2010年08月27日の日記です


家族旅行・2010年夏(富士急ハイランド)  2010-08-27 16:49:06  住まい 家族

さて、26日は、メインの「富士急ハイランド」。

宿からは30分ほどです。


前日の遊園地の印象が強いのか、長女は「ウルトラマンのところいこうねー」などと言っていますが、「トーマス見ようねー」と言い返します。


そういえば、25日の朝は「ミッキーさんいるー?」などと言っていたっけ。




ここも、長男の誕生日割引で割安に入場します。

子供向けの乗り物だけ自由に乗れる、キッズフリーパス。



富士急ハイランドに入ったら、中にあるトーマスランドを目指します。

長女は、途中で見つけた「パドルボート」に乗りたがります。


先日ソレイユの丘でスワンボートに乗ったのが楽しかったようで、昨日もボートに乗りたがっていたのです。


…二手に分かれる。

長男と妻はトーマスランドへ。朝早い空いている時間に、混みそうな乗り物を乗ってしまえ! という算段です。

長女と次女と僕は、パドルボートへ。




15分ほどパドルボートでお池遊びしてから、トーマスランドに向かいます。

妻から連絡が入り、「一番奥のうきうきクルーズに並んでいる。今なら間に合う」とのこと。


しかし、長女はそれよりも「みんなでツイスト!」に乗りたいらしい。

これは、昨年長女が気に入って何度も乗ったアトラクション。


…なんとなく乗りたいといったのではなく、ちゃんと記憶にあったようです。

乗ったら次は何が起こる、ということを嬉しそうに説明します。


くるくる回る乗り物に、次女は…嫌がって大騒ぎ。



終わったら、妻と長男が出口に待ち受けていました。

全員で、今度は「ハッピーハロルド」へ。

長男は、すでに「ロックンロールダンカン」にも乗っているそうです。


さらにその後、「ガタゴトだいぼうけん!」へ。

通常なら行列ができているアトラクションですが、朝のうちなので誰も並んでいない。


ここで問題発生。

「ガタゴトだいぼうけん!」は乗り物に乗って進む、いわゆる「ライド」ですが、赤ちゃんでも着席することが求められます。そして、定員は4名。

…みんな一緒には乗れない、ということです。妻と長男長女、僕と次女、と言う形で分乗。


次女は、抱きかかえられていたかったのに降ろされたことで騒ぎ、さらに暗くてわけのわからない世界に入ったことで怖がっています。

実は、長女も怖がっていたそうで、ずっと後まで「おばけが出そうだった!」といい続けていました。




ガタゴトだいぼうけん!の前には池があり、水遊びができます。

去年は、ここで服を濡らしながら遊びました。


今年は親が学習し、水着を持参しています。

まだ11時でそれほど暑くないこともあり、誰も遊んでいないのですが「あそびたい!」という長男長女を、水着に着替えさせます。


で、うちの子たちが遊び始めたら、あっという間に水遊びをする子が増えました。

誰か遊んでいれば、同じように遊びたいのが子供心理と言うもの。


…その子供心理は、次女も同じだった。

最初は僕に抱きかかえられたまま見ていましたが、すぐに自分も下に降りたがります。

水着に着替えさせてやると、喜んで水の中を歩き回っていました。




30分以上遊び、長女が「おなかすいた」というので長男にも調子を聞いたところ、「寒い」というので水遊び終了。なんか食べることにします。


移動中、見かけた「GO!GO!バルストロード」と「いたずらクランキー」にも乗りながら、トーマスカフェに移動して、軽めの昼ごはんにします。

(朝食が遅かったので、親はそれほどお腹が空いていなかった。)


その後、「トーマス乗りたい」という長女のために、「トーマスとパーシーのわくわくライド」に。12時を超えたのでそれなりに混んでいましたが、そもそも平日なのでちょっと待っていただけ。


終着駅がお土産物やさんになっているため、ここでなにか買うことに。

昨年は1500円くらいの「バス缶入りクッキー」を買ってあげた覚えがあるので、そのくらいが予算上限…と考えていたら、1890円のおもちゃを欲しがる。


「長男長女、ふたりで1つなら買ってあげる」と条件を出すと、最初はそうする、と2人で言っていたのだけど…あとで長女が「やっぱ、こっちにする」と別の商品を欲しがる。「自分のもの」が欲しいらしい。


