2010年02月22日の日記です


八景島  2010-02-22 01:31:38  家族

妻が保育園のPTAの仕事で忙しい。

ここしばらく、休日も子供と出かけることができないでいた。


2月20日土曜日。

とりあえず妻の手が空いた、というので、たまには子供をつれて出かけることにする。

連れて行ってあげたいね、と以前から妻と話している候補地はいくつかあるが、急なことなので下調べ不足などもあり、比較的近所の「八景島シーパラダイス」へ。


僕はここに来るのは10年以上ぶり。

妻と子供は初めて。


やっぱり下調べ不足なので、駐車場が判らず右往左往。

島に入っても、チケットをどのように買うか悩む。

入り口すぐのメリーゴーランドを見て「乗りたい」と騒ぐ子供をなだめながら、悩むことしばし。


現在、子供は長男5歳7ヶ月、長女2歳9ヶ月、次女9ヶ月。

基本的に4歳以下は無料なので、子供で料金が必要なのは長男だけ。

そして、多くの乗り物が、身長制限で子供は乗れない。


というわけで「なかよしおやこ5回券」を。

身長制限のない乗り物のみ、子供と2人で5回乗れる券。2000円。

ほとんどの乗り物が、4歳以上は大人と同じ料金で300~500円なので、結構お得。



早速メリーゴーランドへ。

妻と上2人が乗り、僕は次女を抱えて外から写真撮影。

子供はいきなりテンションが上がった。



次女を抱っこするためのベルトを家に忘れてきていたので、係員に「ベビーカーってレンタルありますか?」と聞く。

幸い、レンタルがあったので借りに行く。500円。

が、実は次女は、初ベビーカー。

(家に長男の時に買ったベビーカーはあるが、長女、次女とも使っていない。どうもうちの生活スタイルに合わないので)


驚いて泣きまくる次女を見ながら、長女が「ぼく 乗りたい」。

長女にとってはこれも「珍しい乗り物」で、アトラクションのうち。

長男も乗りたがったが、ベビーカーは4歳まで。



ベビーカーを借りる間に、上二人はコインライドに乗ったそうだ。200円。

コインライドの近くに「バイキング」があるのだが、長女はこれが動いているのが怖いらしい。

逃げるように場所を移動して、昼ごはんを食べに行く。


昼はフードコートで、フライドチキン、ロッテリアのチーズバーガーセット、カレー。

フライドチキン屋は、実はロッテリアが運営しているらしい。



水族館に…行こうと思ったが、どうも子供は興味がないようなのでパスし、広い道をお散歩。

長男は走るのが好きなので、道を走り回っている。

長女は、道脇の植え込みの段差を歩くのが気に入ったらしく、僕と手を繋いでお散歩。

(段差が高いので、手を繋いでいないと怖いらしい)


シーパラダイスタワーが近くなってきたので、乗ることにする。

高く上るのを見て、長男が「怖くない?」と聞くが、大丈夫だと言い聞かせて乗る。

長男は「ブルーフォール」を見てああいうのを想像しているらしい。



高いところから園内を眺め、次の目標を立てる。

長男は、タワー脇に広場があるのを見つけ、そこで遊びたいらしい。

長女は丁度マリーナ内に航行していた遊覧船を見つけ、「お船にのりたい」とのこと。



まずは広場へ。

と言っても、長男も広場にはあまり興味がないらしく、周囲の芝生の丘を駆け回り、転げまわって遊ぶ。

芝生には松が植わっており、長女は松ぼっくり拾い。


次女はずっとベビーカーを嫌がっていたが、ここで寝たのでベビーカーに寝かせつける。

やっと楽になった (^^;; (ずっと僕が抱っこしてた)



しばし遊んで「まだ遊びたい」という長男をなだめながら、長女の乗りたいという船のほうへ。

もっとも、乗船場所は入り口のメリーゴーランド脇にあったのを知っている。


サーフコースターが轟音を上げながら動く下を歩いて抜け、「オクトパス」が見えてくる。

「これのって見たい」と長男が言うのだが、身長制限は110センチ。


あれ? 今長男何センチだっけ? と思いながら、身長を測るが、110センチに届かず。

そういえば、先日計って108センチであることを確認していたのでした。


残念がる長男に「これに似た乗り物で、身長制限が無いのがあったから、後で乗ろう」と約束。



船着場の時刻を見ると、15分余裕があった。

すぐ近くの…最初に乗った、コインライドの場所へ。


ここに「ドランケンバレル」がある。

構造的には「オクトパス」と類似。

どう似ているか、長男に説明しながら説得し、載ることに。

妻は次女を抱えて外から写真撮影。


「怖いから乗らない」と言っていた長女も、僕と長男が中に入ると急に「乗りたい」と言い出して、係員に説明して入れてもらう。

内容的には「ティーカップ」だが、回転中に全体が斜めに傾く、と言うところが変わっていて「怖そう」なところ。



…ところで、「ティーカップ」が見た目と裏腹に「絶叫マシン」だ、と言うのをご存知の方はどれほどいるだろう?

