2015年11月09日の日記です


歯医者  2015-11-09 17:34:24  その他

1か月くらい前に、なんだか歯茎が腫れて疼いた。


それで気づいたけど、なんか歯に穴が開いてる。虫歯のようだ。

痛くなるようだと嫌だな…と思いつつ、とりあえずリステリンなどを使って歯周病退治。

腫れはひいて問題が無くなった。


とはいえ、歯に穴が開いているのは虫歯だろう。

過去に治療し、金属をかぶせてあるすぐ横に穴が開いているようだ。


えーと、15年ほど前に、虫歯が神経に達したことがあった。

あの時は、かぶせた下で進行していたので虫歯に気づかなかったのだ。


あの時は、大きく削ったうえ、神経を抜かないといけなかった。



最初に疑ったのは、その歯が大きく削ってあったから薄くなって、そこが崩れたりしたかな、ということ。

歯茎が腫れたのもそこまで虫歯が進行していて、でも神経がないから気づかなかっただけ、というような可能性だ。



早く歯医者行かないとな、と思いつつ、忙しくてなかなか行けなかった。




急に思い立って、先週歯医者に行ってみる。

その時は非常に混んでいて、予約だけしてきた。


そして今日、治療に行く。

初回だから状況を確認して次回から治療かな…と思ったら、非常に仕事が速かった。


レントゲンを撮って、内部が大きく削れていることを確認。

すぐに麻酔。歯茎から吸収させるシート状の麻酔? から初めて、少し感覚がマヒしたら注射。

全く痛みを感じない。


その後、かぶせてある金属を破壊して、虫歯になっているところを削る。

結果として神経が露出してしまうので、これは神経抜いたほうがいいでしょう、とそのまま作業に入る。


目を閉じていたのでよくわからないのだけど、電気針で神経を焼き切ったのではないかな。

昔は細いドリル見たいので掻きとっていたはずだけど、道具にコードがついていて、ピコピコ音を出していた。


で、これまた作業中全く痛くない。


その後消毒して、仮のかぶせ物をして終了。

全部で1時間くらいかかった。


次回歯の型を取って、次々回かぶせて終わり、という感じかな…




先ほど、過去の日記を調べたら、たぶんこの歯は 10年前に治療した奴だな。

一番奥の歯を、神経近くまで大きく削った、と書いている。


それこそ、削って薄くなっていた歯が崩れたのかもしれない。




現在、治療終了から1時間半。

そろそろ麻酔が切れてきたようで、神経抜いたところが疼いている。


痛くはないのだけど、非常に、なんというか…むずがゆい。


もしかしたら、完全に麻酔が切れたら痛くなるのかもしれない。

痛み止めはもらってあるのだけど、もう少し様子を見よう。




同じテーマの日記(最近の一覧)

その他

関連ページ

血液型別性格診断【日記 17/07/03】

別年同日の日記

03年 公正取引委員会

06年 財布を買った

09年 風邪惹き

18年 7 Billion Humans


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています


戻る
トップページへ

-- share --

0000

-- follow --




- Reverse Link -