2007年05月20日の日記です


ぞうが かわに おっこちた  2007-05-20 16:30:26  家族

引き続き長男の話題。最近親馬鹿な日記ばかりで申し訳ない。



数日前のこと、長男を保育園に迎えに行った帰り、長男がこんなことを言い始めた。


 ぞうが 川に おっこちて

 川が とまった

 ぞうを たすけたら

 川が 発車した


川が発車した、というのは意味不明だが、まぁ、川が再び動き出したと言うことか。

なんか、童話か何かにありそうな話である。


「それなぁに? 保育園で聞いたの?」とたずねると「せんせいが はなしてくれた!」と明確な答え。



その後も何度か同じ話を繰り返すが、微妙に異なる箇所もある。


 ぞうが 川からあがって

 タオルで ふきふきした


なんてことも付け加えられていた。




その2〜3日後、長男を保育園に迎えに行ったら、先生からこんなことを尋ねられた。


「象が川に落ちるお話って、おうちにあるんですか?」


え?

最近良く言っているけど、保育園で聞いたって言っていますよ、と聞きなおしたが、保育園にそんなお話の本はないという。


保育園では午後4時から4時半くらいまでNHK教育を見せているようなのだが、そこにもこんな話はでていない。(HDDレコーダーにとってあり、家でも子供が見ているので知っている)

それ以外に、親も先生も知らないような情報源はないはず。



さて、一体なんなのだろう。


「ぞうが 川に落っこちたって、なあに? 先生そんなお話してないって言ってたよ」

と子供に聞いたところ「うふふふ」と笑っただけであった。





同じテーマの日記(最近の一覧)

家族

関連ページ

かわいくて おっきいの!【日記 10/02/08】

別年同日の日記

02年 5/20

05年 美味しいケーキ屋さん・その後

13年 桑の実

19年 Nexus7 (2012) 復活


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています


戻る
トップページへ

-- share --

0000

-- follow --




- Reverse Link -