2014年08月01日の日記です


夏の家族旅行(箱根) 2/3  2014-08-01 13:52:10  旅行記 家族

箱根旅行記の続きです。


15時半ごろ彫刻の森駅に戻り、次の駅の強羅まで。

強羅からはケーブルカーが出ていて、次女は「乗りたい」と興味を持っていますが、今は駅を出ます。


箱根は何度か来ているけど、実は強羅で降りたのは初めて。今まで、ここはケーブルカーへの乗換駅、と言う感じでした。


本日の宿は、駅からすぐのところにある、「箱根パイプのけむり プラス」。

後で書きますが、非常にいい宿でした。


実は、今までの旅行で泊まった宿は、悪くなくても「もう一度泊まりたい」と言うほどの宿はありませんでした。

でも、ここはもう一度泊まりたい。それくらい良かった。

…ただし、「値段相応で」という前提が付くので、安宿に耐えられない人には勧めません。

(基本的には安宿ですので、多大な期待をしないように)


ともかく、宿についたのは16時前。本当は15時過ぎには来ようと思っていたのですが。


妻が疲れたーといってベッドに横になってしまったので、少し休憩タイム。

でも子供たちは「お腹空いたから早く散歩行こうよ」と。この後散歩がてら、強羅公園に行く予定でした。



10分ほど休み、散歩に出ます。

駅周辺にご飯を食べられそうなところは無いし、夕食も近いのでそれほど食べようとも思わない。


駅の隅に、サンドイッチとホットドックのお店がありました。

サンドイッチは今日は売り切れだというので、ホットドック3種類(これで全種類)をたのみ、家族で分けて食べます。


で、食べ終わって、長女が先ほど乗りたがっていたケーブルカーに乗ろうとすると…妻が「ホテルにフリーパス忘れてきた!」。

次の瞬間、「私、走っていくから先行ってて」と走り出す妻。元陸上選手です。


そんなわけで、子供たちとケーブルカーへ。

これも特殊な電車なので、仕組みなどを子供に説明します。


出発して、公園下…そういえば、どこで落ち合うか決めてなかった。走る妻は大変だろうけど、次の駅まで行くことにして「公園上にいるよ」とメールを送ってしまいます。で、公園上で降りる。


強羅公園は、日本初のフランス式庭園です。今年で100年になるそうで、昨年には「国登録記念物」に登録されたそうです。


駅を降りて少し歩いたら、丁度妻が坂を駆け上ってくるのが見えました。

子供たちは「おかあさんがんばれー」と応援。




合流して入り口に向かいます。

そうしたら…「入園時間は過ぎました」。開園時間は17時まで、入園時間は16時30分までだったようです。

時計を見ると 16時33分。あらら、残念。


「えー、行きたかったー」と長女から文句が出ますが、仕方がない。明日来れるようにスケジュールを考える、という約束でひとまず納得。

「全力坂をやっただけだった」と妻。坂道を走って登るのは本当にきつかったようです。


下り坂なので、ゆっくり散歩しながら皆で強羅まで歩きます。


駅前で、ホテルに向かわず売店へ。

持ち込み可なので酒でも買おう、と思ったのですが、秘密箱が充実した店でした。


組み木の手品…タバコが消えるシガレットケースとか、コインが消えるコインケースとか、子供たちにやってみせます。

長男はすぐにタネがわかったみたいだけど、次女は本当に驚いている。


何度も見せていると、外国人観光客らしいおばぁさんが、「これはどれ?」と棚を指さして聞いてきます。

これですよ、と指さすと、買い物籠へ。


僕がまた別の物を見つけて次女に実演すると、「これはどれ?」で、また買い物籠へ。

最後に、7回秘密箱を見つけて、カチャカチャと仕掛けを動かしながら開けてみせると、「これはどれ?」


え、お土産にするには結構高いですよ? と言ったけど、別に構わないようでお買い上げ。

まぁ、わざわざ高い旅費払って日本に来たのだから、数千円のお土産代はケチらないのでしょうね。


図らずも売り上げに貢献し、長男も展示してある秘密箱などで散々遊んでいたけど、うちはおいしそうな漬物を1つ買っただけ。

(この店は酒屋ではなく、酒は隣の店で買いました)




さて、ホテルに戻り、夕食前に風呂でさっぱりします。

この時は、男と女で別れる。

家族で入れる貸切風呂もあるのだけど、夜9時以降しか空いていなかったため、翌朝の朝風呂を予約してあります。


さっぱりして、夕食はバイキング。これが…おいしかった!


食べ放題だし、安宿だからそれほど期待していなかった、というのが実際のところ。

でも、非常においしいものでした。和食も洋食もデザートもあり、みんな「食べ過ぎた」と言うほど食べた。


特に、デザートコーナーにアイスクリームマシンが置いてあり、トッピングを自由に選んでパフェが作れるのが子供に大人気。

お腹いっぱい、と言ってからも食べ続け、最後には「寒い」と言い出す始末。



部屋に戻ります。

このホテル、部屋は基本的にベッドが並び、ユニットバスがあるだけ。ビジネスホテルのような作りです。

入った部屋からは、電車の線路が良く見えます。子供には大人気。

でも、電車が見える部屋は安いので、「騒音が嫌がられる」という側面もあるのでしょう。


ベッドは1部屋に4つ。

うちは5人家族ですが、未就学児童は「ベッドなし」が選べるので、2つのベッドをくっつけて子供3人で寝てもらうことにしました。


…が、寝相が悪くて長女が長男の蒲団に潜り込み、長男は何度も起こされて最後には怒っって蹴りだしたようです。

これで長女は寝ながらしくしく泣いていて、長男に「さっきまで長女の寝ていたところで寝な」と促したら、別の場所に行ってすぐ寝息を立て始めます。


次女もまた、布団をけっ飛ばして寒くてしくしく泣いていました。

(布団を掛けてあげたらおさまった)


朝になって、長女は位置が入れ替わっているのを不思議がりました。




貸切風呂で朝風呂。

家族5人が入るには十分ですが、大浴場よりはずっと狭いです。まぁ、当然かな。

風呂は、屋根はあるけど壁がない半露天。


オプション料金で 700 円ですが、チェックイン時に申請した早い者勝ち。

これが15時過ぎにチェックインしたかった理由でもあるのだけど、16時前になってしまったので当日夜は取れなかったのでした。


朝ごはんも、バイキング。

もちろん夕食とは内容が変わりますが、やはり和食、洋食、デザートコーナーとあります。

これも非常においしかった。


そして、全員性懲りもなくアイスを食べました。

さすがに、寒くなるほどは食べなかったけど。


…続く



同じテーマの日記(最近の一覧)

旅行記

家族

関連ページ

旅行の記録

夏の家族旅行(箱根) 3/3【日記 14/08/01】

夏の家族旅行(箱根) 2/3【日記 14/08/01】

夏の家族旅行(箱根) 2/3【日記 14/08/01】

夏の家族旅行(箱根) 1/3【日記 14/08/01】

別年同日の日記

07年 SPAM 対策

13年 ページ4つ

16年 Microsoft Office 発売日 (1989)

17年 最高峰登頂記


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています


戻る
トップページへ

-- share --

0000

-- follow --




- Reverse Link -