2003年03月02日の日記です


土砂降りの中  2003-03-02 00:29:55  その他

すでに日付は変わってしまったのだが、先ほどまで友人と飲んでいた。

小学校時代の友人とこの歳になっても集まれるのはありがたいことだ。


しかし、今日は運悪く土砂降り。

以前から企画していたことなので飲みに入ったのだが。


あまりの土砂降りに、飲み屋は飲み物半額セール。

割引計算に 10分くらいかかっていた。飲み屋も大変らしい。

結局、6人で飲んで、8千円も割引となった。


仕事の都合で、途中から来た友人は車で来た。

土砂降りなので必要だと思ったとのこと。


まじめな事に食べるだけで酒は飲まず、みんなを送ってくれるという。

持つべきものはよい友達。もちろん彼の飲み代は割引だ。



送ってもらうとき、ちょっと裏道を通った。非常に細い道。

道に入ろうとしたとき、大きな水しぶきを上げる。

びっくりした。道が完全に水でふさがれている。しかし、細いのでUターンも出来ず。


エンジンが水をかぶり、車内に浸水するほどの水。

幸いエンジンは止まらなかったが、明らかにパワーが落ちた。



非常にドキドキしたが、その道は幸い抜けることが出来た。

しかし、車内の水は退かない。アクセル・ブレーキ、右カーブ・左カーブで、チャプチャプと音をたてる。


順番に友人をおろし、最後に僕の家に寄ってもらった。

そして、冠水した道とは違う方向から帰ろうとするが…そこにも水があった。

さらに別の道に曲がっていって、見えなくなった。多分あの道なら大丈夫だと思うが…



土砂降りとはいえ、知っている道がこんなに冠水しているとは知らなかった。

もっとも、知らないだけでこの程度の雨ならいつも冠水していたのかもしれない。

雨の日にその道を通ったことは無いので、よく知らないだけで。




家の目の前に線路が通っているのだが、そこで電車が止まっている。

乗客は乗ったままだ。おそらく、土砂降りと関係があるのだろう。


家に帰ったとき、すでに止まっていた。

これを書くのに30分ほどかかっているが、まだ止まっている。



こんなにすごい土砂降りの日に飲みに出ていて、被害にあったというのは…


…ちょっと話のタネかもしれない(笑)






同じテーマの日記(最近の一覧)

その他

別年同日の日記

10年 おゆうぎかい

12年 スマホとPCの見分け方

13年 冒険遊び場

15年 ワンサガン


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています


戻る
トップページへ

-- share --

0000

-- follow --




- Reverse Link -