2008年03月17日の日記です


下の子入院  2008-03-17 16:48:15  家族

さて、ひな祭りおゆうぎ会の前日あたりから、下の子が熱を出していました。


他の症状としては、鼻水を出していたので、軽い風邪かな、程度に思っていたのですが、月曜日になって念のため小児科にいきます。

そこでの診断も、「軽い風邪でしょう」とのこと。乳児にあまり薬を飲まさないほうが良い、との判断で、薬も処方されずに帰ってきます。


ところが、その後熱が上がります。夜になると39度程度の熱を出すように。

心配なので、水曜日に見せに行きますが、このときも「熱が高いけど、熱さましを使うほどではないので、念のため抗生物質出しておきましょう」という判断。


実は、月曜日あたりから子供は熱で寝付けなくなっており、夜の間に何度も起きていました。なので、子供の風邪をどうにかしたい、というよりも、「薬を与えてもいいから、親が寝れるようにしてほしい」状態。


ところが、翌日あたりからさらに熱が上がり、40度を越えるようになります。それとともに食欲も減退。

2日おきに病院に行くのもどうか…と思いつつも、週末にかかると見せることも出来ない、との思いから、金曜日にまた小児科へ。



一週間も熱が続いた上に徐々に高熱になっており、なんだか少し元気がない、という状況に、「これは、大きな病院で精密検査してもらったほうがいいな」と、小児科の先生が「国立病院機構横浜医療センター」を紹介してくれます。

電話で先方の先生に言ってあるので、すぐに行ったほうが良いでしょう、といわれ、あわてて車で向かいます。

病院までは車で30分程度。近所の病院に行くだけのつもりだったので、オムツの替え等、下の子の外出に必要な装備がありません (^^;;




こちらでも、大病院の先生の診断は「よくわからない」でした。

特に重い病気の兆候も見られないけど、軽い病気ならこのような症状にもならない、という診断。


念のため入院させて、経過判断しましょう、という事になります。急遽入院決定。


少し下痢気味で食欲がない、ということで便の細菌検査、血の細菌検査、ウィルス検査、肺炎などを疑って CT検査…などなど、入院準備と検査を平行して進めます。


その後、病室に入ったところで、僕は入院準備のために一旦帰宅。



必要なものをかき集めて、病院に戻ります。

その間に点滴を開始していましたが、その効果もあって、あっという間に熱は下がっていたそうです。


お医者さんから、現状の報告。

インフルエンザなど、子供がかかる主要な病気のウィルスは検出されていません。

細菌検査は培養によるもので、48時間程度かかります。週末なので、結果が出るのは月曜日でしょう、とのこと。



この翌日、上の子の保育園の懇談会&来年度用品の購入があったため、妻は出席しないわけに行きません。

24時間付き添うことも出来たのですが、心配ながら、子供を一人残して帰ります。



最近の病院は、入院するのにも保証人が必要らしい。

子供や老人を置いて逃げてしまう人がいるのだとか。


そんなわけで、「身元引き受け保証」と「入院代金支払い保証」の証明にサイン。

さらに、保証人を市内に住む兄に頼みます。




翌日は午前中が懇談会、その後病院へ行きます。

小児病棟へは、健康な子供は立ち入り禁止。


通常なら、病棟から少し外に出た「談話室」で患者と面会してもよいのですが、下の子は原因不明なので伝染病だといけないから、病室外へ出るの禁止。


というわけで、上の子は下の子に会いたがっていましたが、あわせることが出来ません。


妻はしばらく付き添いたいので、その間子供を近くの公園で遊ばせます。

(余談ですが、W-Zero3 に入れていた google map が役立ちました)


