2005年03月16日の日記です


大忙し  2005-03-16 16:08:46  住まい

新居関係の話が一度に押し寄せてきた…


まずは建築費の支払い。

SWH との契約で、家の代金は4回に分けて支払われる。

契約時に手付金、建築開始時に建築資材購入費、上棟時に内装費用購入費、そして完成時に残金だ。


先月末に上棟したので、その請求書が一昨日届いた。




昨日は僕は仕事で外出していたのだが、ローンを申し込んであるM信金から電話があったらしい。

外出を告げると、また電話するという。


そして今日、電話があった。


「3月31日に引渡しとお伺いしたのですが、その手続きで…」


えぇっ! 3月31日なの? そんなこと聞いてないよ! > SWH 営業Hさん!



まぁ、なんとか月末までには引き渡したいが、遅くとも4月10日までには確実に渡せます、とは聞いていたので、3月31日というのもまったく想像のつかない話ではない。

どういうわけか、今までにもSWH からではなく、M信金からスケジュールを聞くことがあったのだが…



で、M信金で手続きのために、新居に住民票を移した上で新しい住民票をもらってほしいという。

ところが、まだ住所が決まっていないので引越しのしようがない。住所は明日決まる予定。



ところで、請求書が来ているので繋ぎ融資お願いできますか? とM信金に聞いてみると、難色を示された。


もちろん、融資は銀行の重要な仕事であり、頼めばやってくれるだろう。

しかし、請求書の期限は24日。その一週間後の31日には、実際の融資が実行される。


M信金のほうでも融資には査定が必要で、査定には1週間程度かかる。

このスケジュールだと同じ目的の査定を2本同時にかけなくてはならないため、無駄な作業になってしまい社内的によくないのだそうだ。


ということで、ふたたび Hさんに支払いを1週間ほど待ってもらえないかメールする。

1週間待てば、繋ぎ融資は不要だからね。




この電話の1時間ほど後、役所から電話。

新居の住所を決定するに当たり、意向を聞きたい部分があるという。


いままで畑だったところに家を建てるため、番地が増やせないのだそうだ。

隣の家と同じ番地になるか、さもなくば後ろに「枝番」を付けて無理やり違う住所にするか…

と問われて、隣と同じでいいから短くてわかりやすいものを頼む。


「では住所は*丁目**番地*号となります」


と、番地を教えてくれた。正式に決定するのは明日だそうだが、1日早く住所を知ってしまった。




いままで、住所がわからないために滞っていた作業がいろいろとある。


まずは、電話を引っ越す手続きのため 116に電話する。

…つながらない。この時期、引越しが多いので116は忙しいのだ。


これは後回しにして、インターネットからBフレッツの申し込みをする。

某プロバイダ経由で申し込んで、工事費無料・月額料金3ヶ月半額・プロバイダ料金3ヶ月無料だ。


引越し先は山に囲まれてテレビ電波の入りが悪い。

周辺の家はCATVに入っている、と聞いているので、CATV会社に電話して申し込み書類を送ってもらう。


ついでに大家さんにも電話して、賃貸契約の解約を決める。

これは住所がわからなくてもできた作業だが、なんとなく先延ばしになっていた。



ふたたび116に電話。

新居なので電話線工事から頼む必要があるが、簡単にOKがでた。

引っ越す日に工事して、その日のうちに開通するそうだ。

すぐに、新しい電話番号も発行してくれた。



うーむ、住所が決まったら一気に引越しする実感がわいてきた。

これでやっと引越し業者に見積もり頼めるし。




同じテーマの日記(最近の一覧)

住まい

別年同日の日記

09年 辻堂海浜公園

15年 ドットリ君

17年 タネンバウム教授(1944) ストールマン(1953) 誕生日


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています


戻る
トップページへ

-- share --

0000

-- follow --




- Reverse Link -