2011年08月24日の日記です

目次

08-24 クラウド
08-24 Picasa WEB


クラウド  2011-08-24 11:51:07  コンピュータ

▲目次へ ⇒この記事のURL

クラウド、と言う言葉が嫌いだった。



ここ数年、IT業界(って言い方も嫌いかな。パソコン業界です)でブームになっている語句である。


そろそろ一般にも浸透したかもしれないが、相変わらず何のことやら、の人も多いだろう。


クラウドって言うのはつまり、ちょっと前なら SaaS と言われたものであり、さらに前は ASP と呼ばれていた。


何で呼び方を変えたかと言うと、流行させようとして失敗したからだ。

失敗した、とみなされたものからは、急に人々の関心がなくなる。


すると、名前を変えて「新しい概念です」と宣伝するのだ。



thin-client も ASP や SaaS の概念の一分野であり、Java もそのための技術だった。

さらにさかのぼれば、X 端末や大型コンピューターの時間貸しに行き着く。


…なんだ、結局昔からあるものなんじゃん。

それを、「新しいものでござい」と宣伝する態度が気に食わないから嫌いだったのだ。




で、自分の仕事はと言えば、事実上 WEB CGI プログラマーである。

これは ASP の、SaaS の、クラウドの片棒を担いでいるのだ。


事実、重要顧客である、とある会社のとある部署は、最初は ASP 事業部だったのが SaaS 事業部に変わり、現在はクラウド事業部になっている。


まぁ、自分が嫌いなのは「新しいものだとごまかして宣伝する態度」なのであって、技術の使い方に文句は無いのだが。



実際には、名前が変わるたびに多少概念が異なってきているので、「ごまかしている」だけではない。


ASP のころは、WEB 側を perl でこなし、クライアント側を JavaScript で、と言うのが流行だった。

SaaS と言われ始めたのは、WEB 2.0 とか言われて、WEB 側が LAMP (Linux + Apache + Mysql + PHP) 、クライアント側が JavaScript 、と言うのが流行した。


現在のクラウドは、SaaS の延長上にある。しかし、JavaScript の性能は段違いに上がったし、クラウドという概念には、アプリケーションサービスだけでなく「ストレージ」や、「ホスト貸し」も含まれる。



で、やっと今回の本題だ。

特定用途データストレージとしての、Picasa web のお話。

(ここまで、前ふりが長すぎ! と自分でも思う)




震災直後の日記に多少書いたが、家の中で RAID-NAS を使用し、さらに週に一度自動的にバックアップを取っている。


この NAS には、家族の写真・ビデオが詰まっている。

他にも仕事の資料とか入っているけど、こちらはメインではない。



デジタルの恐さは、壊れてしまうと膨大なデータが一瞬で無に帰すことだ。

プリントされた写真なら、簡単に「すべてが一瞬で無くなる」事はないのに。


家族写真などがなくなるのは困るので、対策したい、と考えたのはかなり昔のこと。

最初は DVD にバックアップをとっていた。

でも、これは実に不便。気軽に写真を見ることができずに死蔵するのみ。


行き着いた対策が、NAS で共有しつつ RAID でエラー対策。かつ、定期バックアップで操作ミスによる消去対策、だった。


導入して3年ほどたつ。

バックアップ体制としては満足していたが、写真を気軽に見るための「共有」体制としては多少不満があった。

特に、ビデオを見る方法には困っていた


話は多少前後するが、ビデオを気軽に見るために、PC買い替え時には、動画の再圧縮性能も考慮してマシンを選んだりもしたが、なにかと面倒で再圧縮はいまだやっていない。



そして、震災。

被災地で、町が丸ごと流される映像を見て、「家の中だけで万全のバックアップを整えても足りない」と痛感した。

となると、クラウドだ。どこかにストレージを借りてバックアップを取るのがよいのだろう。

しかし、「万が一のため」に支払う保険料金としては、ストレージの代金は高すぎる。


震災後すぐに、調査を開始した。

無料で使えるものを探すと、せいぜい 5G 程度。それ以上のものもあるが、スピードが遅いと不評だったり、しばらくアクセスしないと消えてしまうなどの制限があったり。


自分は写真整理を Picasa でやっていたので、PicasaWeb を試してみた。

1G までは無料。写真を縮小してアップロードする機能が Picasa にあるので、640x480 に制限してアップしてみたが、1年半分くらいしか入らなかった。容量的にも、画質面でも、バックアップとするには足りない。


