2008年09月26日の日記です


サーバー故障  2008-09-26 17:21:30  コンピュータ

家庭内サーバーが壊れた。

1週間ちょっと前…9月16日のこと。(予兆は、12日にはあった)


サーバーは2台あるが、「プログラム用」に使っていたほう。

もう一台は、メール・WEBサーバーで、外部公開用に使用している。


2台ともSizka basicを使っていて、実際静かだったのだが、完全ファンレスと言うのはやはり熱にやられるのか…


最初は HDD 故障を疑って、ネットで新しい HDD を購入した。届くまで中1日。

届いて実験してやっとわかったが、HDD 故障ではなく、本体故障のようだった。

あわてて新たなマシンを購入。


atom 使用のマザボ、D945GCLF


購入した翌日に、新製品が発表されて愕然とする。


これをベースに「壊れないサーバー」を作る。

もう、壊れて面倒な思いをするのは嫌だ。




幸い、家庭内の2台で互いに、ハードディスクのバックアップを取っていた。

そのため、データ復旧自体は難しくない。


プログラムまで含めて「すべて」を復旧すれば、同じマシンであれば動くだろう。

しかし、今回はマシンも交換したし、そのままの復旧では目的とする「壊れないマシン」は作れないので、新規インストールから。


まず、マザボの特殊性にやられる。

CentOS を入れようとしたがインストーラーが起動しない…と思っていたら、これはどうやら、新たなイーサチップのせい。

CentOS 4.7 なら起動するのに、5.2 だと駄目なのね。


BIOS から LAN を disable して問題解決。

(インストール後、ドライバを入れる事になる。)


今回、「壊れないサーバー」構築のために、HDD を2台積んで SoftwareRaid を組む事にする。



64bit 版、仮想化対応でインストール。

Raid によって、データは壊れなくなるが、実際マシンが壊れたときには、ドライバなどの互換性の問題から再インストールとなってしまう。


そこで、「壊れない」条件の2番目として、仮想化によって「ハードウェアからの分離」を行うわけだ。


しかし、Xen の設定にかなりてこずる。




最初は、ネットワークカードが全て「仮想化」されてしまう現象に悩んだ。

実際のハードウェアカードがなくなってしまい、外と通信できなくなるのだ。


これは、Kudzu が犯人とわかったため、停止して問題解決。



しかし、まだ外と通信できない。


Xen は「仮想サーバー」を作成する仕組みだが、仮想サーバーをネットワークに参加させるためには、仮想ネットワークも作成されなくてはならない。

仮想化されたサーバーを、仮想的なブリッジ(HUB)で接続するのだが、この仮想ブリッジが virbr0 と xenbr0 の2つ作られる。


前者は、NATルーター、後者は単純な HUB。

CentOS 5.2 では、デフォルトで前者と接続する。通常ならそれでも問題ないようなのだが、なぜかこれが悪さをして、通信を阻害しているらしい。

そこで、手動で設定ファイルを書き換えて、後者に接続するようにしたら解決。



これで、何とか基盤が整ったのが、故障から1週間以上たった昨日、25日。

この後、バックアップから大量のファイルを移植し、プログラム類は再インストールし、ほぼ復旧したところ。


まだ足りないものはあるかもしれないが、仕事の環境はやっと整った。



新しいマシン、過去に使っていた eden や sizka に比べると、ずっとパワーがある。

機能的にも「遅いだけ」で、64bit 命令も使えるし、Hyper-threading にも対応している。


ただ、今回買ったケースの電源ファンが少しうるさい。

eden のケースから、ファンレス(ACアダプタ)電源を取ってくっつけるか…




同じテーマの日記(最近の一覧)

コンピュータ

関連ページ

サーバー故障【日記 12/08/23】

新サーバー N3700【日記 15/12/14】

別年同日の日記

02年 バガン入手

03年 カットパイーン

04年 久しぶりの飲み会

04年 出産祝い

05年 せんべい食いたさ

11年 節電終了

13年 ワープロの日

16年 箱根小涌園ユネッサンに行きたい人へのまとめ(1/3)

16年 箱根小涌園ユネッサンに行きたい人へのまとめ(2/3)

16年 箱根小涌園ユネッサンに行きたい人へのまとめ(3/3)

16年 秋の家族旅行

16年 小田原城

16年 おもしろ歴史ミュージアム・かまぼこの里

16年 ホテルグリーンプラザ強羅


申し訳ありませんが、現在意見投稿をできない状態にしています


戻る
トップページへ

-- share --

0000

-- follow --




- Reverse Link -