2020年11月18日の日記です


経年劣化2  2020-11-18 18:20:12  コンピュータ

先日、電源というのは経年劣化する消耗品だよ…という話を書いたら、そのすぐ後に大きな「電源」が経年劣化で壊れた。


先日書いた意味での「電源」は、交流・直流を変換する機器の意味で書いたのだけど、今回壊れたのは、UPS。


UPSというのは「無停電電源装置」と呼ばれる。

コンセントから常に充電し続け、ふたたび交流 100V を出力する機械。

停電が起こっても、しばらく 100V 出力を続けられる。


まぁ、実際停電になってもサーバーを止めないでよい、というほどの効果はない。

時々起こる瞬停に対応できるというのが最大のメリットか。


ちなみに、瞬停とは、0.1 秒程度の短い停電。

電力会社が、何らかの都合により送電経路を入れ替えるときなどに発生する。


最近の機械は、0.1秒程度の停電には耐えられるような電源を使用しているけど、動作は保証されない。




我が家の UPS は、2年前に「買い替え」ていたのだけど、古いものも残っていた。


これは全くズボラな話で、新しい装置にサーバーなどの停電が致命的なものは繋ぎ変えたのに、ルーターやハブなどの「致命的ではないが、なんとなく止めづらい」ものを繋ぎ変えてなかったため。


で、壊れたのは古い UPS 。

夜、寝ようとしていたら急にサーバールームから「ピーーーーー」という連続 Beep 音が聞こえてきて、慌てて原因を探ったら UPS だった。


すぐ電源切って、ルーターなどを新しい UPS につなぎなおした。


勘違いでつなぎなおしていないネットワーク機器があり、うまくネットがつながらなくて焦ったけど、実際のところつなぎなおしたら済む程度のトラブルだった。




この UPS 、いつかったっけかな…


少なくとも、2011 年の東日本震災の時には使っていた


普通は2~3年で寿命、と言われるので、使い過ぎ。

まぁ、だからこそ2年前に買い替えていたのだけど。


電源は劣化するよ、なんて話を書いていたのに、自分がお粗末でした。




同じテーマの日記(最近の一覧)

コンピュータ

別年同日の日記

01年 11/17

02年 予約特典

04年 CSV-S57改造

13年 ミッキーマウス&ポール・モカペトリス 誕生日

14年 ポール・モカペトリスの誕生日(1946)

16年 ら抜き言葉

19年 自宅電話回線その後


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています


戻る
トップページへ

-- share --

0000

-- follow --




- Reverse Link -