「いつかよいものを見つけなくては」と思っただけで、このときの調査はコレで終了。




最近になって、Google + がサービス開始。

Picasa web は Google + の一部として組み込まれ、写真共有のためにさらなる便宜が図られた。


容量は相変わらず 1G まで。

でも、800x800 以下の写真や、15分以内の動画は容量に含めず。

これが、Google + の会員になると、2048x2048 まで許可される。


試しに残り容量を見ると、640x480 の写真を 1G 分アップしてあったのに、0 になっている。

すぐに、Google + のアカウントを申請した。

基本的に招待制だが、申請しておけば「空きがある」時に、直接 google から招待がくるから。



で、先週。

大学の後輩から、google + に招待を受けた。

喜んで登録させてもらい、試す。


おぉ、これはすばらしい。

単に容量の問題だと思っていたのだが、容量が大きくなることで、それまで見えていなかったものが見えてきた。

具体的に言えば、ここ数年解決できずにいた問題、「家庭内で気軽に写真が見れるようにすること」「気軽に動画を見られるようにすること」「バックアップを取ること」がまとめて解決してしまった。



えーと、詳しく書くと長くなりすぎるので、ここで一度きる。

だから、前振り長すぎるんだって>自分



▲目次へ ⇒この記事のURL

同じテーマの日記(最近の一覧)

コンピュータ

関連ページ

ビデオ圧縮【日記 12/02/06】

別年同日の日記

03年 マクドナルド

12年 コメントへの返答


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています

Picasa WEB  2011-08-24 12:34:08  コンピュータ

▲目次へ ⇒この記事のURL

前の記事の続きです。


家族写真・動画を保存する構造を数年間模索していたのですが、気軽に見る方法がなくて、死蔵するばかりになっていました。

震災を機に、家庭内だけでどんなにデータが壊れない構造を作ってもダメだ、と痛感しました。


で、Google+ と Picasa WEB の組み合わせで全部解決した、すばらしい! というわけで詳細。




まず、Picasa (WEBではなく、アプリケーション)で写真管理します。

この写真自体は、NAS 上においてあります。


動画なんかも NAS 上にあり、一応 Picasa で見られるのですが、ネットワーク速度の問題で実用ではありませんでした。

(置いてあるデータが .m2t …DV テープ式ハイビジョン画像のデータなので。一番圧縮率が低い(=画質はよいがデータが大きい)データ形式です。)


一時期、写真の共有のために、別のマシンにも Picasa を入れて同じディレクトリを参照する…ということをやったのですが、これはダメです。

Picasa は、写真データディレクトリとは別の場所(ローカル)に、写真を管理するためのデータを大量に作るので。



で、Picasa WEB へは Picasa から一括アップロードします。

データ同期を使うと、Picasa を起動するごとに時間をかけてデータの差分を探そうとするので遅くて仕方ありません。


アップロード時のオプションは、1600ドットに縮小、です。

バックアップ目的なので、共有は限定公開にします。


元の画質のままのバックアップではないですが、「家が流されるほどの大災害」を憂慮してのバックアップなので、そのときには 1600ドットでもないよりまし、コレで十分です。


元画質のままバックアップすると、1G 以上の分については 2048 ドットに自動的に縮小されることになっているのですが、この方法はうまくいかないようです。

(友人の報告なので、自分では確認していません。詳細後述。)