長男には、差額を小遣いで払うことを条件に、おもちゃを買ってあげる。

パズル状にレールを自由に組み替えられるパズルレールの、トーマスランド限定版。


さて、これで帰ろう…と思ったら、長男が「そういえば、映画は?」と。

時間を見ると、1時57分。映画は毎正時と30分からの上映です。

慌てて走って、間に合いました。「トーマスランド3Dシアター」。

内容は、最新のテレビシリーズ(3DCGで描かれている)のお話を、偏光眼鏡で3Dになるように出力したもの。


よくできています。ちゃんと飛び出して見えます。

去年あたりから3D映画の技術が格段に向上したようだが、「技術が」というより、考え方が少し変わったようだ。




というわけで、気づいてみれば「トーマスランド」のアトラクション全制覇。


この後、観覧車に乗って園内を見渡し、後どこへ行くか相談します。


そして、こちらも子供向けかな? と「ハム太郎王国」に行くのですが、小学校高学年くらいがメインターゲットみたいで、長女は乗れず。

長女がハム太郎好きなので行ったのだけどね。

(長男は、妻と一緒にまた「パイレーツ」系の乗り物に乗りました。前日のものより怖かったようです)


ハム太郎乗りたかった、とグズる長女をなだめて、メリーゴーランドへ。

なんだか、前日と似たパターンになってきました。


メリーゴーランドの手前にティーカップがあったのでこちらも乗り、なんとか長女の機嫌復活。

そしたら、今度は長男が「お腹すいたし眠いし、もう歩けない」。


近くにあった、LOONY TUNES Diner に入ります。

ここでおやつを食べて、長男・長女とも復活。


「まだ遊びたい」と長男長女2人で大合唱になったので、キッズパスで乗れる乗り物を再度確認すると…

じつは、鬼太郎のおばけ屋敷と、年齢・身長制限で乗れなかったハム太郎王国の乗り物(あと2つある)と、ゴーカート以外は、長男・長女のどちらかが乗っているのです。


「おばけ屋敷行く?」と聞いてみたら、怖いから嫌だというので、まぁ、乗れるものは制覇。

(ゴーカートは混んでいるのを知っているし、先日ソレイユの丘でも乗っているので除外)


「じゃぁ、今日見たものでもう一度乗りたいものある?」と聞いたら、長女が「お金入れたらうごくやつ!」。


…えーと、また100円車に乗りたいそうです。


観覧車下にあったので、そこまで移動。

それぞれ乗りたいのだろうと200円用意したら、長男がサイドカーを持ってきて、長女も一緒に乗りたいといったので100円で終了。

(長男は100円車の運転が結構うまく、長女は隣に乗っているだけで満足したらしい)


これで遊園地を後にします。

すでに時間は5時近く。4時には出発しようと思っていたので、ちょっと遅くなりました。




追記。

長男は、普段から「トーマスは別に好きじゃない」と言っています。

プラレールも、従姉妹からもらったトーマスがあるのですが、長女に譲っています。


でも、トーマスランドでは車体横の番号を見ただけで「6番だからあれはパーシー」と言っていたり、レストランの(別の席の人の)お子様ランチの旗に「スタンリーが描いてあるけど、あれは最近追加された仲間だから、今年の新しいものに違いない」と断定したり、とても「好きじゃない」ようには思えません。


…しかし、テレビシリーズも「好きじゃない」とほとんど見ていないのに、どこから情報を仕入れいているんだ?




同じテーマの日記(最近の一覧)

住まい

家族

関連ページ

バーベキュー【日記 17/07/02】

旅行の記録

家族旅行・2010年夏(帰り)【日記 10/08/27】

別年同日の日記

02年 知恵の輪

09年 キャンプ

12年 サーバー故障中間報告

12年 夏休み最後のイベント

14年 レフ・テルミンの誕生日(1896)


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています


戻る
トップページへ

-- share --

0000

-- follow --




- Reverse Link -