2015年10月02日の日記です


アンドリュー・グリーンバーグの誕生日(1957)  2015-10-02 17:21:18  コンピュータ 今日は何の日

今日はアンドリュー・グリーンバーグの誕生日(1957)。

Wizardry の作者の一人です。


昨日、RPGの発明者、デイブ・アーンソンの話を書きました。

彼の考えたD&Dは大ヒットし、多くの人が遊びました。




コンピューターの昔話から始めます。

まだ、パソコンが生み出されるずっと前の 1952年、アメリカのイリノイ大学で、ILLIAC I というコンピューターが作り出されました。


コンピューターの研究目的で作り出されたもので、高性能化の工夫が多数入っていました。

当時としては、非常に高性能のマシンです。



1960年、イリノイ大学は ILLIAC I を使い、大学内の教育用コンピューターシステム、PLATO を作り上げます。

当時のコンピューターは、パンチカードなどで入力を行い、タイプライタで結果出力するのが普通でした。


しかし、PLATO では学生が親しみやすいように、ブラウン管に文字を表示し、キーボードから操作することが可能です。



PLATO は段階的にバージョンアップされ、1972年には PLATO IV が作られます。


#IV はローマ数字の「4」。4番目のバージョンです。


これまでの機能アップで、文字だけでなく簡単な画像も表示できるようになり、複数人数が同時に使えるようになっています。

そして、簡易言語によってプログラムをすることが可能でした。


さらに、1970年代半ばには端末側がバージョンアップされ、Intel 8080 が搭載されます。

これにより、中央のコンピューターを使わず、端末だけでも簡単なプログラムが実行可能になります。



#PLATO もいつかちゃんと調べたいマシンの一つ。

 今のところ、通り一遍の知識しかないので、あまり偉そうに語れません。間違えてたらゴメン。




PLATO でプログラムを組める理由は、「教育ソフトを製作するため」です。

しかし、学生たちは競ってゲームを作り、楽しみました。


大学側はこうしたゲームを見つけると削除していたのですが、学生達はすぐにゲームを復活させてしまいます。



本当に数多くのゲームがあったようなのですが、「地下牢」(Oubliette)はアンドリューのお気に入りでした。

D&Dのルールを使ったコンピューターゲームで、3Dで描かれる迷宮をさまよい、モンスターと戦います。


ただ、「地下牢」では、探検する主人公は1人だけでした。

「役を演じる」ゲームであるRPGでは、一長一短ある仲間たちが、助け合う形で冒険するのも楽しみの一つです。


また、「地下牢」は大学でしか遊べませんでしたし、先に書いたように、時々大学側に消されてしまいました。

すぐに復活するとは言っても、復活したファイルを探し出すまでは遊べなくなります。


アンドリューは、「地下牢」を参考にしながら、もっと本物のD&Dに近い、奥深いゲームを、家でも遊べるように作ろうと考えます。



1980年、アンドリューがシステムを考え、友人であるロバート・ウッドヘッドが Apple II にプログラムをする形で、Wizardry が作られます。

大学の友人にも遊んでもらい、意見を反映し、速度を上げるために別の言語で書き直し…


1981年9月、完成度を高めたものが発売されると、このゲームは伝説級の大ヒットを記録しました。




D&Dは、主人公たちの視点…3Dで迷宮の中をさまよい、目的を達成するゲームです。

戦士、魔術師、僧侶、盗賊などでグループを作り、それぞれの能力を活かして助け合わなくてはなりません。


Wizardry は、常に「死」の恐怖と戦い続けるゲームです。

死んでしまうと、それまで育て上げたキャラクターは、無情にも消え去ってしまいます。


リセットすればやり直せる、というような甘さはありません。


道に迷うことも死につながるため、歩くだけでも気を抜けません。

戦闘でも、たとえ弱い相手でも、いい加減な戦い方はできません。



おそらく、このゲームが今発売されたら「クソゲー」と片付けられるでしょう。

遊ぶ人に対して、とことん不親切です。しかし、不親切だからこそ、世界を探検し、乗り越える楽しみがありました。

ゲームといっても、気軽に遊ぶゲームではなく、真剣勝負としてのゲームなのです。



後にシリーズ化されましたが、最初の Wizardry には「狂王の試練場」というサブタイトルがつけられています。


