2010年08月31日の日記です



1回忌  2010-08-31 13:34:44  家族

父の死からちょうど1年。

そして、祖母の死からももうすぐ1年。


というわけで、8月28日に合同での1回忌が行われました。

1回忌は「ひとりづつ行うこと」とされていますが、親戚が何度も集まるのも大変ですし、日が近いのだからまとめてもいいでしょう。

父の考えは「生きているものが死者に惑わされてはいけない」でしたから、文句は出ないと思います。



場所は、墓地の近所の葬儀屋の会館。

自分の出身高校の近くでもあります。



この会館、会社員になってから、高校時代のクラスメイトが事故死した時の葬儀に使った覚えがあります。

それもやはり、高校の近くだから。




特に明記することも無い、普通の式です。

2人まとめてなので、お坊さんが2人やってきて一緒に読経したのが珍しいくらい。

親戚の数はやたら多いです。父の子供・孫だけでも多いし、祖母の側の親戚もいるので、非常に大所帯。



僕も家族で行きました。

最初から子供にはつまらないだろうとわかっていたので、トーマスランドで買ったお土産のおもちゃを持っていきます。


しかし、面白いかどうかより、食べ物のほうが重要でした。

途中から、長男が「お腹すいた」とぐずぐず。朝10時に家をでましたが、朝のおやつ食べてないからね。




読経が終わったら、墓に移動します。

会館は、子供たちが寒がるくらいに冷房が効いていたけど、外は猛暑。

礼服で移動するには辛いです。


長男はお腹が空いて元気が無い。顔色もなんだか悪い。


なんとか墓まで行って、簡単に読経。

…人数が多すぎて墓に近づくことができません。子供たちを遊ばせるためにあえて遠くの日陰に入り、手だけ合わせます。


お腹すいた、と相変わらず元気の無い長男をなだめながら、再び先ほどの会館へ。




会館では、もう会食の準備が整っていました。

「もう食べていい?」と期待して聞く長男に、ちょっと待ってね…と言いますが、この世の終わりのようにがっかりされます。


仕方が無い。無作法ですが、子供だからいいでしょう。食べていいよ、と許可。



その後、大人も乾杯して会食開始となります。


最初は、食べやすいものから食べながら、元気が無くて食べるスピードも遅かった長男ですが、やがて元気になります。


次女は僕に抱えられて、僕が取り分けた食べやすいものだけを食べていたのですが、やがて勝手にあちこちの皿に手を突っ込み、食べやすいものを食べ、一度口に入れたものが気に食わないとそっと元に戻す…と、やりたい放題。


#僕の席のものだけなので、自由にやらせています。



僕のコップには妻がウーロン茶を注いでくれていたのですが、ふと妻を見るとコップに何も入っていない。

目の前にはビール瓶が…。


「何か飲む? ビール飲んでもいいよ?」と言うと、嬉しそう。

つまり、ウーロン茶を薦めた時点で運転は僕に任せるということで、でもさすがに自分だけ飲むのは申し訳なくて、この言葉を待っていた、と。


とはいえ、他のテーブルで既に開いている瓶から、1杯だけもらって飲んだだけでした。




元気になった子供たち、ジュースやビールの瓶の王冠に興味深々です。

近頃瓶なんて見ないからね。


この時点で、王冠は3個。子供が飲んだジュースが2本に、僕が飲んだウーロン茶の分だけ。

これを、長男長女のどっちが2個取るかでもめています。


「あっちの席行って、王冠くださいって言っておいでよ」と長男をそそのかします。

あっちの席、と指差したのは、長男の従兄弟の子供たちがいる席。


長男も従兄弟は知っていますが、恥ずかしがってもじもじ。

じゃぁ、長女に行っておいで、と言ったのですが「おとうさん いっしょに行って」と面倒くさい。次女を抱えているので動きたくありません。


仕方なく、すぐ後ろの席にいた僕の次兄・次姉に、声をかけて、長女に「王冠ください」と言わせます。

事情を説明したら、もちろんくれました。

これで、長女の王冠は5個。長男は2個です。


「ずるい。僕も欲しい」と長男がやってきますが、当然もうありません。

「王冠ください」と言う長男に、次兄が「え、なに? 狼ください?」とふざけると、長男大笑い。


その後も「交換してください?」とか「オカンください?」とか言い返して、長男は笑い転げています。



それで気分がハイになった長男、他の席を回って王冠を集め始めます。

長女も、結局僕が付いていって王冠を集めます。


最終的に、(当然のことながら)全ての王冠を集め、合計64個。

長男が30個、長女が30個、次女が4個、ということで決着。


…きっと、今後10年間、親戚中から「あの時王冠集めてた子が」と言われ続けるのでしょう。




長男は、他にも従兄弟にDSやPSPのゲームを見せてもらい、それなりに面白かったようです。

午後2時になり、解散。


次回は、丁度1年後の8月28日がまた日曜日なので、そのつもりで予定を考えて置いてください、とだけ、親戚中に次兄が伝えました。




同じテーマの日記(最近の一覧)

家族

別年同日の日記

15年 夏の終わりの素数

15年 DOSBoxで日本語表示・JP106キーボード・UBASIC

16年 「人工知能」の生まれた日(1955)

17年 夏風邪


名前 内容


戻る
トップページへ

-- share --

0000

-- follow --




- Reverse Link -