2007年04月25日の日記です


女の子産まれました。  2007-04-25 23:06:31  家族

本日25日の午後7時45分、無事女の子が産まれました。



第一子は助産院で生んだのですが、今回は逆子のために8ヶ月を過ぎてから「助産院では扱えない」と言われ、紹介された病院へ通っていました。


しかし、その病院が非常に良い病院で、逆子でも通常分娩可能なら(そして希望するなら)帝王切開ではなく、普通に産ませてくれます。


とはいえ、逆子は母体も辛いようで、妻はこの1ヶ月はほぼ寝たきり状態。

そして結局、逆子のまま通常分娩。

しかし、分娩室に入ってから45分と安産でした。母子ともに健康です。




昼前から「弱い痛みが定期的に来るので陣痛かも知れない」と話していたところ、午後3時ごろになって「破水したかも」とのこと。

4時の子供の保育園退園時刻を待って、一緒に病院に行きました。


病院に事前に電話をかけたときは、診察して、場合によっては一旦帰ってもらう、と言われていました。

ということは、診察が終わるまでは僕は動けないわけで、持って行ったおもちゃで子供を適当になだめながら検査待ち。


6時ごろ、「破水は気のせい」との診断結果が出ましたが、出産は近そうなのでそのまま入院、ということに。



ともかく「陣痛室」というところに通され、入院準備の書類などを書く。

入院するとはいっても、出産までは時間がかかりそうなら、僕は子供を連れて一旦家に帰ろう…と話している間に、急に陣痛が短く・強くなり、7時からあわてて隣の分娩室へ。


子供は何が起こっているのか理解できていない様子で、陣痛室のベッドの上でミニカー遊び。


看護婦さんに「そろそろ生まれますよー」と声をかけられて、慌てて子供を連れて分娩室に入るも、やはり理解できなくて「くるまくるま」と遊びたがる。


でも、いよいよ産まれてくる瞬間には事の重大性がわかったのか、呆然と見ていました。



その後は、赤ちゃんが気になって仕方がないようで、「くるま」と言って隣の部屋に駆け込み、そこにミニカーが置いてあるのを確認したら、すぐに赤ちゃんを見に行く、という状態を繰り返していました。



後で子供に今日の感想を聞くと「あかちゃん かわいくない」そうで、想像とは少し違っていたようです。

しかし、今日一番楽しかったのは「おかあさんが あかちゃん うんだとき」だそうです。



同じテーマの日記(最近の一覧)

家族

関連ページ

誕生日【日記 11/04/27】

女の子産まれました。【日記 09/04/21】

誕生日とG.W.【日記 08/04/27】

花見【日記 08/03/31】

4ヶ月【日記 07/08/26】

別年同日の日記

05年 回線切り替え

05年 新居見学会

16年 ゲームの面白さ

19年 リコール詳細


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています


戻る
トップページへ

-- share --

0000

-- follow --




- Reverse Link -