写真は、手元のマシンで圧縮されてからアップロードされるので、回線速度が遅くてもそれほどまたされません。

でも、動画は元データのままアップロードされ、Picasa web 側で再圧縮されます。

なので、非常に遅いです。反面、CPU パワーは使用しないので、バックグラウンドで気長に続けます。



Picasa web の制限は、1アルバムの写真は1000点まで。アルバムは1万点まで。

Picasa 側では、アルバム=ディレクトリ、と考えていいです。


最大に詰め込めば1000万枚の写真がおけるわけですが、実際には1アルバムはせいぜい100点、多くても300点程度ではないかと思いますので(自分の場合はそうです)、最大件数は置けないでしょう。

それでも、家族写真をおくには十分すぎる容量です。




アップロードしたら、家の中で気軽に見たい場合は、Picasa WEB 側のデータを見ます。


家庭内にある NAS は、ローカル接続なので速いのですが、置いてあるデータも元データなので大きいです。

それに対して、Picasa WEB の写真は、すべてが適切に圧縮されていて軽いです。回線速度が落ちても、トータルでこちらのほうが速い。



以前は、速度を上げるために NAS の中にオリジナルデータと圧縮データを作って…などと考えていたのですが、Picasa WEB を使うことで NAS に余分な容量を使うことも無く、動画圧縮のための CPU パワーも必要なく(アップロード時間はかかるけど)、家の外にバックアップもできて、すべてが解決しました。




というわけで、以前は「クラウド」と言う言葉が胡散臭くて嫌いだったのに、初めて「クラウド、便利じゃん」とか思った次第。




注意点:


Picasa WEB 、長年運用されているのに、細かなバグがいっぱいあります。

google としては無料サービスだし、あまりなおすつもりは無いみたい。

まぁ、無料なんだしそんなものだ、と受け入れましょう。


以下、遭遇したバグ。


▼名前タグが無駄に増える

2台のマシンで Picasa を使用してみたことがあるので、それが原因だとはわかっていますが…


同じ名前の人が多数に増えてしまいます。

消しても消えません。

「名前なし」さんの増殖っぷりには困ります。


基本的には google コンタクト、で人名が管理されているので、こちらで「統合」すればよいのですが、実は Picasa web 独自の人名管理もあります。

さらに、google + で導入された「プロフィール」に登録された自分の名前も、別人に扱われるようです。


邪魔な人名が増えて、しかもバグで消せなかったりするのが邪魔で仕方ありませんが、現状解決手段なし。


▼2048ドットの写真


2048 ドット以下は容量にカウントされず、容量があふれると、以降の写真は自動的に 2048 ドットに縮小される、と説明されているのですが、容量があふれるとアップロードできなくなるそうです。

(友人の報告なので未確認)


調べてみたところ、どうやら「自動的に縮小」が嘘のようです。

WEB インターフェイスでアップロードすると縮小されるけど、それ以外の手段(各種アプリ。Picasa も含まれる)でアップロードすると、自動縮小されないらしい。


Picasa に「2048ドットでアップロード」のオプションをつけて欲しい、と言う声も海外では上がっているそうですが、こちらも放置されたままだとのこと。



▼その他


操作中に画面がおかしくなる、というのはたびたび出くわしました。

細かなおかしな点はあるみたいだけど、それほど害は無いです。




ちなみに、Picasa WEB 側で操作すればスライドショーの機能があります。

家族で見たりするには、こちらがオススメ。

動画も自動的に再生し、終わったら次の写真に移ります。



Google + 側の「アルバム」機能で見ると、スライドショー機能は無いのですが、前後数十枚の写真のサムネイルが下に並びます。



…それぞれ便利なのだけど、機能統合しようとか思わないのか。



▲目次へ ⇒この記事のURL

同じテーマの日記(最近の一覧)

コンピュータ

関連ページ

ビデオ圧縮【日記 12/02/06】

別年同日の日記

03年 マクドナルド

12年 コメントへの返答


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています


戻る
トップページへ

-- share --

0000

-- follow --




- Reverse Link -