君主トレボーは、その圧倒的な強さから「狂王」と呼ばれ周辺各国から恐れられていた。

ところが、ある日トレボーの力の秘密であった、「アミュレット」(お守り)が盗まれてしまう。


盗んだのは、魔術師ワードナ。

ワードナは地下迷宮を作り上げ、その一番深い階層に姿を隠し、地下迷宮に魔物を解き放して守りを固めます。


トレボーは、アミュレットを取り戻したものに莫大な褒美を約束した。

この褒美を目当てに、各国から腕に自信のあるものが集まってくる。


プレイヤーもその一人として冒険を行う。


…主人公、金目当てに集まった冒険者で、伝説の勇者とかじゃない。

冒険者がたくさんいるから、そういう人を相手にする商売人も多い。非常にリアリティのある設定です。




ところで、トレボー(Trebor)は、プログラマのロバート(Robert)を逆に書いたものです。

そして、ワードナ(Werdna)も、システムを考えたアンドリュー(Andrew)を逆に書いたもの。


今では、ワードナって「大魔術師の名前」として時折使われます。

Wizardry がそれだけ影響力の大きなゲームだった、ということ。



その Wizardry 自体、冗談がたくさん入れられているゲームですけどね。

上に書いた名前もその一つだけど。


中世の世界観なのに、「サムライ」とか「ニンジャ」とか出てくる。

サムライが強くなると、「ミフネ」になる。(アンドリューは日本映画が好きで、三船敏郎のファンだった)


カシナートの剣(なんでもよく切れる、という宣伝のミキサーの名前から)とか、ボーパルバニー(殺人ウサギ。モンティパイソンのコメディから)とか、最初のシナリオでは出てこないけど、「聖なる手投弾」なんてのもある(これも、モンティパイソンネタ)。


状態異常や、死んだ時に最後の望みで復活を試みられる寺院の名前、「カント寺院」というのだけど、これだって冗談。

cant って、「偽善」の意味ね。人の弱みに付け込んで、高額を要求する寺院。



日本では、英語の冗談は理解されずに、そのまま訳されました。

冗談がわからないから、すぐ死んでしまう難しいゲームだということも相まって、すべてがシリアスな設定だと捉えられた。




Wizardry の一番の楽しみは…

というか、人それぞれに違う楽しみ方ができるゲームなのだけど、「アイテム探し」をした人も多いでしょう。


基本アイテムだけでも数多いのだけど、時々ランダムに「魔法がかかっている」ものが落ちるのね。

この魔法は、ランダムに +1 とか +2 とか、数字がつく。


D&Dと同じように、Wizardry では内部でさいころを振っています。

敵に与えるダメージも、6面さいころ2個、とかの数字。


するとどうなるか。6面2個なら、期待値は 7 です。これが +2 になっただけで、期待値が 9 になってしまう。3割近い性能アップです。


アイテムには出現確率があって、ただでさえ手に入りにくいものもある。

そこに持ってきて、魔法がかかっているというのはとんでもないお宝なのです。


ランダムだからこそ、終わりがなくていつまでも探し求めてしまう。

もう、余裕でワードナを倒せるようになっても、いつまでも遊び続けられるのです。



今でもこういうゲームありますけどね。

というか、Wizardry よりも昔からありますけど、すごく上手にゲームに組み込んでいた。




今でも、いろいろなところで Wizardry の影響を見ることができるように思います。


でも、初期のシリーズは権利が不明確で、再販とかリメイクとかできないらしいのね…



シナリオを作ったアンドリューは、その後弁護士になり、知的所有権が専門だそうです。

(IEEE知的所有権委員会の元会長でもあります)


その専門知識で、権利関係をなんとか解決してもらいたいものです。


#そんなに簡単にいかないから、今でも不明確なままなのだろうけど (^^;



同じテーマの日記(最近の一覧)

コンピュータ

今日は何の日

関連ページ

デイブ・アーンソン 誕生日(1947)【日記 15/10/01】

別年同日の日記

02年 サーバー不調

02年 Write Once ...?

13年 ENIACの運用が終了した日(1955)

14年 レイ・トムリンソンの誕生日(1941)

17年 中二病


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています


戻る
トップページへ

-- share --

4000

-- follow --




- Reverse Link -