2019年04月17日の日記です


新サーバー設定中  2019-04-17 18:14:43  コンピュータ

去年の9月に、社内実験用サーバーを新しくしたい、と書いた。


とっくにサポート期間を過ぎている、CentOS5 だったのだ。

さすがにサポートが切れているのはまずいので、新しくしたかった。


しかし、やっとサーバーを購入したのは、12月だった



物理マシンへの OS インストールに紆余曲折があった。

最近の流行は、サーバーでも Ubuntu のようなので、Ubuntu server を使ってみるつもりだった。


…しかしこれは、「デスクトップで Ubuntu に慣れた人が多いから」流行しているだけだ、と思った。

サーバー用途向けに作ってある、としているパッケージでも、サーバーとしては足りないものが多いのだ。


「使えなくはない」が、「満足して使える」ものではない。

結局 CentOS で行くことにした


#サーバー初心者であれば、Ubuntu は悪い選択ではない。

 できることが限られる、というのは、みんな横並びなので情報を得やすい、ということでもある。



…その後がなかなか進まなかった。

バーチャルマシンとしても CentOS をインストールして、古い環境と同じように整備する。


これが、古い環境が古すぎて、ただファイルを持ってくれば終わり、とはいかない。


旧マシンでは djbdns を使っていたが、nsd + unbound に変えることにする。


php のバージョンが上がり、この WEB サイトを表示していたプログラムが動かなくなった。


このサイトは、僕が設計した独自の CMS で動いている。

古いものなので mysql 関数群を使用していたが、今後の php ではこの関数群はサポートされない。


mysql と比較的動作をそろえたまま、オブジェクト対応になった mysqli 関数群がある。

動作が近い、とはいえ結構違うものなので、簡単には置き換えられない。


とはいえ、置き換えるのに一番早そうな設計指針をたて、ちまちまと改良した。

多くの個所は機械作業で修正でき、一部は大幅な見直しが必要になったが乗り切った。


ついでにこの時新機能も追加している。


公開用サーバーは比較的新しく、改良ソースでも動作する。

なので、完成したらさっさと公開用サーバーのプログラムも入れ替えた。


当初はおかしな部分もあったが、すでに安定動作している。




その後は、年度末進行もあってサーバーの移行も止まっていたが、古いファイルの整理などは進めていた。

旧サーバーには、古い仕事のファイルが多数ある。必要なものは tar+bzip2 して残し、不要なものは消去する。


新サーバーのディスクは、最小限のサイズにしたいのだ。

そうしたほうが、仮想サーバーを物理サーバー間で移動したりする際に、ファイル転送が速いから。



やっと年末・年始進行が終わって、今週は一息付けた。

そこで、ローカルでの移行作業を一気に済ませ、やっと社内実験用サーバーを更新することができた。



「サーバーを更新したい」と思ってから半年以上かかっている。

しかし、まだ作業は半分しか終わっていない。


新サーバーは仮想環境を kvm にしている。

しかし、もう一台の物理サーバーは xen だ。


これでは仮想サーバーの可搬性がない。もう一台も kvm にしなくてはならない。


xen 仮想サーバーを kvm 仮想サーバーに変える、という未知の作業があるが、調べた限りではそれほど難しくないようだ。


kvm にして新サーバーに退避すれば、あとは物理サーバーを再インストールし、kvm 対応にするだけだ。



しかし「難しくない」としても、時間はかかりそうだ。

計画開始から1年たつ前に終わらせたい。




同じテーマの日記(最近の一覧)

コンピュータ

別年同日の日記

02年 4/17

17年 アメリカが日本製のパソコンに100%関税をかけた日(1987)


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています


戻る
トップページへ

-- share --

0000

-- follow --




- Reverse Link -