大抵は、乗ったカップ自体が人力で回転し、カップが4~5個一組で回転するテーブルに載っており、更に全体でこのテーブル4~5個を回転させている。

この、3重に回転する構造が、局所的に強いGを生み出し、子供なら十分泣き出すくらいには怖い。


ドランケンバレルの構造を見たとき、ティーカップが斜めに傾くのだと気づいて、これが一番心配だった。

しかし…杞憂だった。


全体テーブルが傾くことで重力が偏り、「自力で回す」のは難しくなる。

結果、各カップは「重力に対して安定」した状態になり、3重回転のうち一つ、最も回転半径が小さく、強いGを生み出す部分が無くなるのだ。


というわけで、ドランケンバレルは、見た目とは裏腹に、ティーカップ以上にお子様向けな乗り物でした。



船の時間があるので、船着場へ。

長男が「おしっこ」と言うので、慌ててトイレへ往復していると、丁度船が来て乗船の時間になっていた。


乗りたがっていた次女はもちろん、長男も結構喜ぶ。

岸にいる人に手を振ると、みんな結構手を振り返してくれる。


乗り物を見ることのほうが好きな長男、船がマリーナに入ったところで「別の船の写真を撮って欲しい」と騒ぐ。

自分が乗っていることは、結構どうでもいいんだよね。



長女は途中で寝てしまった。

島を一周するのだと思ったら、半周したところで終了。


考えてみると、この遊覧船だけ「子供は6歳以上」で、「子供半額」。

妻の考察では、航海に出る以上気軽な「アトラクション」として作ることはできず、公共交通機関の扱いなのだろう、とのこと。

なるほど、それで「同じ場所に戻ってくる」のではなく、島半周なのか。



島の裏側は、フードコート近くの、丁度ベビーカーを借りた場所。

ここでベビーカーを返却。


チケットが1回分あまっているので、もう一度ドランケンバレルのあった場所へ。

ここで「レッドバロン」に乗る。アームに付いた飛行機がぐるぐる回る乗り物。


親子2人で乗れて、前座席では飛行機の上下動を操作できる。

ピロピロ音のなる「機関銃」が付いているのもご愛嬌。(レッドバロン=撃墜王 だからね)



妻が、寝ている長女と次女を同時に見ることになったが、親切な女性が次女を抱っこしていてくださった。

ありがとうございました、と別れ際に手を振ると、次女も真似をして手を振る。

次女がバイバイするのは初めてだが、なかなかいいタイミングでやってくれた。

(相手の女性が喜んでいた)



というわけで、チケット5回分の乗り物終了。

(メリーゴーランド、シーパラダイスタワー、ドランケンバレル、遊覧船(パラダイスクルーズ)、レッドバロン)


最後に、長男が「砂浜言って遊びたい」というので、少しだけ…のつもりで寄ったら、これが長かった。

砂浜は、遊覧船の船着場のすぐ脇。小さな人工の砂浜だ。


人工の、と書いたが、本来は干潟。

砂が波に流されるので、海の近くは今でも干潟。


最初は波打ち際で遊んでいたが、他の親子が「石をひっくり返すと蟹がいる」ことを発見したので、大喜びで石を返しまくる。

そのうち、今度は潮干狩りをしていた初老のおじさんが、潮干狩りのコツを子供に伝授してくれる。

もっとも、長男はまったく興味なし。


おじさんは、僕に「持ってきなよ」と、その時取れたアサリをくれた。

長女がこれに興味を示したので、伝授された方法で僕が掘る。確かに簡単に取れる。


で、貝をお土産に帰る。




翌日、砂出しをしている貝に興味津々の長男・長女。


みんなほねなし?」をテキストに、貝について教える。


ついでに、昨日見た「アメフラシ」の仲間らしきものや、イソギンチャクの仲間らしきもの、カニ、フジツボなどについても教える。(全部この本に載っていた)


で、夕飯は、ボンゴレロッソ。僕が作りました。

新鮮な貝は、貝独特の臭みもなく、おいしいと子供もおかわり。



今度はもっと暖かい時に、潮干狩りの支度をして行こう。

乗り物よりも、波うち際で遊ぶことのほうが楽しかったみたいだから。




同じテーマの日記(最近の一覧)

家族

関連ページ

三連休【日記 12/07/19】

八景島シーパラダイス 開業日(1993)【日記 15/05/08】

別年同日の日記

03年 美術と芸術

05年 確定申告

12年 経験した中で最大のバグ

14年 雪・科学館・おゆうぎ会

16年 スティーブ・ブリストー 命日(2015)


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています


戻る
トップページへ

-- share --

0000

-- follow --




- Reverse Link -