだったので、基本的に「寄り道」は1日1箇所だけ。

でも、非常に楽しいたびでした。


長男・長女は「来年も彫刻の森行く」と今から言っています。

工事中で遊べなかった「シャボン玉のお城」で遊びたいんだそうです。もちろんネットの森もね。





同じテーマの日記(最近の一覧)

家族

関連ページ

夏の家族旅行(箱根) 1/3【日記 14/08/01】

宮ケ瀬ダム見学(2/2)【日記 17/11/07】

旅行の記録

別年同日の日記

13年 「迷路のねずみ」動画公開

16年 手相占い特別版


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています


戻る
トップページへ

-- share --

0000

-- follow --




- Reverse Link -