広めの公園を探して行ったので、たっぷり3時間くらい遊びます。



この後、どうも上の子は「帰りには、お母さんが下の子を連れてくる」と考えていたようで、会えなかった事に不満です。

入院の意味がわかっておらず、初日にはあまりさびしさを感じていなかったのですが、家族の一人がいないことに寂しさを感じ始めた様子。




翌日は、下の子に妻がゆっくり付き添うため、僕は上の子を連れてお出かけ。

1年前から「もう一度行こう」と約束だけしていた金沢自然公園に連れて行きます。


この公園、子供が考えるようないわゆる「児童公園」の部分と、大人が散策できるような「公園」の部分と、動物園の部分があります。


1年前に来たときは、お昼寝時間帯に眠くなってしまって終了、だったのですが、この日は遊び倒します。


午前中に滑り台やアスレチックで遊びまくり、飽きたらお弁当の後動物園へ。

動物園では「象のおやつあげ体験」に、先着100名の残り3名程度に滑り込み、その後他の動物も見て回ります。


4時を過ぎ、そろそろ家に帰ろうか、という段階で、児童公園片隅の地図が気になった上の子。


「今日は、ここ(児童公園)と、ここ(動物園)で遊んだね。でも、まだいってない場所があるんだね」と解説してあげると「見てないところ行きたい」と言い出します。


すでに疲れているのがわかるので帰ろう、と諭すのですが「だっこで行く」と聞かず。

仕方ないので、自然公園の斜面を下って、一番下の谷のほうへ…


谷の一番底辺りで、園内放送が聞こえます。

「この公園は、5時で閉園します。駐車場も閉鎖しますので…」



時間を見ると、4時45分。

5時で閉園、とは動物園のところに書いてあったけど、動物園だけの話だと思ってた。


あわてて、子供を抱っこしたまま斜面を駆け上ります。

公園の出口は山の上なのです。


そして、駐車場は山の下。そこまでは無料バスがあるのですが、このバスも5時が最終。なんとか、最終の1本前に間に合い、駐車場を出たのは5時ぎりぎりでした。

まぁ、少しくらい遅れても出られるのだろうけどね。




子供を見に行った妻からの報告。

全身に発疹が出たそうです。

つまり、これは「突発性発疹」(いわゆる「トッパツ」)の疑いが濃厚。



月曜日、診断結果が出ます。


ウィルス検査などは、病原菌となるウィルスは特に検出されず。

細菌検査でも、病原菌は検出されず。

常在菌などは当然検出されますが、そのバランスにも異常は見られず。


発疹は突発性発疹によるものと思われる。


通常、トッパツは

・高い熱が2〜3日ほど出る

・熱が引いた後、発疹が現れる

・1歳前後の子供がほぼ全員かかる病気で、なんの治療もいらない


というものです。


トッパツで病院に駆け込む親、というのは、結構物笑いの種。

ましてや入院というのは… (^^;;


どうも、全体のストーリーとしては、


・微熱が出る風邪にかかった

・その後、風邪が治まるころに、少し高熱が出る風邪にかかった(おゆうぎ会でもらった?)

・念のため出した抗生物質で腸内細菌が減少し、下痢を起こした

・高熱と下痢のため、脱水症状を起こした

・脱水症状がさらに高熱に拍車をかけた

・そこに、トッパツが発症して一気に高熱になった

・通常、トッパツは熱が下がってすぐに発疹が出るが、点滴で熱を下げたので発疹が後れて出た


ということらしい。


「まぁ、結果論としてはたいしたことはなかったわけですが、いくつもの病気が複合すると判断が難しいですからね」というのはお医者さんの弁。



準備もあるため、翌日火曜日に退院となりました。




というわけで、結局たいしたことはなかったわけですが、生活ペースは十分乱れました。

この間あまり仕事できないし、帰ってきてからも下の子は気弱になってしまい、親の姿が見えなくなるとすぐに泣くようになりました。

(それまでは、泣かずに自分でハイハイして探しに行ったりしたのですが)


その後1週間経って、ようやく元に戻りつつあります。




同じテーマの日記(最近の一覧)

家族

関連ページ

花見【日記 10/04/05】

その後の事件【日記 08/04/30】

下の子入院【日記 08/03/17】

別年同日の日記

04年 誕生日?

11年 自宅待機

11年 「輪番」停電について

12年 windows8

15年 ジョン・バッカスの命日(2007)

15年 手相開発時の技術話(3)

17年 長男卒業式


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています


戻る
トップページへ

-- share --

0000

-- follow --




- Reverse Link -